2014年03月10日

ペナルティ2題

 そうなのである1日で2回もペナルティを食らってしまった。正確にはペナルティになるようなことをしてしまった、である。

 1つ目はベタに「ティグラウンドを間違える」である。正確にはティグラウンド外の部分(横)からティショットしてしまったのであるが。つまりこういうこと。

teebox.jpg

 ティアップしたのが赤矢印の場所。

 ティマークのすぐ横、自分としてはティボックス内の右端にティアップしたつもりだったのだが、右側のティマークだと思っていたのが実は左側だったというオチ。上の画像では間違えるはずがないと思うだろうけど、ティグラウンドが横に大きく、ティマークの間も広く、いつもの場所と違ってたりすると間違える時があるんだよ。いやホント。

 この場合は「誤所からのプレー」ということで2ペナ、正確には正しい場所からの打ち直しが4打目(編者注:最初に打った球はストロークに数えないので、3打目になります)。OBより悪い打ったのと結果的には同じ。でも間違って最初の球でプレーしちゃった(←正確にはだめじゃん)。

 もう一つはグリーン上での出来事。長めバーディパットを狙っていて、アドレスを取る前にボールの近くでカップを見ながら素振りをしていたのだが、その時コツンとヘッドが球に当たり、ボールが動いてしまった。

 この場合、故意でなくても「止まっている球がプレーヤーにより動かされた場合」として1ペナでリプレースとなる(正確には昔は2ペナだったけど、今は1ペナ)。

 ただし、プレーヤーが球を動かしても無罰になる例外として、

すでにストロークを始めたあとで球が動き、その球を打っちゃった場合(この場合は1ペナで続行となります)
・ハザード内、障害物、異常なグラウンド状態の中にある球を探している時
・グリーン上でルースインペディメント(石や葉っぱなど自然物)を取り除いている時


などがある(正確にはまだまだ例外があるので、興味にある方はこちらでチェックしてみてください)


 というわけで、3打もペナルティが付いたというお粗末な話でした。プライベートなラウンドでもきちんと処理しないと気持ち悪いからね(というより、正確にはきちんと歯止めをかけとかないとすぐズルしたくなるという、情けない性格だからである)。




 ところで、こういう話は続くもので・・・黒田さんという方がブログのコメント欄にも書いてくださったように、昨日の「ゴルフ侍!見参」で挑戦者であるアマチュアがグリーン上でボールを動かしてしまうという事件が起きた。私のパターンとはちょっと違うので、この詳細はまた明日にでも。
posted by hiro at 23:00| Comment(0) | 規則(ルール)

2014年03月08日

ハンドファースト理論・検証編

 昨日書き忘れたけど、ハンドファースト理論はどうだったのか。ちなみにハンドファースト理論の復習。

1,アドレス・・普通
3-IMG_0957.jpg

2,ハンドファーストにする。フェースがちょっと開く感じ。
2-IMG_0959.jpg

3,バックスイング開始。開いたまま、トゥを時計回りに回転させる感じで上げていく
1-IMG_0961.jpg



 このパッと見たらとんでもなく変な理論、コースで試したら・・・

むちゃくちゃ良かった!!!

 久々の大ヒットと思われる。当たりである。バッチグーである。完璧である。

 あと嬉しい誤算。練習場ではせいぜい7アイアンぐらいまででそれ以上長くなるとうまく打てないって書いたけど、

ドライバーからパターまで完璧に作動する。

 んだよね。で、私が思うに、この理論の肝の部分は

手首のコックが正しくできるようになる

という所だと思われる。あもちろんコックが下手な私であるが故にこの理論がフィットすると思うんだけどね。これだとオーバードゥもないし、忘れないようにするだけである。というわけで超久々にあれ(忘れてたな)。

yabou_38.jpg


 前置きがチョー長くなってしまったので、本題(ラウンドであったペナルティ)はまた次回。お許しあれ。
posted by hiro at 12:05| Comment(0) | 目から鱗(開眼)

2014年03月07日

まあまあのラウンド

 昨日は久しぶりにホーム。昨日も書いた(売るかもしれない)きさいちである。N谷くんとK嶋さんとの3バッグ。7時21分からのトップスタートだったので、9時過ぎにハーフ終了、珍しく10分ほど待ってスルーでラウンドでき、11時半過ぎには1ラウンド済ませ、そこから昼食を取って12時半からおかわり突入。3時前には着替えて帰路についていたのであった。

 内容は、まあイマイチながら何とかぎりぎり踏ん張ったって感じかな。

seiseki20140306.gif

 ドライバーは18ショット中チーピンが3発、左引掛けが3発ぐらい。あとはまあまあ。チーピンは松竹梅と回って松の3番と5番と竹の8番だったんだけど、3発とも間一髪ながら幸いOBにならなかった。これがアウトだったら流れがだいぶ違ってたと思う。


 ユーティリティは優良可の可。うまく打てる時とそうでない時の差が激しい。リキんでてるかどうかとかの違いだけだと思うんだけどね。


 懸案のアイアン。概ね良しなんだけど練習場で出る高さが全然出ない。しかも(だから?)1番手飛ばない。その結果、ピンは指してるのにグリーン手前にランドして微妙にショート。で2回に1回アプローチ失敗してボギー。これはストレスが溜まる。

 たぶん「冬だから」、つまり気温が低くてボールの反発も悪い+体のパフォーマンスも低下、って事なんだろうけど、それを見越して1番手上げてるのにそれでもショートするってのはどゆこと?そのせいでショット自体そんなに悪くないのにパーオン率26%。トホホ。

 高さが出ないのも腹が立つ。7番アイアンがそんなに手応えも悪くないのにライナーで飛んでいくのはなにか致命的な欠陥があるのかと思うよね。

 左へスエーしてる?ヘッドスピードが足りない?減速してる?フェースがかぶってる?アウトサイドインの軌道になってる?あるいはその全部?またNプロに見てもらおう。


 アプローチは良いのが33%、トホホが33%、スーパートホホが33%、1%が神(偶然ともいう)って感じなんだけど、まあ今に始まったわけではなく。練習場ではいい感じで打てるようになってきてるので、コースでそれが出てくるのは1年後だな。


 パット。3パットが2回あって、ダボに直結してるんだけどまあ27ホールで2個は許容範囲。微妙なパーパットやボギーパット(そうアプローチを2回失敗してるんですねーこわいですねー)が結構入ってくれたのでそれほどストレスもなく。


 あと、今回ペナルティが付いたことが2回あったので、そのことについては明日。
posted by hiro at 12:44| Comment(0) | ラウンド

2014年03月05日

会員権

 ご存知のように、今年の3月いっぱいで会員権の譲渡損失と他の所得との損益通算が制限される。つまり今年の3月いっぱいまでに会員権を売り、買った時より安くなっていたらその差額分を損金として会計処理できるため、結果的に税金が安くなるのだ。

 今現在、わたしはきさいちCCの「週日会員権」というのを持っている。買った当初は木曜日にも競技があったりしたのだが、今ではゼロ。つまりこの会員権では競技にまったく出られないということになる(もし出られても日曜日にビジター料金+競技費用を払わないといけないと思われる。アホらし)。

 そろそろ競技に出たいし、損益通算がなくなるのも良いきっかけだし、この週日会員権を売って普通の会員権を買おうと考えていた。

 しかし、よく考えてみるとアホらしい話である。いくら会員権価格が安くなっているとはいえ、週日会員から普通の会員になるのに、一度手放して会員をやめ、また名義書換を行って同じコースの会員権を買うという愚。そのまま追金をいくらか払って普通の会員にしてくれたらいいのに。

 昔のきさいちグループのままなら交渉の余地もあったかもしれないが、今はアコーディアグループになっており、そういうイレギュラーというか融通を利かせた処理はまず無理だろう(実際に聞いたが門前払いだった)。


 で、それなら、いっその事別のコースの会員権を買ってそこで競技をするというのはどうだろう、と私は今考えているのである。きさいちCCの会員になって約14年、家から一番近いコースだし愛着もあるけど、アコーディアグループになった今ならビジターでも1人で予約でき、平日ならプレーフィーもメンバーと1000円ぐらい(オフシーズンなら数百円!)しか変わらない。

 つまりメンバーのメリットは平日だけプレーするかぎり、1人で自由な時間にエントリーできるのとHDCPが取れるぐらいしかないのだ。

 ただ、一般のコースと違ってセルフプレー・早朝スルー・早朝ハーフ・午後スルー・午後薄暮など非常にバラエティに飛んだプレーが可能で、そういうところは既存のメンバーコースでは不可能だ。


 現に、今購入を検討しているゴルフ場は、コースもグリーンもクラブライフも充実している割に名変料を入れても100万円以下で買えるぐらいなんだけど、残念ながらセルフプレーは月曜日だけしかできない。よって木曜日にプレーすると今より3割ぐらいプレーフィーが高くなる。

 まあ、いまでもホームコースをラウンドするのは年間20ラウンドぐらいなので実質6万円ぐらいの増加にしかならないんだけどね。でも気楽に薄暮へ行けたりできないのもなあ。


 え、2つとも買ったらって?おお、それはいい考えだってケチで小貧乏な私がそんなことできるはずもなく。悩みは深まるばかりであった。
posted by hiro at 20:14| Comment(0) | 雑文

2014年03月04日

ハンドファースト理論

 いや、別に理論じゃないんだけど。

 先週のラウンドが終わり、有馬CCの風呂場で例によってゴルフ談義をしていたのだが、その時K藤君が「スイング始動のきっかけとして、グリップをちょっと飛球線方向へ出してしまうのを直したい」という話をしていた。つまりハンドファーストにするわけだ。

 この動きそのものは別に悪くはないと思うんだけど、確かにスイングの始動というのは難しい。私もスイング始動は苦手な方だし、今の私は「軽く右足に体重を移動する」というタチの悪いスイング始動をしているので、一度、逆にこのハンドファーストを取り入れたらどうなるのかな、と思ってやってみた。具体的にはこんなイメージ。ちょっと大げさにしてます。

1,アドレス・・普通
3-IMG_0957.jpg

2,ハンドファーストにする。フェースがちょっと開く感じ。
2-IMG_0959.jpg

3,バックスイング開始。開いたまま、トゥを時計回りに回転させる感じで上げていく
1-IMG_0961.jpg

 こうして書くとすごく変則スイングみたいだけど、2のハンドファーストは一瞬だけ、きっかけだけなので大きな違和感はない。で、このイメージで打ってみたら、短いのがすごくいいのよ。特にアプローチ・ウェッジ・そしてショートアイアン

 おそらく、フェースを開いて上げていくことで、きれいに縦のコックが入るためだと思うんだよね。私はどちらかと言うとコックが浅い方なので、アプローチやショートアイアンでたまに違和感がでて、とんでもないミスをすることが多いんだよね。

 ただ、このイメージでうまく打てるのは7アイアンぐらいまでで、それより長いクラブになるといまいち。特にドライバーなんて全然ダメ。慣性モーメントとか横振りとかいろんなことが絡んでくるのかな。長いクラブは今までどおりコックを意識しないほうがいいみたい。


 この前の「左小指をスイング中しっかり握る」と合わせて、当分はこの2つだけでいこうっと。

posted by hiro at 19:57| Comment(0) | 目から鱗(開眼)