2014年03月18日

悪いのは誰か

 今日はゴルフ関係ないです。


 毎日毎日、アホマスコミは小保方さんを叩くのに忙しい。まさに「小人閑居して不善をなす」だな。もっと大事なこと、あるやろが。


 論文を取り下げても、論文の中身がミスだらけでも、故意か過失かまだわからないわけで、したがってSTAP細胞の存在もまだわからないわけで。結論を出すにはまだ早すぎるにもかかわらず、もう完全にクロと決めつけるマスコミ。これじゃまるで魔女狩りじゃん。しまいにはまったくの第三者である日本分子生物学会が声明を出すという自体に。まさに「国民総バッシング状態」になりつつある。

 たしかに論文の写真が学位論文と同じというのは致命的なエラーだし、悪意や恣意があったと言われても仕方がない部分ではある。割ぽう着も発表もすべて「電通」が取りしきり演出していたという話もある(真偽は不明だが)。そう言われれば化粧も指輪もミニスカートも出来過ぎって感はあったけども。

 それでも、お前らマスコミや第三者である学会に彼女を批判する権利などない。マスコミは自分たちが検証もしないで持ち上げたことをこそ反省すべきで、小保方さんを批判するのは逆恨みとしか思えない。ほにゃらら学会もあまりにヒステリックすぎないか?まるで妬み僻みがそのまま噴出したような感すらある。


 ノーベル賞学者でもある理研の野依良治理事長は「未熟な研究者がデータをずさん、無責任に扱った。徹底的に教育し直さないといけない」と記者会見で言ったが、そんな未熟な研修者をユニットリーダーに抜擢し、論文を書かせた理研の責任はどうなるんだと。他人ごとみたいに仰るけど野依さん、理事長としての立場をわかってらっしゃいますか?と私は言いたい。

 共著者(つまり共同研究者)である若山照彦氏(山梨大学生命環境学部教授)も早々と会見を開き、小保方さんに論文の取り下げを求めた。しかしこの態度もどうなんだろうと。「僕は降りたもんね。知らんもんね。僕も被害者だもんね」とでも言わんばかりの会見に違和感を覚えざるを得なかった。

 一緒に研究してた、いわば「仲間」なんじゃないのか?共同研究してる時はノーベル賞クラスの発見だ、と協力し、その旗色が悪くなると自分だけ真っ先に降りてしまう。賢い振る舞いかもしれないけれど、仁義ってやつがなさすぎやしませんかねえ。「僕は最後まで小保方さんを信じます」ぐらい言ってやったら男が上がったのにねえ。


 今のままでは確かに99%小保方さんは悪者だし、STAP細胞の信ぴょう性も限りなく低い。でも、きちんと検証が終わるまではできるだけニュートラルでいたいなと。それは、小保方さんがカワイイからではなく、アホマスコミに対するささやかな抵抗からである。
posted by hiro at 19:25| Comment(0) | 雑文