2015年07月24日

アプローチのアドバイス


 昨日は仲間のゴルフ馬鹿が集まって競い合う「GB月例」がベニーCCで。しかしコースに到着した8時頃は土砂降り。

 スタートを遅らせてもらい、レストランで待つこと2時間。少しましにはなったものの雲はまだ厚く本降りの様相。協議の末、中止となった。残念。まあ天気には勝てないしね。雷の予報も出てたしね。

 というわけで、久しぶりに午後から工房へ行ってアイアンのグリップ交換と調整をしてもらった。ソールを見て「ちょっとトゥ側に傷が付いている」とのことで、貼っていた鉛を取り、ほんの少しアップライトに直してもらった。さてどうなることやら。

 これだけでは何なので、以前書いていたネタを。あんまり面白くないです。



 我々の仲間内には、「人に教えると大叩きするの法則」というのがある。

 ラウンド前やラウンド中、教えを請う仲間にアドバイスをしたり、あまりにひどいアプローチする友達(俺だ)を見かねて教えてあげたりすると、教えたほうのゴルフがぼろぼろになるという現象だ。

 これは「教えたからには手本とならねば」「ヘタなところは見せられない」という、無意識の微妙な心理によるものだと思われる。かくもゴルフというのはメンタルを試されるものである。


 で、少し前のラウンドではそういう危険を犯してまでN谷くんがアプローチ教えてくれたのだが、その内容が最近気をつけている部分と非常に近かったので忘れないよう書いておこうと思う。 

 1,グリッププレッシャーが硬すぎる

 2,クラブヘッドを地面に押し付けすぎる

 3,グリップや体が飛球線方向へ向かっていて、ヘッドが全然出ていってない

 4,アプローチもフルショットと(基本は)同じ



 これらは正しい気がする。同時に、自分の何が悪いのかも何となく分かる気もする。あと一歩二歩のような気がするんだけどなあ。
posted by hiro at 11:07| Comment(0) | アプローチ