2014年03月31日

レッスン再び


 イメージを変えた結果あまりにスカタンな球しか出ず、しまいには餓鬼誤記幎などいう音がショットのたびにしだしたため、絶望的な気持ちでもう一度プロに教わることにした。

私:Nプロ先日教えてもらった「腰を動かさない」をイメージしてからもう人生が終わりそうです。だいたい40年間腰を開いて打ってきたんだから、そんなに簡単には治りません!

とほとんど逆ギレのように先生に泣きついた。するとプロ、

Nプロ:うーん分かりましたじゃあこのドリルを試してみましょう。


 というわけで教わったのがダブルスローリハーサルドリル(注:勝手に命名)。これは、

トップまでは普通に上げ、そこからインパクトまで正しい軌跡でクラブをゆっくり下ろしてきてボールの直前で一時停止。それを2回繰り返し、3回目に球を打つ

というもの。

 え、そんな事できちんと打てるようになるんかいなそんなのおまじないの域を出てないじゃん。と思ったのだが、インパクトの体の状態をきちんと再現するよう気をつけてやってみると意外と力がいるし、そしてそのまま打ってみるとなるほどそのリハーサル通りに体が動いてくれる。

 私の場合、とにかく「腰が開かないよう」一生懸命、しかも何度も何度もインパクトの形を作ることで、その形や筋力がまるで形状記憶合金のように体に蓄積されていく感じがする。

 実際に球を打たないで2回形を作る、というのも結果を気にしなくていいよね。どうしても飛んで行く球で良いスイングをしたかどうかを判断してしまうしね。また、逆の意味で3回目に実際打つのもいい。だって形を作るんばっかりだったらすぐ飽きるだろうしね。


 というわけで、当分はこれをやっていこうと思った。
posted by hiro at 19:03| Comment(0) | レッスン