2015年07月08日

ソノウソホント?!


 最初にお断り。今日書くことは私がふだん勝手に思ってることで、正しいか間違っているかは分からないです。よって信じるか信じないかは自己責任でよろしく。


ゴルフはシャフトで変わるんです?!

 これは間違いなくそう思う。「自分に合うシャフト」はある。「シャフトが合えば、弾道や球筋は驚くほど変わる」と思う。つまりシャフトの良し悪しは自分に合っているか合っていないかだと思うんだよね。で、シャフトの性能は値段にある程度比例する。

 ただ、「最新のシャフト」や「高いシャフト」が自分に合うとは限らない。なのに、シャフトメーカーのフィッティングに行くとどうしていつも決まって「最新式」の「一番高いシャフト」があなたに一番合っています!と言うのだろう。そこに恣意がないと言い切れるか?

 ずっと前に発売された、安物のシャフトが一番合う可能性だってあるわけで。あでもそんなシャフトが合うって言ったら怒る人がいるのかなあ。俺なら値切り倒すけどなあ(大阪人)。


ゴルフがうまい奴は性格が悪い?!

 じゃあゴルフがヘタな俺は性格がいいって事だよな、なんて本音はさておき。

 「マイペース」「強心臓」「人目を気にしない」「自分大好き」「自分が絶対正しい」「人の意見を聞かない」なんていう性格はたしかにゴルフ向きだし競技向き。松山なんて上に挙げた性格の全てに「超」を付けてもいいぐらいだもんね。

 ただし、性格が良くてうまい人もいっぱい居るわけで。だから正しくは「性格が悪い奴は、ゴルフに向いてる」かなと。


練習は嘘をつかない?!

 スイングを固めるまではそうだと思う。でも、中年になって体もあちこち壊れてきて、練習の疲れが体の芯から2〜3日抜けなくて、コースでもスタミナを考えてカートに乗るようになったら、練習の回数も1回の球数もセーブしたほうがきっといい(当社比)。

 もう最近は練習場でもドリルだけしかしないし。


パターヘッドはまっすぐ引いてまっすぐ出す?!

 人それぞれだと思いまーす。私の場合はインサイドインのイメージのほうがまっすぐ転がりまーす。


アマチュアはイップスにならない?!単にヘタなだけ?!

 いっかいおっちゃんといっしょにまわろか?ほなアマチュアでもイップスになるってわかるから。

 そりゃあヘタだよ。それは認める。でも練習場でビシバシ打てるのにコースで1発も打てない、20回素振りしてきちんと振れてるのに、21回めの本番で素振りとは似ても似つかないスイングをしてしまう、50cmのパットでヘッドが出て行かない、これらが精神的な問題じゃないとしたら何なんだと。


 番外編

 聞き流すだけで英語が喋れる?!

 そう、遼くんがコマーシャルしてるあれ。うん、効果があると思うよ、「高卒程度の英語の知識があって、耳がそこそこ良くて、語学のセンスがあって、過去に半年から1年以上、ネイティブスピーカーの発音をしっかり聞いた事のある人」なら。

 基礎ができてない人、ボキャブラリーも経験もない人が聞き流してもな〜んの意味もない、んじゃないかなあ。ウェッジさえ替えたらアプローチイップスが良くなるみたいな、甘い考えじゃないかなあ。


 まあ、どうでもいいけど。
posted by hiro at 09:41| Comment(0) | 雑文