2015年12月16日

「クラブヘッドをまっすぐ引く」=さらばイップス!


 ナイスショットとは何か。「クラブヘッドのスイートエリアにボールを当てること」である。

 ではスイートエリアにボールを当てるために重要な事は何か。「スイングを安定させること」である。

 ではスイングを安定させるとはどういうことか。「軸をぶらさないこと」と、「クラブをオンプレーンに振ること」である。

 軸をぶらさない為の答えは、インナーマッスルの鍛錬、下半身の安定化、正しいアドレス、頭を動かさない、過度に体重移動しないなど幾つか提示されている。

 では、スイングをオンプレーンに振るためにはどうしたらいいか。ここに、ゴルフの矛盾が凝縮されている事に気づいた。

 オンプレーンに振る、すなわちクラブをプレーンに乗せるためにはどうすればいいか。その答えが、「クラブヘッドをまっすぐに引く」なんじゃないかと。



 ちょと待ってちょと待ってお兄さん。まっすぐ引いたらプレーンから離れるやん!とお思いの8.6秒バズーカの皆さん、ここにゴルフの矛盾があるのだ。

 右を向くと球は左へ飛ぶ。池を意識すると池に入る。ヘッドスピーをを上げるためにはインパクトで体にブレーキをかける。クラブは上から下に振るのにボールは右から左へ飛んで行く(右利きの場合)。これらの矛盾した動きや意識がゴルフの面白さであり難しさであるが、では「まっすぐ引く」がなぜ「オンプレーン=曲線上に動く」なのか。

 それは、自分の頭(眼)がボールの真上でなく斜めの位置にあるため、「自分の目線でヘッドをまっすぐ引」いて初めて、自然な曲線を描いてヘッドが挙がるからである。だから、自分から「ヘッドをプレーンに乗せようとインサイドに曲線を描くように挙げ」ると、プレーンより内側にヘッドが入ってしまい結局プレーンから外れるのである。

 つまりこういうこと。

 アドレスから
2015-12-14 19.10.30.jpg

これだけまっすぐ引き、飛球線後方線上にヘッドがあるように見えてもそれは錯覚で、実際は
2015-12-14 19.10.48.jpg


これだけインに入っているのである
2015-12-14 19.11.11.jpg

 杉原輝雄プロが生前、冠番組で敏和プロゲストのアマチュアにいつも「(ヘッドを)インに引きすぎ」と言っていたのはこの事だったのかもしれない。



 も一回ちょと待ってお兄さん。それと似たようなこと以前書いてまへんか?っていうか、そんなアタリマエのこと今さら書かれても反応に困りまんがな。相変わらずレベル低いブログやなあ。

 いや、本題はここからなのだ。

 フルショットの時はこの動きを意識するのは容易い。なぜなら、スイング開始と同時に体をねじりながら正面でクラブを上げればいいから。つまりは剣道の「面」の時の手の動きね。上げて降ろす。手首の角度替えない。アンちゃんのスイング的な。


SunJuAhn2.jpg
 これね。みごとにクラブが立ってる。


 ところが、ショートレンジ、スーパーショートレンジのアプローチの場合、スイングが小さいのでつい「ひょいと手でスイング始動」してしまう。そうすると始動直後にクラブはプレーンから外れ、チャックリは約束される。

 そう、だから、つまり、

 どんなに小さいアプローチでも、いやアプローチだからこそ、手首の角度をキープしてクラブヘッドをまっすぐ、即ち体の正面で捌くべきなのである!


 するとクラブを上から入れられるはずだ。イメージは、自分から見て(←これ大事)クラブヘッドがひらがなの「へ」のように動くのではなく、むしろ

アルファベットの「U」の字を描くように動く。

(Uはちょっと大げさで実際は「へ」の裏返しみたいな動きだけどね)

2015-12-16 121.39.21.jpg

 あくまでイメージだけどね。これでたぶん合ってる。うん。


 まとめる。

・左脇を締める(球を上げに行くと左脇が開く)
・飛行機の着陸のイメージ
 (フォローでヘッドを上げない=球を上げにいかない)
・左手首の角度をキープし、逆「へ」の字の軌跡で振る



 さらばアプローチイップス!!!(注:分かるのとできるのとは違います)
posted by hiro at 13:02| Comment(0) | 目から鱗(開眼)