2014年08月31日

オークモントゴルフクラブ


 ゴルバカ月例の日。ジャック・ニクラウス設計のオークモントゴルフクラブへ。


IMG_1421.JPG

 もちろんラウンドは初めて。事前に調べたり聞いたりしたところでは、


ウォーターハザードが効いていて、

ティショットにプレッシャーを感じるホールが多く、

グリーンのアンジュレーションがきつくてしかも大きい



ということであった。


IMG_1425.JPG

 で、実際にラウンドしてみると、ウォーターハザードが3分の1ぐらいのホールで効いていてティショットにプレッシャーを感じるホールが半分ぐらいで、グリーンのアンジュレーションが思ってた以上にきつくてしかもとんでもなく大きかった


IMG_1463.JPG

 グリーンが大きいとどういう事が起こるか。そう、パーオン率は上がるが、ロングパットの割合が高くなるのだ。



 ショットは久々にいい調子を維持できている。6700yを超えるレギュラーティからラウンドして、いくら大きなグリーンだったからと言ってもパーオン率が66.7%はまあまあ。あと、OBもなかったし、池ポチャもなかった。


 ウエストコース4番、バンカーだらけの名物パー5ではバンカーに1回入れたがパーオンしたし。


IMG_1432.JPG

 同5番、401yパー4(HDCP1)の最難関ホールでも気合い(やけくそとも言うのティショットから2オン2パットでパー。


IMG_1434.JPG

 午後から、サウスコースの同じくHDCP1の5番、421yパー4でもティショットをミスするも2打目でリカバリーして2オン2パットのパー。8番433yパー4はティショットを左へ引っ掛けてさすがにボギーだったけど、最終池絡みのホームホールもけっこうなつま先上がりのラフから左サイド池、クリーク越え160yをオンさせ、2パットでパー。


IMG_1473.JPG

 いやショットはもういい。パッティングはどうだったのだと。確か「(真っすぐ打つ多少の技術と)根性さえあればパットは入る、強いゴルファーになれる」って言ってたよなお前。


seiseki201408284.jpg

18ホールで3パット5つ、4パット1つ、1パット無しの43パット。根性のはるか以前に、

真っすぐ打つ技術も距離感もありませんでした・・・・orz



 2ボールパターで1からやり直します。そして、もう二度とパットのことで偉そうに言いませんはい。
posted by hiro at 09:59| Comment(0) | GB月例