2014年08月11日

オーバースペック?

 尊敬するウェブマスター、そう、ブロガーという言葉すらなかった時代からゴルフのウェブをされているキャロマニのspunkyさんが先日日記に書いておられたある事が、もう全面的に同感と思ったので今日はその話題を。

 それは、「日本人特にトップアスリートでも学生でもないオッサンたちにダイナミックゴールドS200というのはやはりオーバースペックなのではないか?」という事である。

dg2.jpg

 以前書いた、手嶋多一がやさしいアイアンを使っているという話にも繋がるのだが、プロでさえ、いや4日間(プロ・アマや練習日を入れると6日間)連続で戦い続けるプロだからこそ、最近は簡単で軽いクラブを使うようになってきている。

 片山晋呉もアイアンはだいぶ前からカーボンシャフトだし、ツアーで10勝を上げているあのパワフルな谷原秀人でさえアイアンのシャフトを95gのカーボンにしたという話だ。それ以外でも、男子シニアプロの多くが軽めのカーボンシャフトを使用している。

 つまりアマチュアがDGS200を使うというのも、「アマチュアは難しいクラブ、プロは優しいクラブ」というおかしな逆転現象の典型例の1つなのではないかと。


 「なにいうてまんねん失礼な。わしS200ちょうどでっせ。NSとかカーボンとか、頼りのーて使えまへんわ」という中年アマチュアも多くいるのは知っているし、事実そうなんだろう。「ゴルフ侍」を見ていても60台のアマチュアがS200を使っているケースも多い(逆にプロのほうが相対的に軽いシャフトを使っている)。

 しかし、そんなオッサンたちでも例えば真夏に27ホール、歩きでラウンドした時、その27ホール目までミドルアイアンをきちんと振ってきちんと結果が出せるんだろうかと。やっぱり疲れてヘロヘロになるんとちゃうやろかと思うのだ。

 あと、あまりにも重いクラブ、難しいを使い続けていると体調が万全の時でないとナイスショットが出なかったり、練習で球を打つのでもすぐ疲れるのではないかと。それはやっぱり本末転倒だろうと。


 かく言う私はS200より20gぐらい軽いNSpro1050だが、それでも疲れてきたら重く感じる。見栄をはらずに、楽なカーボンシャフトを使ったほうがいいのかもしれないね。




 でも、せめてあと5年はスチールで頑張りたいなあ・・・と最後の1行で今日の日記を根底から台無しにする編者であった。
posted by hiro at 11:44| Comment(0) | 雑文

2014年08月08日

奈良柳生CCの空は青かった

 昨日は2ヶ月に1回開催される同業者のコンペ。真夏の奈良柳生カントリーにて。


 奈良柳生は何故か相性が良く、過去4年半で4.5ラウンドしてるけどワーストスコアが85と大叩きを1回もしていないんだよね。アプローチ練習場、バンカー練習場もあるし、家から近かったらもっと通いたいコースなんだけど、下道1時間はちょっと遠すぎる。

 当日、8時半スタートなのに6時45分に1番乗りしてしっかり練習。アプローチはヘッドを右後ろではなく右上から、ヒールから落とすべし!みたいな。

 そんなこんなでスタート。もちろん暑かったけど雲が多く、空が綺麗だった。このコースは標高300mぐらいに位置するので、雲で日影ができるとちょっと涼しいんだよね。

IMG_1347.JPG

IMG_1349.JPG

IMG_1350.JPG

 さて、成績の方は。

seiseki20140807.jpg

 8ヶ月ぶりの70台キタ━━━━(゚∀゚)━━━━!!

 ホント久しぶり。ぎりぎりの、綱渡りの70台だったけどチョー嬉しいぜ。


 ドライバーは頑張って低いティアップのイメージで打ち続けたんだけど、「ナイス20%まあ良しとしよう40%あかん30%トホホ10%」って感じ。今までと変わらずってところ。でも、ミスが酷いミスにならないのはスイングイメージのせいか?単にラッキーだっただけか。ダフってもフェアウェイキープしたり。

 アイアンも変な持ち上げスイングが少なくてきちんとターフ取れてた感と捕まってる感があり。でもあんまり体の動き意識して考えながら打ったらダメだね。素振りの時はきちんとイメージ出して、本番では心を無にして打つのがいいね。

 アプローチはライが良ければいい感じで打てるけど、ちょっとでもライに不安があると変な打ち方が出てしまう。でも7回中チャックリは1回だけだったし、寄せワン2個あったので良しとしよ。

 パットはヘタ。この日8.7だったので上りを全然打てず、5m以内のバーディパットが4つか5つあったんだけど入ったのは1個だけ。ヘタレだね。


 最終ホール(イン9番)、ココでボギー以上なら後半30台&ラウンド70台。ティショットは右ラフだけどまずまず。2打目残り145y、8番と9番で迷う。フライヤーが出るか出ないか微妙なライ。8番でピンまでピッタリだけど奥へこぼすとマウンドがあって受けグリーンの奥に切られたピンには寄せにくい。かといって9番ならフライヤー掛かればいいけど掛からなかったら乗らないかもしれないしさらに右手前のバンカーに入るかもしれない(この日はバンカーショットがイマイチ)。

 迷って8アイアンで。ええ、きっちり奥の左足下がり、つま先下がりのラフへ行きましたが。3打目、グリーンに直接落とせば出ていくまであるので、エッジにワンクッション・・・・緩んでエッジまで。まあここから寄せてボギーでもいいや。パッティングすると加速して4m近くオーバー。てるちゃん(キャディさん)もっと大げさに「すごく速いです!!」って言ってよ!

 まっすぐ4m、逆目上り。しっかり打てるかどうかだけだけど、こういうときパンチが入ったりするとえてして引っ掛けたりするので平常心で普通に、ちょっと強めに。・・・と思ったら打った瞬間弱い!でも、最後のひと転がりでなんとか入ってくれた。


 転がりのいい2ボールパターよありがとう。キャメロン欲しいとかもう言いません。

posted by hiro at 19:55| Comment(0) | ラウンド

2014年08月05日

低いティアップでドライバー

 低いティでドライバーショット。



 ポイントは、

体重移動は自然に起こる。トップの位置・姿勢のままクラブを腕で振り下ろす

 ・・・って感じかなあ。
posted by hiro at 19:06| Comment(0) | 練習

2014年08月04日

頭が悪い


 先週木曜日のラウンド結果。暑くてぼうっとしていたとはいえ、せめて80台で回らなアカンやろ。

seiseki20140731.jpg

 まあパーオン率22%やったらこんなものか。



 今日用事があってK師匠と師匠の会社のゴルフを始めた女の子と3人で食事をした。若くてかわいい女の子と食事するなんて久しぶりだったので緊張した(笑)。そこでゴルフの話を色々したんだけど、つくづく思った。ゴルフは記憶力と忍耐力のゲームだなあと。

 どういうイメージでスイングすればうまく打てるかというのは人それぞれだけど、上手いプレイヤーはその「それぞれ」をきちんと整理し、理解し、頭ではなく身体で覚えている。だから急に調子が悪くなっても修正できたりする。

 一方記憶力がチンパンジーより悪い私は、いつもいつも同じ部分を忘れて同じミスをしたり、自分が大事なことを忘れていることすら忘れてスイングしまうのである。


 忍耐力とは愚直に決めたことをやり遂げる克己心。右ひざを動かさないとか、グリーンセンターを狙うとか、8割の力で振るとか、球を捕まえにいくとか、どれか1つでもいいから18ホール完遂してプレーする精神力のこと。

 忍耐力が2才児と同じぐらいの私は、つい目の前の結果を気にして変なスイングや余計なことを考えながら振ってしまう。


 だからね、もう、つくづくアタマが悪いなと。そんな私でも、うまくなるにはやっぱり練習しかないんだよね。当分「30yのアプローチ」と「低いティアップでドライバーショット」だけ練習します師匠。
posted by hiro at 18:59| Comment(0) | 雑文

2014年08月02日

生きてますが・・・

 ども変者です。ちがった編者です。素で間違った。

 ここ数日、自分のキャパの2倍ぐらいの仕事が押し寄せていてどうも精神的にも肉体的にも更新できず申し訳ない。一応生きてます。

 一昨日は奈良国際へ行ってきたんだけどもうひどい有様でスコアカードを破って捨ててしまおうと思って暑くて集中力がとても大変でした。いかんまだ熱中症気味だ。

 真夏に歩きのラウンドはキツイ。いやそんなこともあろうかとランニングをしているはずなのに。50歳を過ぎるとなかなか集中力を保つのが難しいね。

 ほんとに調子がいい時って一瞬なんだよなあ。もうスイングが分かった、最低限ここに気をつければもう大丈夫って思っても次の週はボロボロになってたりするし、練習で良くてもコースでいいとは限らないし、練習し過ぎたらしすぎたで駄目だし、しなかったらしなかったでもっと駄目だし。


 目先の調子にとらわれず、いろいろな情報に飛びついて左右されず、半年先、1年先のための地道な基礎練習を繰り返していくしかないんだろうなあ。

 競技に出ないことが伸び悩みの原因の一つってこともよく分かるんだけど、それ以前に頭悪すぎると思う。ゴルフは記憶力と忍耐力がないと絶対うまくならないね。あと、自分をきちんと持って、客観視できる能力と。


 ゴルフはその人の人生そのものである、っていう気がする今日このごろである。さて、走りに行ってこよう。
posted by hiro at 20:12| Comment(0) | 雑文