2014年03月01日

情報過多

 というわけで3月である。左手首の具合がイマイチなので大人しくしておこうと思ったのだが、思いのほか午前中の仕事が忙しくてストレスが溜まったのと、ミズノの手首用サポーターを付けると意外と具合がいいのでやっぱり薄暮へ行くことにした。

 で、左グリップである。これ、今までも何度か気にしてたことがあるんだよね。で、調べてみた。驚いたことに2002年の4月、初めてTプロからレッスンを受けた時に教わっており、再発見に至っては10年前の2004年4月(中部銀次郎氏の著書)を皮切りに2005年の3月と4月と8月、2007年の12月、2008年の6月と8月、2009年4月と6月、2010年の6月と11月、20011年の8月と11月など、もう何回再発見するねんというぐらい再発見していた。

 このことから、ゴルフは記憶力が大事、記憶力が悪いと絶対うまくなれないという事が判る。トホホ。あと、恐らくだけど色々なことを吸収しすぎたり考え過ぎたりして大事なことが埋もれてしまう、ってのもあるよね。


 ネットが普及したこの情報過多の時代、かつては雑誌を買ったりDVDを買ったり実際に習わないと知り得なかったいろいろな知識や情報が、コンピュータの前に座って(いや、今はスマホの時代だからわざわざPCの前に座る必要もないのか)クリックするだけで無料で手に入る。

 だから、つい変わった理論や面白そうなドリルに目がいってしまい、中途半家に試したりして本当に大事なことを忘れてしまうのではないか>俺。

 また逆に、本当に大事なことが、いまの玉石混交の情報の中でわかりにくくなっているというか隠れてしまうという事もあるだろう。なんたって、本当に大事なことは地味でありふれていて目立たないしね。


 というわけで、最近流行りの●●理論とか△スタンス理論とか□&◯理論とか、そんなのはもう完全無視して基本に忠実なスイングでいこうと思った。
posted by hiro at 13:20| Comment(0) | 雑文