2015年12月02日

アプローチをまじめに考える


 そろそろアプローチを真面目に考えたいと思う。え、最近読んだことあるような文章だなって?気のせいでしょ。

 5y〜15yまでのスーパーショートレンジ(SSR)はヒールアップしてパターと同じ打ち方(手首と下半身は固定)、20y〜30yまでのショートレンジ(SR)はコックを使わず体の捻転だけで打つ(松山のアプローチ)、そして45y〜65yまでのミドルレンジ(MR)は小さなフルショット(ハーフショットの位置ぐらいで、そこから緩まないよう&左へ突っ込まないよう&ヘッドアップしないよう打つ)っていう感じ、とこの前決めたのだが、

実際のラウンドではそんなにうまく打ち分けられないし、3つでもややこしいし、そもそもアプローチの打ち方そんなに変えるってどうよ

という気がした(っていうか正気に戻った)ので、君子豹変することにした。



 まず基本中の基本に戻り、なぜアプローチが上手く打てないか考えた。それは、

スイングに致命的な欠陥があるからだ。

 フルショットならごまかせてもアプローチではそうはいかない。だったら、

パットから考え直そう。

 なぜなら、パットはショットの基本だから(いま日本中のあちこちで失笑が聞こえた気がするが気のせいだろう)。

 パットはどう打つか。体を止めて腰で打つ。そして、グリップがいつもおなか(ヘソ)を指している。そして、

tekubikakudo02.jpg

手首の角度キープ。

 やっぱり、ここが俺の一番ダメダメなところじゃないかと。そもそもダフる(チャックリする)のはこれが緩むからだろ。

 手首の角度キープ=インサイドに引かない。手首の角度キープ=真っ直ぐ引く。手首の角度キープ=クラブが体の正面にあり続ける。で打ってみたら、

すこーし、いい感じ。

 ただしそれだけではやっぱりダメで、

・目線はボールの左サイド(飛球線側)

・バックスイングは上半身で(下半身微動だにせず)

・切り返しは左足と右手人差し指の腹で

・上半身と腕の位置関係は保ったまま、グリップがへそにひっついているイメージで体を回す

・クラブヘッドではなくグリップを、飛球線方向ではなくボールへ落とす


的なイメージが良いんではないかと。多すぎる。



 こうしてまた迷いの森にUターンする編者であった。めでたしめでたし(めでたくない)。
posted by hiro at 19:11| Comment(0) | アプローチ