2014年03月14日

雨のラウンド

 前日の天気予報は雨ではなく暴風雨。おまけに雷の可能性も、というハードなもので久しぶりにスタート前から上下レインウェアを着てのラウンドはきさいちカントリー。

1-IMG_0984.JPG

 不幸中の幸いで気温がそれほど低くもなく、風も思ったほど強くなかったのであまり辛くはなく、むしろ椿や梅を愛でつつ、春の落ち着いた1日をコースでゆるりと堪能することができた(強がりに非ず)。

 また、こんな天気なのできさいちCCには珍しく駐車場はガラガラ、8時に竹からスタートして1ラウンドスルーでラウンドでき、ホールアウトしたのが1時頃。雨足さえ強くならなければもうハーフ行ってたところである。いや、やっぱり雨でも行くべきだったかなあ、ナミー。

 同伴競技者はそのお代わりくんことナミー、I上さん、そして大学の先輩、O谷さんの4人。前日に「明日はだいぶまとまった雨のようですが皆様大丈夫ですか?」と聞くと、全員に「え雨って何それおいしいの」的な返事(つまり雨など全くラウンドの妨げにならない何言ってんの?という意味)を頂いたという、いずれ劣らぬゴルバカ達である。



 内容の方は酷いものだったけど、まあこんな日はスコア云々ではなく如何に切れずにラウンドできるかであって。ドライバーのチョロ、OB3つ、アイアンの変なトップが2つ、アプローチトホホが2つと相当スカタン(あるいはいつも通り)だったけど、その結果ダブルパー1つ、ダボ2つ、ボギー数えきれず、で。

seiseki20140313.gif

 まあね、ボギーペースが最低ラインだから良しとしよう。

 竹2番のダブルパーはティショットOB(左に引っ掛けるのを嫌がって右へプッシュスライス)、打ち直しはきちんと左へ引っかけて(笑)連続OB・・・と思ったら木に当たってセンターまで出てきた。4打目170y打ち上げ、ユーティリティでグリーン手前のバンカーへ(悪いショットではなかった)、5打目は奥のピンに対し奥のエッジまで打ち(悪いショットではなかった)、そこから3mオーバーさせて(悪いパットだった)3パット。酷いね。

 梅の4番は打ち上げ+谷越えのパー5。ティショットで30cm手前をダフって谷を超えず。上げようとして右肩が下がりすぎてた。昔からの癖ですな。打ち直しはそこそこ、5打目アイアンでレイアップするもダフって飛ばず、それでも6打目110yから9アイアン、へっぽこトップからグリーンオン。2パットダボ。酷いね。

 同9番は3打目でグリーン手前40yまで来ておいてそこからアプローチダフリ、アプローチトップ、2パット。もうね、アプローチね。病気がまだね。


 無理やり良いところを探すと、大雨の予報ということで難しい所(マウンドの上とかね)にピンを切られていた&グリーンが重かったにも関わらず3パットが1回で済んだ、ダボになりそうなパットを3回ほどねじ込んでボギーで収めた、バンカーがうまく打てた、素ダボが1つしかなかった(アプローチ2回連続ミス)ってまあレベル低いですな。いや実際低いんだけど。


 でもやっぱり最後のダボが悔しいなって思った。
posted by hiro at 19:21| Comment(0) | ラウンド