2014年03月10日

ペナルティ2題

 そうなのである1日で2回もペナルティを食らってしまった。正確にはペナルティになるようなことをしてしまった、である。

 1つ目はベタに「ティグラウンドを間違える」である。正確にはティグラウンド外の部分(横)からティショットしてしまったのであるが。つまりこういうこと。

teebox.jpg

 ティアップしたのが赤矢印の場所。

 ティマークのすぐ横、自分としてはティボックス内の右端にティアップしたつもりだったのだが、右側のティマークだと思っていたのが実は左側だったというオチ。上の画像では間違えるはずがないと思うだろうけど、ティグラウンドが横に大きく、ティマークの間も広く、いつもの場所と違ってたりすると間違える時があるんだよ。いやホント。

 この場合は「誤所からのプレー」ということで2ペナ、正確には正しい場所からの打ち直しが4打目(編者注:最初に打った球はストロークに数えないので、3打目になります)。OBより悪い打ったのと結果的には同じ。でも間違って最初の球でプレーしちゃった(←正確にはだめじゃん)。

 もう一つはグリーン上での出来事。長めバーディパットを狙っていて、アドレスを取る前にボールの近くでカップを見ながら素振りをしていたのだが、その時コツンとヘッドが球に当たり、ボールが動いてしまった。

 この場合、故意でなくても「止まっている球がプレーヤーにより動かされた場合」として1ペナでリプレースとなる(正確には昔は2ペナだったけど、今は1ペナ)。

 ただし、プレーヤーが球を動かしても無罰になる例外として、

すでにストロークを始めたあとで球が動き、その球を打っちゃった場合(この場合は1ペナで続行となります)
・ハザード内、障害物、異常なグラウンド状態の中にある球を探している時
・グリーン上でルースインペディメント(石や葉っぱなど自然物)を取り除いている時


などがある(正確にはまだまだ例外があるので、興味にある方はこちらでチェックしてみてください)


 というわけで、3打もペナルティが付いたというお粗末な話でした。プライベートなラウンドでもきちんと処理しないと気持ち悪いからね(というより、正確にはきちんと歯止めをかけとかないとすぐズルしたくなるという、情けない性格だからである)。




 ところで、こういう話は続くもので・・・黒田さんという方がブログのコメント欄にも書いてくださったように、昨日の「ゴルフ侍!見参」で挑戦者であるアマチュアがグリーン上でボールを動かしてしまうという事件が起きた。私のパターンとはちょっと違うので、この詳細はまた明日にでも。
posted by hiro at 23:00| Comment(0) | 規則(ルール)