2015年10月09日

宇治田原でコンペ


 ドライバーからフェアウェイウッド・アイアン・ウェッジ・パター・しゃべり方・女性の気を引くこと・相手の心を読むこと・お金儲け・貯蓄・生き方までまんべんなく全部ヘタな編者です。

 昨日は仕事関係の知り合いで2ヶ月に1回開催される持ちハンデのコンペ@宇治田原CC。いい天気。いい気候。

2015-10-08 08.53.30.jpg
(嘉納6番パー5)

 ところで、唐突ですが。ここでちょっとお知らせっていうかお断り。

 最近の日記はラウンドの事ばっかり書いてて、あたかもhiroはゴルフしかしていないような印象をお受けになるかもしれませんが、もちろんそんな訳はありません。週5日半は(いちおう)きちんと仕事をしております。今日も朝から(いちおう)まじめに働いております。どうか誤解のなきようお願い致します。


 気を取り直して。このコンペではどんな陰謀かはたまたイジメか、私のHDCPが6になっているので優勝は極めて難しい。しかし、ドラコンやニアピンや順位賞(4位除く)にもポイントがあるので、それを目指すのである。

 っていうか、本当はこんな素晴らしい季節に、気のおけない仲間と元気でゴルフができる事自体を楽しむ&感謝しないとね。

2015-10-08 09.40.07.jpg
(嘉納9番パー4:ティグラウンドから150y地点からグリーンを望む)

 この日はエアレーションが行われた直後で、グリーンに小さな穴がたくさん空き、さらに砂がこれでもか!ってぐらい撒かれていた。その量、須磨の海岸かはたまた二色の浜かって感じ(関西ローカル)。そのせいでただでさえ「大きくて芝目があって読みにくいグリーン」がもっと複雑に。まあベテランキャディさん(勤続30年のM田さん)が付いてくださったので4〜5ストロークは違ってたと思う。それでも3パット5つとグダグダだったんだけどね。

2015-10-08 08.15.22.jpg
(嘉納3番パー3)

 というわけで。

seiseki20151008.jpg

 嘉納2番のバーディは手前エッジから10mのパットが偶然入ったもの。同6番のバーディは2打目の4Wがヒール球ながらギリギリグリーンに乗ってくれて2パット。

 後半は2番からパーオンするも3連続3パットとトホホが続く。難しい5番で4Wプッシュスライス、ラフから20y手前、アプローチ寄らず入らずボギー。

 そして6番パー3ではまたしても

子宮に膿がたまるぐらいダフってOB

・・・からのアプローチチャックリ

・・・からの寄らず入らずでクァドループルボギー。

 えー、

 ちょっと油断するとすぐ球をすくい上げようとしてダウンで右肩が下がる。

 これは40年来の悪癖なんですがどうやってなおしゃいいんですかねえ。怒りを通り越して呆れるわ。



 しかし、ここから3連続バーディを取るつもりで頑張った。7番、一筋外れてバーディ逃しのパー、8番40yのバンカーショットを2mにつけて気合のパー。

 9番ティショット今日一(引っ掛けたけど)、2打目4Wがまたヒールながら残り105y、勝負の3打目PW。

思い切りダフって3段グリーンの1段目左サイドへ。

 ピンは2段目の右端。距離もラインも入るパットじゃない。80cmに寄せるのがやっとで、まあそれでも上がり3ホールパーはぎりぎり踏ん張れたかなと。


 コンペの結果は、ポイント無しの4位。トホホ。ドラコンその他のポイントは獲得できたからまあ良しとしたいが、返す返す大杉5番のティショットが悔やまれる・・・orz
posted by hiro at 19:44| Comment(0) | ラウンド