2014年03月07日

まあまあのラウンド

 昨日は久しぶりにホーム。昨日も書いた(売るかもしれない)きさいちである。N谷くんとK嶋さんとの3バッグ。7時21分からのトップスタートだったので、9時過ぎにハーフ終了、珍しく10分ほど待ってスルーでラウンドでき、11時半過ぎには1ラウンド済ませ、そこから昼食を取って12時半からおかわり突入。3時前には着替えて帰路についていたのであった。

 内容は、まあイマイチながら何とかぎりぎり踏ん張ったって感じかな。

seiseki20140306.gif

 ドライバーは18ショット中チーピンが3発、左引掛けが3発ぐらい。あとはまあまあ。チーピンは松竹梅と回って松の3番と5番と竹の8番だったんだけど、3発とも間一髪ながら幸いOBにならなかった。これがアウトだったら流れがだいぶ違ってたと思う。


 ユーティリティは優良可の可。うまく打てる時とそうでない時の差が激しい。リキんでてるかどうかとかの違いだけだと思うんだけどね。


 懸案のアイアン。概ね良しなんだけど練習場で出る高さが全然出ない。しかも(だから?)1番手飛ばない。その結果、ピンは指してるのにグリーン手前にランドして微妙にショート。で2回に1回アプローチ失敗してボギー。これはストレスが溜まる。

 たぶん「冬だから」、つまり気温が低くてボールの反発も悪い+体のパフォーマンスも低下、って事なんだろうけど、それを見越して1番手上げてるのにそれでもショートするってのはどゆこと?そのせいでショット自体そんなに悪くないのにパーオン率26%。トホホ。

 高さが出ないのも腹が立つ。7番アイアンがそんなに手応えも悪くないのにライナーで飛んでいくのはなにか致命的な欠陥があるのかと思うよね。

 左へスエーしてる?ヘッドスピードが足りない?減速してる?フェースがかぶってる?アウトサイドインの軌道になってる?あるいはその全部?またNプロに見てもらおう。


 アプローチは良いのが33%、トホホが33%、スーパートホホが33%、1%が神(偶然ともいう)って感じなんだけど、まあ今に始まったわけではなく。練習場ではいい感じで打てるようになってきてるので、コースでそれが出てくるのは1年後だな。


 パット。3パットが2回あって、ダボに直結してるんだけどまあ27ホールで2個は許容範囲。微妙なパーパットやボギーパット(そうアプローチを2回失敗してるんですねーこわいですねー)が結構入ってくれたのでそれほどストレスもなく。


 あと、今回ペナルティが付いたことが2回あったので、そのことについては明日。
posted by hiro at 12:44| Comment(0) | ラウンド