2014年03月26日

男子日本ツアー改め

 というわけで、大げさに言えばスイングのパラダイムシフトを余儀なくされているワタクシではある。宮里聖志から近藤共弘って、全く正反対といえるような変更だもんね。

 「トップをコンパクトに、フォローを大きく」というイメージを出すための「近藤共弘」なんだけど、あんまり近藤共弘を意識し過ぎると「ただ単に速く振る」だけになってしまう恐れもあるわけで、そのあたりはまだまだ練習も調整も必要だろうなあ。また1年後に実を結ぶ感じになるのかなあ。


 さて、男子ツアーは「ワン・アジア」などと偉そうな掛け声だけど実際は「国内で試合がないのでどうかアジアツアーに出させてくださいよろしくお願いします」というわけでタイ・オープンが開幕になる予定だったんだけど諸事情で中止。というわけで明日からのインドネシアPGAチャンピオンシップが開幕戦。

 ところが開幕戦のくせに地上波での放映はなし。CSのゴルフネットワークが4日間放映するけど、それはあくまで契約者しか見られないわけで。

 そう、開幕戦とかワン・アジアとか、口では御大層なことを言ってるのに地上波で放送すらしないというのは、JGTOはアジアツアーもゴルフファンも見下してるとしか言えないよね。

20140326.jpg

 何が組織改革だ。なにが新体制だ。池田勇太にそんな政治力がないのは仕方ないとして、エビジョンイルは何のためにいるのだ。お飾りか?今こそその独裁者としての手腕を発揮し、NHKで放映すべき時だろうがよ。スットコドッコイが。

 どうせ電通が「金にならん、スポンサー取れない」と動かなかったからなんだろう。そんなに電通様が恐いんだったら、今年から「男子電通ツアー」と銘打てば?もう、マジでうんざり。
posted by hiro at 12:17| Comment(0) | 毒舌