2014年08月27日

パインレークゴルフクラブ(その2)


 昨日練習に。アプローチと低ティアップドライバーメインで、ユーティリティ少々。まあ何だ、スイングは湖の白鳥だね。外から見てるぶんには優雅で気持ちよさそうだけど、見えない所で下半身の筋肉はフルに使ってるという。白鳥は足をバタバタ動かしてる、ゴルフのスイングは足を動かさないように踏ん張ってる、と真逆だけどね。



 さてパインレークの続き。7番374yパー4。再び左ドッグレッグ(グリーンは左の林の先)、今度は打ち上げ。HDCP3。狭く見えるでしょ。左へ行き過ぎると二打目が狙えないが右へ逃げすぎると距離が残る。いやらしいホール。

IMG_1381.JPG

 ティショット、ややスライスするも右ラフ。ラフから150y打ち上げ、8アイアンでフライヤーを見越して。なんとか花道から転がってオン。2パットパー。

 8番、右ドッグレッグで2打目から強烈に打ち下ろしていくパー4。340y。写真は二打目地点右サイドから。

IMG_1384.JPG

 ティショット5Wで真っ直ぐ飛ぶもフェアウェイを少し突き抜ける。2打目、110y打ち下ろし、ウェッジで慎重に打つも引っ掛けて左エッジ。またしてもパターで2パットパー。

 アウトホームホール、506yパー5。パー5なんだけど、非常に狭い空間にティショットを打っていくホール。正面バンカーまで220y。飛び過ぎたりバンカーより右へ行くと突き抜けてしまう(写真はK嶋さん)。

IMG_1387.JPG

 3アイアンでレイアップするも、左ラフ。ちなみにけっこう深いラフからの2打目地点から見た光景。

IMG_1388.JPG

 パー5の二打目なのに、落とし所は見えないわ左の木の梢は邪魔だわ右サイドのバンカーに入れたら致命的だわと結構プレッシャー。ヘタレなので安全策としてまた7アイアンでレイアップ。またトゥショットでバンカーの横までしか飛ばず(推定飛距離135y)。トホホ。

 3打目はグリーン面がブラインドの130y、9アイアンで左サイドにオン。2パットパー。前半を2ボギー2ダボの41で折り返す。


 さて、インコースはアウトよりフラットだが、ウォーターハザードが派手に絡んでくる、ある意味パインレークの本性が露わになる9ホールである。

 10番、この日はティグラウンドが前の方で距離の短い(307y)パー4。グリーン手前をクリークが横切る。

IMG_1392.JPG

 5アイアンでティショット、2打目9アイアン、派手にダフって乗らず、寄らず入らずボギー。トホホ。

 11番、クリークがフェアウェイを二度横切る、打ち上げのパー5。511y。

IMG_1395.JPG

 ティショット左ラフ、2打目クリーク越えはラフの深さを考え安全に8アイアンで。クリークの先、右サイドのファーストカットに。そして3打目。

IMG_1396.JPG

 2打目を安全に行き過ぎて、こんなクリークとバンカーを越えていかなければならなくなった。打ち上げの160y。一度はレイアップを覚悟するも、ファーストカットのライが極めて良い(ボールが浮いてる状態)ので、6アイアンで思い切って狙うと、ボールはきれいに飛んでピン下9mに。今日イチのアイアンショットであった。

 ところがそこから1mオーバーし、返しを外して3パット。最高のアイアンショットを生かせず、最低のボギーに。トホホ。


 意気消沈しつつ続く。

posted by hiro at 10:33| Comment(0) | ラウンド