2014年03月22日

第3回ゴルバカ月例

 泉ヶ丘CC、今日はラウンド内容を。

seiseki20140320.gif

 葛城1番、出だしからいきなり9.5フィートの洗礼を受けて3パットボギー。ピン奥5mから下りのパットを2mもオーバーしてしまう。ティショット、2打目、3打目とまずまずだったんだけどなあ。

 2番は難しいパー4、ティショットは甲(甲乙丙丁の甲)もきつい左足下がりのフェアウェイへ。2打目、残り180y、アイアンで花道にレイアップ、そこから寄らず入らずのボギー。

 3番パー3、170y。5アイアンでうまく打てたと思ったのに20yもショート。「冬・雨・霧・スタートすぐ・風・ティアップ高かった・心が緩んでスイングも緩んでる」のうちどれが主原因だろう。最後か。アプローチそこそこ寄るも入らずボギー。

 4番は距離はないが2打目が打ち上げていて難易度の高いホール。ティショット甲、2打目1番手上げる作戦(125yを8アイアン)でグリーンセンターへ。2パットパー。

 5番、ここも難しいパー4。谷越え+左ドッグレッグという、スライサーには打ちにくいホール。でもティショット甲、2打目左足上がりの135yからあわや空振りかという頭叩きチョロ。球を上げようとして上体(左サイド)が上ずってしまったのだろう。あと、結果を見たくてヘッドアップしてるのか。

打ち上げ左足上がりこそ体と意識をしっかり地面に残して打とう。

 3打目もアイアンショットが恐くなって振りきれずへっぽこトップ。花道からパターで寄せるも3パットダボ。まあ次につながるダボだからいいか(いいのか?)

 6番も谷越え、180yのパー3。5アイアンで緩まないようフルショット、今度はピンハイにオン。しかし1mが緩んで打ちきれずまた3パットのボギー。1番で2mオーバーしちゃったのがボディブローのように効いてきてる。

 7番ティショット右ラフ、2打目ミドルアイアンは当たりが悪く右手前のバンカー。ここから5m奥へ乗せ、下りのフックラインが入ってくれてパー。パット入ったのはここだけで、あとは微妙なパットを全て外した。

 8番は短い谷越えのパー4。ティショット甲、セカンドはショートアイアンで2オン、2パットパー。

 最終ホールは一度回ったら忘れない、2回谷を越えるパー5。2つ目の谷まで220y、ただし右へ飛ぶと210yまで、と言われたので怖くて5Wを持てなかったんだけど、よく考えれば雨だし冬だしランも出ないし5Wでも十分だったよなあ。

gaoka-katuragi-091.gif

 結局ユーティリティで190y。で、2打目が谷越え140yも残りだいぶプレッシャー。もちろん超えてすぐグリーンならアイアンで打てるからいいんだけど、まだ300y以上残ってる(しかも2打目地点からきつい打ち上げ)から、ここはできるだけ距離を稼いでおきたい。でも左はOBが浅い。

 というわけで5Wで谷越えに挑戦。球を上げようとしない、ライナーで良いとまるで初心者のような事を思いつつ打ったら低い引っかけスライスながら谷は超えた。我ながらヘタレである。3打目残り170y打ち上げ、左へこぼすとOBということもあり、5アイアンは思い切って打てずへっぽこ緩みまくりハーフショットでショート。ヘタレにも程がある。ウェッジのピッチショットは3mに付けるも入らずボギー。中途半端な攻めに悔いが残る。

 ハーフが終わって11時前。レインウェアを脱いで食事をしてまた着て、というよりもう一気に回っちゃおうということでスルーで岩湧へ。

 1番パー5、今度はきちんと2パットでパー。「アイアンは一番手あげてオーバーでもいいからグリーンに乗せる作戦」が功を奏している。

 2番狭く短いパー4。左がアウトという情報を過剰に意識して、この日唯一のチーピン。トホホ。幸い斜面にぶつかってセーフ。2打目ユーティリティでグリーン手前40yまで。3打目はライがよくてウェッジショットがそこそこ寄り、パーゲット。

 3番は140yと短いパー3。8アイアンでピン奥4mにオン、バーディパットは微妙にショートしてパー。

 4番パー4、2打目のアイアンショットがトホホでバンカーに入ってボギー。

 5番パー4、2打目のアイアンショットがトホホでバンカーに入ってボギー。せっかくティショットをクレバーにレイアップしたのに。

08-IMG_1001.JPG

 6番、ビーチバンカーが印象的な美しいパー3。昨日の最後の写真と同じです。左サイドのピンに対して花道を狙ってセンターにオン、2パットパー。

09-IMG_1002.JPG

 7番は岩湧でHDCP1のホール。谷越え419yパー4。ティショット甲、しかし2打目は190y残る。左足下がりのライから、ユーティリティのショットはプッシュして残り40y地点の右斜面。行ってみるとつま先上がり、左足下がりのライでしかもディボットホールの中・・・・はい、またチョロしましたが。

 こういうトラブルショットが上手い人と下手な人(私)との差は何なんだろう。たぶんすごく単純だったりするんだろうね。ヘッドアップしてるかどうかとか。

 しかし4打目は2段グリーンの奥に54度でピッチエンドラン。頑張ってピン下1.2mに付ける。でこれを外すんだよなあ。しかも緩んで最後にカップに避けられるという、最悪のヘタレパット。雨だからもっとしっかり打てるはずなのに。アホだ。っていうかヘタだ。ダボ。

 8番も419yと距離の厳しいパー4。ティショット右ラフ、2打目は左足下がりのライから190yでユーティリティ。ボールコンタクトは良かったけど高さと距離がわずかに足らず手前のバンカーへ。そこから1.5mに乗るも、またこれが入らず。また打ててないっす。ヘタっす。ボギー。

 最終ホールパー5。3打目を奥へこぼすもアプローチがOKに寄ってパー。ちょっと長めの枯芝はアプローチしやすいね。


 というわけで、パットが3つぐらい、アイアンショットが3つぐらい残念だったけどまあこんなもんでしょ。泉ヶ丘のベストスコア更新したし。っていうか今までのベスト90だったし(笑)。

 っていうか、ドライバーがそこそこ当たっても2打目がミドルアイアンとかユーティリティになるんだから、フルバックの6970yとかだったら確実に100近く叩いてるだろうな。アイアンが打てない私にとってはキツイ。っていうかフェアウェイからのアイアンが苦手な40年選手って・・・・
posted by hiro at 12:04| Comment(0) | GB月例