2014年03月08日

ハンドファースト理論・検証編

 昨日書き忘れたけど、ハンドファースト理論はどうだったのか。ちなみにハンドファースト理論の復習。

1,アドレス・・普通
3-IMG_0957.jpg

2,ハンドファーストにする。フェースがちょっと開く感じ。
2-IMG_0959.jpg

3,バックスイング開始。開いたまま、トゥを時計回りに回転させる感じで上げていく
1-IMG_0961.jpg



 このパッと見たらとんでもなく変な理論、コースで試したら・・・

むちゃくちゃ良かった!!!

 久々の大ヒットと思われる。当たりである。バッチグーである。完璧である。

 あと嬉しい誤算。練習場ではせいぜい7アイアンぐらいまででそれ以上長くなるとうまく打てないって書いたけど、

ドライバーからパターまで完璧に作動する。

 んだよね。で、私が思うに、この理論の肝の部分は

手首のコックが正しくできるようになる

という所だと思われる。あもちろんコックが下手な私であるが故にこの理論がフィットすると思うんだけどね。これだとオーバードゥもないし、忘れないようにするだけである。というわけで超久々にあれ(忘れてたな)。

yabou_38.jpg


 前置きがチョー長くなってしまったので、本題(ラウンドであったペナルティ)はまた次回。お許しあれ。
posted by hiro at 12:05| Comment(0) | 目から鱗(開眼)