2015年02月28日

フォローの形


 師匠に「(アプローチで)また球上げようとして打ってますよ」と指摘されて愕然としつつ(なぜ愕然としたかというと全然そんなつもりなかったから)、で、ようやくわかった。


 なぜドライバーは打ててもウェッジが打てないか?

 なぜ気持よく振れないか?

 なぜアプローチがヘタか?

 なぜそれなのにバンカーがそこそこ打てるか?

 なぜいつまでたってもチョロするか?

 なぜアイアンをダフるか?

 なぜ初心者みたいな不細工なスイングになるか?

 なぜいつも同じ所でつまづくか?

 なぜ左足上がりが苦手か?

 なぜアイアンが死ぬほどヘタか?




 全部理由は同じだった。それは、フォローで、

肩が変な方向へ動いてるから。

 左肩が上がって右肩が下がってる、っていうのはそれこそずっと昔から、毎年、何年もいや何十年も治らない悪癖なんだけど、それは結局首を軸に

肩が回転してないから。

 なんだよね結局。だから。トップから

右肩を右アゴにぶつけてフィニッシュまで振り切る

 所存です。

 これで、もう、わかった。あとは実践あるのみ。
posted by hiro at 18:23| Comment(0) | 目から鱗(開眼)

2015年02月27日

GB月例@泉ヶ丘カントリー


 いきなりだけど、誰がなんと言おうと、

 俺ってやっぱり無茶苦茶ヘタ&才能ゼロ。




 昨日は恒例のGB月例(月一回、仲間内の競技会)。

 大阪南部の名コースであり2012年に関西オープンが開催された泉ヶ丘カントリーへ。泉ヶ丘CCは2010年に初めてラウンドしてこの日で5度目だが、今調べてみると1回めが2010年1月で曇り一時雨、2回めが同12月で曇り、3回めは2012年12月でやっと晴れ、4回めが去年の3月でこの時も雨、そして昨日も雨。つまり5回中3回雨。しかも冬の。コースに嫌われてるとしか思えん。



 とまあそんなことはどうでも良い。過去4回の平均スコアが89.5、OBが1ラウンド平均2.3回ととにかく難しいというか距離が長いというか相性が悪いというか良い思い出がないというか、まあそんなコースである。

 良かったのはドライバーだけで、アイアンはほぼ全球ダフリ、アプローチは全部結果オーライで、パットは全部打ちきれなくて、極めつけは長いの(ウッド&ユーティリティ)でOB3発。初心者ですかあんたは?

2015-02-26 1111.23.30.jpg

 トーナメントでお馴染み池越え左ドッグレッグの6番(トーナメントではイン15番としてプレー)。ティショットは会心で池越えフェアウェイまで持っていけたものの、そこから100yを10cmダフってボギー。アホですか?

2015-02-26 14111.10.00.jpg

 スライサーの私がずっと苦手にしてる、谷越えでフェアウェイが左向いてるホール(葛城5番パー4)。でも気合入れてドライバーで。結果は完璧。ところが2打目140y打ち上げ、7アイアンをまたしても10cmダフってボギー。完全にビョーキだ。

 そんなこんなで。

seiseki20150226.jpg

 どれだけアイアンが酷かったかはパーオン率22.2%が語っている。パットも数(32)だけはましだけど、2〜5mがことごとくショートし、カップ周囲で切れるというのが4つはあったか。たかがスティンプメーター9.5でビビってんじゃねー。



 ラウンド後の反省会で「(フェアウェイからミスするのは)まっすぐ立ててないからでは?」天上人に教えてもらう。

 えー、1からやり直します。
posted by hiro at 18:00| Comment(0) | GB月例

2015年02月23日

初月例


 この歳になって「初体験」をするというのはなかなか良いものである。というわけで初めての本格的な競技。今まで新年杯とかにイレギュラーには出てたけど、月例は初めてだし。

IMG_1920.JPG

 コースはトリッキーな梅+距離のある松。ネットパープレーを目指し、前半と後半でボギー4つづつは計算してのスタート。つまり梅は出だし1番、距離のあるパー3の3番、グリーンが難しい6番、難易度の高い8番はボギー上等。松も長いパー3の2番、難しい3番、苦手な7番、なかなかパーオンしない9番はボギーの計算で。つまりこうね。

梅(△−△ −−△ −△−)  松(−△△ −−− △−△)

 さて実際は。

 ■

 いきなりダボ叩く。ティショットは良かったけど2打目のウェッジフルショットがラフでダルマ落とし(トップするとOBなんだよねー)、3打目苦手なアプローチだけど何とか乗せて5mから1.5mオーバー(これでが後に効いてくる)して出だしから3パット。トホホ。

 2番は予定通りパー。3番は予定ではボギー。ところがアプローチで得意のチャックリ。3打目も寄らす2パットでまた

 ■−■

 出だし3ホールですでに借金2。計算通り行かないねえゴルフは。4番パー5は何とかパー。5番は左が側OBのパー4、ティショットは逃げすぎて右プッシュスライスでOB・・・と思ったらギリギリ生きてた。ここでOBだったら心折れてた。2打目8アイアンでグリーン左横ラフまで。何の変哲もないアプローチをトップし、2パットボギー。借金3。

 ■−■ −△

 6番は距離はないがややこしいパー4。ティショットは良かったけど2打目がダフり引掛けでグリーン左奥のエッジ。極端な下り傾斜+マウンド越えでアプローチパットを寄せられず、またも3パットボギー。まあここはボギーやむなしだから仕方ない。

 ■−■ −△△

 7番パー3、155yを6番で打って届かず手前バンカー。そこそこ良い当たりだったのになあ。打ち方が悪いのか。バンカーからピン横4mにオン、入らない。ボギー。借金4。

 8番HDCP3のパー4。ティショットは当たりが悪く、フェアウェイはキープするも残りは200y。U4で軽くダフり!でも真っすぐ飛び、ピン下3.5mにオン。これを入れられず、普通にパー。借金は1つ減って3。

 ■−■ −△△ △−

 9番パー5は距離の短いチャンスホール。最低でもパーは欲しい。ティショットまずまず、2打目は残り100y地点にレイアップするため6アイアンで。で、この2打目を左へ思い切り引っ掛けて

 OBするんだなこれが。

 パー5の2打目でアイアンを持ってOBって。あまりのヘタさに心がボキリと折れる。

 ■−■ −△△ △−■

 前半45。借金5。それでも後半、折れた心に接ぎ木を当てて奮闘。3番まではこう。

 −△△

 予定通りだ。しかし4番パー5でティショットOB+3パット(80cm外す)。前半で心の折れた部分を接ぎ木した、

 その接ぎ木が折れる。

 −△△ +3

 5番6番はなんとか凌ぐも、7番で今度はアイアンのミス+3パットで素ダボ。そんなこんなで。

 −△△ +3−− ■−△

 結局3パットは4つ。アプローチミスが3つ。OB2つ。

monthly201502.jpg

 今回一緒にラウンドしたお二人はやっぱりアプローチとパットが上手い。50y以内からだとどこからでも2回に1回は寄せワンを取ってくる感じ。

 やっぱ寄せをどげんかせんといかん。パットも。
posted by hiro at 19:01| Comment(0) | 競技

2015年02月20日

おっちゃんとラウンド

 きさいちCCの会員権を買って15年になる。

 買った当時はゴルフ友達がほとんどいなかったし、その数少ない仲間の中には週1回ラウンドするようなキチ●イ(俺のことだ)は残念ながらいなかったのでので、愛する◯と2人で毎週出かけていた。

 そうなると、1人が2人、知らないおっちゃん(ここでは当時45歳から85歳ぐらいまでの、年上の男性を総称して「おっちゃん」と呼ぶ)がうちの組に入ってくるか、逆にそういう組に我々夫婦が入れてもらったりすることが日常だった。

 で、ほとんどの人が楽しいベテランゴルファーで、当時30半ばだった私はゴルフの事や人生のことを教えてもらったりしたものである。まあ中には出会って3秒で自慢しだしたり、若い我々に対してあからさまに敵愾心を燃やしたり、傍若無人な態度をとったりする人もいないではなかったが。

 というわけで、本来人見知りの性格であるにもかかわらず、私は知らない人とラウンドすることが苦にならなくなった。

 ちなみに初めてのおっちゃんとラウンドする時のちょっとしたコツ(って言うほど大げさなものじゃないけど。あくまで私の場合ね)。

「外見・第一印象だけで判断しない」
「挨拶や掛け声はきちんとする」
「無理に話題を考えたり、しゃべろうとしない(数ホール回ってるうちに自然と仲良くなる)」
「自慢しない、謙遜しすぎない」
「プライベートな話題は避ける」
「無礼な人にも最低限の礼は尽くす」

 最近はおかげさまでゴルフ友達に恵まれ、ほとんどその友達とラウンドするようになった私であるが、それでも月に1回ぐらいはホームへ1人で(愛する◯は最近一緒に回ってくれない)回りに行き、知らないおっちゃんと一緒に回る。1人予約もたまに使う。



 昨日もそんな日で(やっと本題だ)、だいぶ前に1度か2度ご一緒させてもらったことのある(のでほとんど初めてに近い)、SさんとKさんとラウンド。

 Sさんは立山光広プロに似てて、

Mitsuhiro_Tateyama.jpg

 Kさんは夜回り先生の水谷修氏を30歳老けさせて太らせた感じ。

mizutaniosamu.jpg

 どちらもちょっと強面風。しかし話をしてみると大変気さくで真面目、アプローチも無茶苦茶上手く、勉強させてもらったのであった。

seiseki20140219.jpg

 やっぱりパット爆発。3パット3個は1mぐらいを外しまくってのもの。短いパットを引っ掛ける傾向がある。まっすぐのラインが一番打ちにくい。考え過ぎなんだろうな。やっぱりパターを替えて(ry

 アプローチはでも悪くなかった。アプローチの機会は9回あって3回しか寄せワン取れてないんだけど、良いショットが5つ、惜しい!が2つ、トホホが2つ。


 松2番パー3、ティショットがグリーン手前ラフ、30yを50度でエンドランで◯。2mを入れて1-0。

 松3番パー4、残り40yのベアグラウンドぎみの薄い芝から、砲台グリーンに対して。54度を開いてバウンスを使いつつエンドラン。ピンの奥まで飛んじゃって下りパットが入らずボギー、けどショットは◎。1-1。

 松7番パー4。良いライの花道から20y、58度ちょっと開いてバウンス使うシンプルアプローチ。ハーフトップして奥6mに。トホホ。?。当然入らずボギー。1-2

 松9番はティショットがフェアウェイバンカー、2打目出すだけ、3打目フルショットだったからアプローチなし。

 竹1番、ダフった2打目が手前ラフへ。15yを58度でうまく打てて50cmヘ。◎。2-2。

 竹2番、ティショットがバンカー、バンカーからエッジまで。△。2パットボギー。2-3

 竹3番、ニアサイドのラフに外す。残り10y。ライが良かったのでフェースを開いてピッチショットで狙うも、当り損ない打ち損ないで方向も球筋もぜんぜん違う球に。トホホ。?。でも距離感だけは偶然合って、結果オーライのパー。3-3

 竹4番パー5、3打目のアイアンショットが引っかかってグリーン左ラフに。15yのアプローチはそこそこうまく打てて1mに寄る。◯。しかしこれを外してトホホ。3-4

 竹5番パー4。またしてもアイアンを引っ掛け、30yも左へ。バンカー超えのアプローチ、しかも小さいグリーン面に落ちると絶対反対まで転がり落ちる。下はほぼベアグラウンド。バンカーショットで下の土ごと打つが、距離が5m足りずバンカーへ。△。バンカーから寄らず入らずでダボ。3-5

 竹8番。手前ラフから25y、58度でショットとコンタクトは良かったんだけど(◯)5yもショート。トホホ。3-6。

 というわけで。

 結論:58度じゃなく54度か50度で寄せましょう。

 いや、この時期はパター最強と思うな、やっぱり。
posted by hiro at 20:10| Comment(0) | ラウンド

2015年02月17日

パター


 というわけで、パターを替えてやろうと思う。ケチな私にしては清水の舞台に放火するような行為である。

 ちなみに今持ってる(使ってる)のは2つ。

 メインがホワイトアイスix2ボールCH。もう買い替えて5年近くになる。

2ball2015.jpg

 重いグリーンの時はロッサ・マラネロ。オデッセイで言う#9タイプね。

rossa2015.gif

 で、最近ピンタイプを使ってみたんだけどイマイチだった(速攻売った。もったいない。中古だったけど)。

ping2015.jpg

 ・・・という事も踏まえて、買いに行ったのであるが。

 ピンのパクリのくせにクソ(失礼)高いキャメロンはハナから論外で・・・(1万円なら買う)

cameron2015.jpg

 オデッセイのワークスシリーズはフェースの網目ステンレスがどこかに引っかかってささくれたら一発アウトだから怖くて買えないし・・・(誰かそんな事ない!と一笑に付してくれ)

img_l1_284.png

 重たいのが好きだけどタンク#7はイマイチ格好悪いし・・・

img_l1_255.png

 っていうか#7シリーズは種類が多すぎてどれがいいんだか全然わかんないし・・・・

 あと、去年のホットリストで金賞だったhavokもいいと思うけど、なかなか売ってないしなあ。

havoc.jpg


 しかし最大の問題は、

実際打ってみても自分でいいか悪いか全然わかんない

事だったりする。だったらなに使っても一緒だから買い換える必要ないか。でもこのパット数だし。というわけで、パターを替えてやろうと思う(以後、始めに戻る)。
posted by hiro at 10:09| Comment(0) | パット