2015年07月15日

保険をかける


 例えば、ほとんど曲がらない、カップ内を狙うパットを考える。

 5m以上あって寄せるパットならともかく、1m〜2mぐらいの入れるパットの場合どうするか。普通は「カップ内ギリギリ」とか「内1/3」とか狙うよね。で、ほとんどまっすぐに見えて、でも微妙に曲がりそうな時、真っ直ぐでいいけどちょっと曲がっても大丈夫なように少しだけずらして狙おうと考えるのを「保険をかける」っていうよね。

 でも、保険をかけた方がいいのは、プロがプレーする10fを越えるような高速グリーンとか、手入れの行き届いた転がりのいいグリーンでの話じゃないかと。

 私が普段プレーする、普通のコンディションで9ftやそれ以下のグリーンならまっすぐ打ったほうがいいと思うのだ。理由は以前も書いたけどいくつかある。


1,カップ内を狙ってもえてしてそれより外に打ってしまいそのまま抜けるパターンが多い

2,転がりの悪いグリーンでは、「わずかに切れる=ほとんど切れない」であり、まっすぐ強めに打ったほうが入る確率が高い

3,まっすぐうとうとしても私の腕では左右にブレるので、真ん中を狙ったほうが入る確率が高くなる


 という理由の他に、

4,まっすぐのラインも曲がると読む癖がついてしまう

5,曲がってもいいようにちょっと横を狙う事を繰り返していると、「曲げに行く」ような、弱目で撫でるようなパットになりがちである。


 という、長期的な悪影響もあると思うんだよね。だから、曲がるか曲がらないか迷ったら真っ直ぐ強めに打つ。それが結局パットのストロークを減らす一番いい方法だと思う。思うんだけど。


いざコースへ出ると怖くてまっすぐ打てないんだよねー。


 真っ直ぐなラインはほとんど無い、なんて考えたり。曲がりそうなのにまっすぐ打って曲がったらクヤシイって考えたり。キャディさんがついてくれたら「曲がるとしたらどっち?」って聞いたり。

 こうやって、書いてることと実際にやってることが違うっていう事自体、俺が上手くならない理由なんだろうなあ。
posted by hiro at 11:52| Comment(0) | 日記