2015年12月29日

ゴルフが簡単な9の理由


 ゴルフは簡単である。その理由を9つ挙げる。


1,ゴルフをプレーするための免許や特殊技能は一切いらない


2,老若男女、下は小学生の女の子から上は90歳の爺様でもできるスポーツである


3,,ボールは動かないし、カップは逃げないし、制限時間もないし、ファールも取られない。打てないところへ球がいったらOBやアンプレアブルという救済まである。競争相手がタックルしてくるわけでもないし、相手が派手にこけたりした時、あなたにワンペナが付くルールもない。3回空振りしてもアウトにならない。4回打つ間に10y進まなければいけない、なんて縛りもない。スイング中「カバティカバティカバティ・・・」とつぶやく必要もない。


4,チョロを打ち続けてもいつかはグリーンに到達する


5,君、バーディの1つや2つ取ったことあるだろ?その時と同じ事を18回すればいいんだよ。


6,そもそも、正しいスイングをすれば球は正しく飛んでいくわけで。


7,普通にラウンドするぶんには、もし140叩いても上司に怒られたり◯に晩ごはんを抜かれたり生活に困ったり寿命が縮まったり病気になったり浮気がバレたり税務署が来たりしない


8,ゴルフはちっとも思い通りにならず、失敗のほうが多く、苦労が報われず、いつも希望から絶望への一方通行。それでも多くのアマチュアゴルファーがゴルフをやめないのは、やはりゴルフが楽しいからだ。楽しむのに難しい理屈は要らない。だから簡単なのだ


9,ゴルフが難しいんじゃない。あなたがゴルフを難しくしているのだ






 これで今年の更新を終わります。良いお年を。来年もヨロシク!

nidouchi.jpg
(もとみやあゆみ ゴルフ煮っころがしより拝借)
posted by hiro at 10:17| Comment(0) | バカ

2015年12月28日

2015年総括


 今年のスタッツなど。カッコ内は去年。


 ラウンド回数 59回(51回)

 ホームコースラウンド率 59回中28回で47.5%(29.4%)

 アベレージスコア 86.7(86.1)・・・orz

 ベストスコア 79(79)

 ワーストスコア パインレークGC 98(97)

 アベレージパット 35.2(35.0)・・・orz

 パーセーブ率 42.9%(43.2%)

 パーオン率 40.8%(39.7%)

 フェアウェイキープ率 59.2%(57.3%)

 1ラウンドのOB数 1.4(1.1)



 クラブ競技出場回数 13回

 クラブ競技最高成績 月例2位

 月例競技平均スコア 84.5

 月例競技平均パット数 34.6

 12月の時点でのHDCP 9.9(8.5)




 建前

 「ま、こんなもんでしょ」

 本音

 「せめて平均スコアは83ぐらいにしたい」
 「79が出て喜んでるレベルではいかん」
 「パーセーブ率低い。パーオン率もっと低い」
 「つまり寄せワンがほとんど取れてないってことだな」
 「OBが増えたのは練習が減ってるからだな」

 考察

 謙虚に、自分の腕に見合ったゴルフをする
 寄せワンが増えないとこれ以上の上達は望めない
 
posted by hiro at 09:59| Comment(0) | 雑文

2015年12月26日

練習に行って分かった


 金曜日の日記に私はこう書いた。

 ホント、ゴルフはとらえどころがなく日替わりで調子が安定しない。まるで女心のよう


 同じ金曜日、練習へ。すると調子が悪い原因が判明。

また肩が回ってなくてトップが浅くなってた。

 もうね、何回同じことをしてるんかと。何回同じことを書いてるんかと。ごる日々ウェブ内を「肩が回ってない」というキーワードで検索したらきっと3億回ぐらい出てくるだろう。そう、ゴルフがとらえどころがなく日替わりで調子が悪いのは、俺の頭(記憶力)が悪いせいだったのだ。



 肩を回すと球が視界から消えそうになるので、コースではつい怖くなって捻転が浅くなる。あるいは調子が悪い時はとにかく球に当てようと必死になって肩が十分に回さなくなる。すると引っ掛け、ダフリ、合わせ打ち、こすり球、インパクトの緩みなどあらゆるミスが出る。

 でも肩を回せばきちんと球を捉えられるし、ヘッドスピードも上がるし、上半身と下半身の捻転差が使えてタイミングが合うし、フィニッシュまで気持ちよく振れるし、何よりきちんと芯で球を捉えられる。

 でも、左手首や腕の動きといった体の一部に気がいくと、全体のダイナミックな動きがつい疎かになってしまうんだよね。

 アプローチもそう。ヘッドをひょいとU字に動かすだけではダメで、しっかり肩を回転させがら(つまり上半身のねじりがリードした上で)クラブヘッドを体の正面で上げる事が大事なのだ。

 アプローチも「腰から首」を軸としてそこを捻転しつつクラブを上げていく事が必須!


 アプローチは腰で打ち、クラブを縦に使う。大事なことなので表現を変えて三回書いた。







 しかしいつもいつも忘れては思い出す、同じことの繰り返し。アホだねー。ほんとにアホだねー。というわけでここにきっちり書いておこう。


★調子が悪い時のチェックポイント

1,トップで肩をきちんと回す

2,アドレスで左肩を上げない

3,リズムに注意(打ち急がない)



 まあまた忘れるんだろうけど、忘れたら今日の日記を読み返そう。この日の日記を書いたことすら忘れそうなきもするけど。
posted by hiro at 10:20| Comment(0) | 目から鱗(開眼)

2015年12月25日

チャールズ・バークレー


 ホント、ゴルフはとらえどころがなく日替わりで調子が安定しない。まるで女心のよう

 昨日は仲間内の月例。ホームのきさいちCC、距離の短いサブグリーン、心配された雨も朝には上がり晴れ間も出て風も微風、この時期にしては気温も高く、グリーンの仕上がりはまあまあ。つまり申し分ないコンディション。

2015-12-24 13.47.29.jpg

 おまけに直前のラウンドではアイアンはキレキレ、アプローチも家での練習ではいい感じで打てているし、なにより「U字に(ヘッドを)上げる」で振り方も分かった。これでは言い訳のしようがない。



 そう、言い訳の理由を探したくなるぐらいひどい内容だった。

 ドライバーはことごとく芯に当たらず、OB2発。でもごまかしながらもフェアウェイキープ率57.1%は善戦か。

 フェアウェイウッドもチョロにダフリ。

 アイアンは普通に打ったら開いて右手前、捕まえにいくと左一直線、考えて打つとトップ。最後まで力加減が調整できなかった。

 パットはまあ定期巡航。バーディパットが全部外れるのもいつもどおり。



 そしてアプローチ。ミドルレンジ(50y前後)は薄い冬芝からもうまく打てたんだけど、懸案のショートレンジ即ち30y以内がまあ酷いのなんの。開眼したはずが1発もきちんと打てず。

 一緒に回ったK藤くんが教えてくれたんだけど、

「素振りの時はむちゃくちゃいい感じなのに、本番ではぜんぜん違う動きになっててリズムはむちゃくちゃ速いわ、フォローでかちあげてるわ、もう別人ですよ」

と。そう、やっぱり

技術ではなくビョーキなのだ。

seiseki20151224.jpg

 松4番は4打目でグリーンサイドまで持って行って、そこからチャックリ・トップ・トップ・チャックリで9。松8番のトリプルボギーはOB絡みだけど、ラフに浮いててティアップしたような状態から10yをうまく打てず。

 竹4番も15yのアプローチ、フォローで左肩がビートたけしのチックみたいな動きでミス。5番もグリーン手前20yから発作。

 意気消沈したのか7番ではティショットOB、4打目FWをダフり、5打目フェアウェイバンカーから出ず、6打目フェアウェイバンカーから出ただけとミスの連鎖を止められず9。

これから俺のことをアプローチ界のチャールズ・バークレーと呼んでくれ(T_T)


 あ、言い訳ひとつ思い出した。最近練習場行ってない(一番アカンやつやん)。これから行ってこようっと。

posted by hiro at 13:02| Comment(0) | GB月例

2015年12月22日

2015年重大ニュース

 恒例にして誰も興味がないであろう私個人の重大ニュース。数が多いのでさらっと行くねさらっと。 時系列で。



・右膝の後十字靭帯を部分断裂( 1月)

 最初の一週間は痛みで膝が曲げられなかった。ラウンドを 3週間休む。


・ 3アイアンが打てなくなったので 4アイアンを買う(2月)

 これもすでに今は抜いてるんだけどね。情けねー。


・クラブ競技(月例ほか)に本格参戦

 まあコテンパンっていうかなかなか思い通りにいかないね。 最後に2位になったのがやっと。


・キャプテン杯のスタートホールで・・・・

  OB3連発。周囲の空気が凍りつくのを感じつつのティショットは貴重な体験だった、と今だからいえる。


・業界の2大コンペでベスグロ獲得

  3月のザ・サイプレスでの●ピ●杯、 11月のしゃくなげ杯でベスグロ。特にしゃくなげ杯のベスグロはゴルフを本格的に始めた頃(16年ぐらい前)からの悲願だったのでほんっっっっっとに嬉しかった。 ホントに。


・桑田泉のクォーター理論再発見

  S2の徹底、 S3の右手の押し込みと手首の角度キープが大事(わかんない人すいません)


・ぎっくり腰からヒントを掴む

 体幹を過度に使わなくても手を振れれば球はしっかり飛んで行く、とその時はわかった気になったなど。


・亀岡カントリークラブで初ラウンド

 なかなか面白いコースでした。


・比良ゴルフクラブで初ラウンド

  K嶋さんが恒例のミステリーツアーで連れて行ってくださった。良いコースでした。また行きたい。


・アートレイク GCで初ラウンド

 ここも K嶋さんが連れて行ってくださった。感謝してます。池絡みのホールが多く面白かった。


・久々のイバカンで大叩き

  90オーバー。しかし上には上がある。


・パインレークで大叩き

 池ポチャ連発で 98ですた。


・某元レッスンプロのブログ(跡地)でヒントをつかみ、センターシャフトのパターに買い換え

 そのブログはなかなか斬新な切り口で面白かったんだけど、残念ながら12月現在ではその痕跡も削除されているみたい。


・某国営放送で弓道家の特集を見て感銘を受ける

 正射正中。


・プレショットルーチンに「左肩下げる+グリップの位置調整」を入れる

 力が入ると左肩が釣り上がり、球と体の位置が離れるアドレスを何とかするため。これによりちょっとだけドライバーがマシになったような気がしないでもない。


・吉川インター GCメッチャのハイスピードグリーンに挑戦

  11.4だったけど、おしっこチビるほど早いって言うわけでもなかった。


・アプローチイップスは復調の兆しを見せる

 もまだまだ。 10回中 9回の失敗が7回に減ったぐらいかな。 U字型に上げる!




 というわけで、今年を象徴する画像を一枚。

kitarounezumi.jpg

posted by hiro at 12:21| Comment(0) | 雑文