2014年03月17日

女子ツアー始まった、男子ツアー終わった

 先週から女子の試合が始まった。今週は土佐で行われたプロギアカップ。去年初優勝したニューホープの一ノ瀬優希がプレーオフを制して優勝。

 さらに、3位タイで終わったものの、一時はトップに肉薄したアマチュアの森田遥(はるか)はまだ17歳。女子高生でっせ旦那。なんという層が厚さか。

haruka_morita.jpg

 女子が面白いのは、こういう生きのいいアマチュアがどんどん出てきて、ルーキーたち(一ノ瀬・堀奈津佳・比嘉真美子ら)に下からガンガンプレッシャーを掛けている点。

 その結果、ルーキーはもっと努力して上手くなる、すると若手実力派(森田・横峯・吉田弓美子・佐伯三貴ら)が今度は黙っちゃいない。

 さらにベテラン勢(茂木宏美、大山志保ら)がそこに割って入る。もちろん実力派揃いの韓国勢もばりばり勝っていく。

 つまり全世代にわたって活躍したり優勝したりする選手がいるってことで、これはもう少しでも気を抜いたらどんどん順位が下がるってことだよね。現状維持ではだめ、みたいな。


 さて振り返って男子ツアー。男子プロという人間たちが、ギャラリーを大事にする努力をほとんどしていないということが末端のゴルフファンまで知れ渡ってしまった現時点でも、どうも当の本人たちには危機感が無いようで。

 その代表というか象徴が、池田選手会長とエビジョンイルこと海老沢勝二JGTO会長が発表した(正確にはJGTOの総会で決定した)、「複数年シード選手への試合出場義務」と思う。

 そもそも「NHKの金正日」と言われたオッサンが何でJGTOの会長やねんと。そこから間違ってるんと違うんかと。今の悲惨な現状をどう思てんねんと。どこまで本気で日本ツアーを良くしようと思てんねんと。

 で、「複数年シード選手への試合出場義務」とは何か。簡単に言うと、

 今までは(賞金王になったりして)複数年シード取ったら、シードがあるうちは無条件で試合に出られたけど、来年からはシード選手でも5試合は日本の試合に出てくれないと次の年はシード剥奪しますよ、だから日本の試合に5つは出てね松山くん、遼くん

 という意味である。いやあもうこのケツの穴の狭いことと言ったら。おっと失礼。

 この期に及んでも松山・石川頼みというのも情けないし、規則を変えてまで松山と石川を日本に戻そうとするその根性もサイテーだし、つまり自分たちの力でツアーを良くしようという意志が全く感じられない。

 そこは逆だろ。アジアツアーとのさらなる連携や、USPGAツアーやヨーロピアンツアーとの共同開催などを模索するのが正しい方向だろが。それを「日本へ帰ってきて試合せえ」って・・・・がっくり。


 もうね、ホントに史上最低のツアーですわ。これで、志のある若者はさらに世界へ出て行くだろうね。2ちゃんねる風に言うと「オワタ」って感じ。まだ始まってもいないのに終わった。
posted by hiro at 20:02| Comment(0) | トーナメント