2014年02月28日

第2回ゴルバカ月例

 昨日は第2回ゴルバカ月例イン有馬カンツリー倶楽部。

 ゴルバカ月例とはフェイスブック上で集った、ゴルフが三度の飯より好きな仲間9人で月1回ラウンドする会である。会員の親睦とスキル向上、そしてなかなかラウンドできない有名なコースをラウンドするため今年から始めたのだ。

 もちろん実力の差はあるのでHDCP戦であるが、昨日は小雨の中7人のネット差が9ストロークしかなく、罰金(11オーバー以上)もなく、また1回めで最下位だったポンタロウ氏が優勝するなど、なかなかいい感じの滑り出しである。

 で、その成績は。皆ハンドルネームなので発表しちゃおう。

2月月例
於有馬カンツリー倶楽部・バックティ(緑)
参加者 7名

1位 ポンタロウ G95 (44・51) N73
2位 事務長   G83 (43・40) N74
3位 ムーディ  G87 (42・45) N75
4位 師匠   ★G81 (39・42) N77
5位 すみそ   G104(53・51) N80
6位 ご隠居   G93 (44・49) N81
7位 若頭    G92 (44・48) N82


(Gはグロス、Nはネット、★はベスグロ、*は罰金)

 師匠のベスグロはさすが。雨の中皆様お疲れ様でした。

 で、自分のことなんだけど。

seiseki20140227.gif

 一昨日書いた「左グリップが緩んでいた」というのは大ピンポン!ドライバーがほとんど暴れなかった(力が入ると左へ飛んでいったけど)し、アイアンも最近になくいい感じ。パーオン率50%がそれを物語っている。

 ただ、ユーティリティのミスがちょっと多かった(スイングイメージが変わったせいかな?)のと、アプローチはあいかわらずスカタン(チャックリあり)、パットが最悪。まあでも、そんなもんだよね。

 ティショットのFS(ファインショット)率:92.9%(先週69.2%)
 フェアウェイウッド・ユーティリティのFS率:40%(同83.3%)
 アイアンのFS率:73.7%(同53.1%)
 アプローチ・バンカーショットのFS率:77.8%(同62.5%)



 でも、ひょっとして長年の悪癖がこれで治るかもしれないと思うと、もう居ても立ってもいられない、毎日練習するぜ〜〜!と思ってたのだが、2ヶ月ほど前から調子が悪い左手首がそろそろ限界に近いので、今週1週間はクラブを置いて休むことにした。残念だけど仕方ない。
posted by hiro at 12:16| Comment(0) | GB月例

2014年02月26日

致命的欠陥


 ども。オリンピックよりパラリンピックのほうが「スポーツ!」って感じがすると思う編者である。それにしてもメダリストに報奨金の使い道を質問するマスコミのゲスさ。どこの局のアナウンサーだ?あ、やっぱりあのフジテレビですかそうですか。




 突然だが私のスイングの致命的欠陥を発見した。それは、レッスンプロや上級者に見てもらってもまずわからない部分の欠陥であった。

 そしてその欠陥こそが、フラットなフェアウェイからのダフリやティショットのトップや何の変哲もないアプローチのチャックリに繋がっているのではないかイヤそうに違いないという気がする。すごくする。



 いつものように練習場へ。到着して数分間ストレッチし、打席に立って20回ほど連続素振りを行うのが練習前のルーチンだが、その連続素振りの時にふと思ったのだ。

 あ、左手の小指をしっかり握るとクラブが暴れないな

 と。そして球を打ってみると、ちょっといい感じ。

 あんまり派手に喜ぶとまた空振りに終わった時の失望が悲しいので控えめに書くが、年に何回かしか訪れない、久しく忘れていた、芯をくう感触。右へ飛び出し、ドローで目標へ戻ってくる球筋。打った瞬間視界から消えるぐらいの高弾道。これらが戻ってきた(十分派手ですな)。

 そう、知らぬ間にスイング中左手が緩んでいたのだ。特にトップ付近からヘッドを走らせようとして、あるいは手首を柔らかく使いレイトアンコックで打とうとして、さらにはフェードのイメージを出そうとして、プラス力を抜こうとして

 切り返しでグリップが、特に左グリップが緩んでいたのだ


 そりゃあ体とクラブの接点が緩んでたらまともに球なんて飛んでいかない。当たり前の話だ。そこが緩んでたらいくらスイングが正しくても(正しくないんだけどね)、オンプレーンでも(そうじゃないと思うんだけどね)まともにクラブヘッドとボールがコンタクトできるはずがないではないか。

 というわけで、俺は今モーレツに感動している。

mouretunikandou.jpg

 と同時に、自分のスカタンさにモーレツに呆れているのであった。

yareyaredaze.jpg

 まあ、この気付きもどうせ金曜日には「ダメである」から始まるネタになるんだろうけどね。


posted by hiro at 19:00| Comment(0) | 目から鱗(開眼)

2014年02月25日

二面性

 この世に「たった1つの真実」なんてない。表があれば裏があり、光が当たれば必ず影ができる。上があるから下が存在する。右を定義したら自ずと左も決まる。


 浅田真央のフリーの演技を「もうメダルに届かないのに、それでもきちんと集中して素晴らしい演技をした」という人もいれば「メダルのプレッシャーがない状態だったからこそ気楽にのびのび滑れただけ」という天邪鬼な奴もいる。要は自分がどう感じるか、物事のどこを見て、どこを重要視するかなのだ。

 その真央ちゃんに対する、森元総理の「大事なときに転ぶ」発言も、そこだけ注目すれば「無神経でがさつで下品で悪意に満ちていて立場もわきまえずタイミングも最悪で最低の発言」となるのだが、全文を読むと、「無神経でがさつで下品」ではあるけれど、その真意は「とにかく真央ちゃん頑張れ」という意味だと理解できる。

 このように、この世には二面性が存在する。



 だから、PGAが表では「暴力団排除宣言」をしているのに裏でヤクザとずぶずぶなのも、まあ当たり前というか、というよりヤクザあってのPGAと言ってしまってもあながち間違いではないと思われる。それについて、今すぐ襟を正し、完全に縁を切るのは難しいだろう。

 だったら、最初から「公益社団法人」などにならなければいいのだ。ヤクザとの繋がりは断てない、でも地位も名誉も金も欲しい、それは筋が通らないだろうと。



 理事や副会長とヤクザとの付き合いが表に出て、引責辞任した森静雄前会長が直後の会長選に立候補して(全然反省してないやん)そのクズっぷりをさらけ出した今回の会長選。

 ダークサイド森に対し、今回光の戦士として立候補した倉本昌弘が見事当選し、崖っぷちのPGAを立て直す最後の望みが生まれたのであった。

 ちなみに選挙の結果は有効投票89票のうち倉本理事57票、森理事32票。まだ32人もヤクザ側のゲス野郎がいるので道は険しいだろうが、倉本会長にはぜひ体質改善と長く悪しき慣習を断ち切る改革をお願いしたい。

 倉本会長はさっそく「経営マニュフェスト」を元に今後の方針を発表した。それによると、改革の具体案は

@底辺拡大事業の推進
APGAスクールの確立
B組織改革
C日本ゴルフツアー機構(JGTO)との連携


 の4つ。実現できるかどうかはもちろん未知数だろうけど、今までにない具体的かつ踏み込んだ提案みたいなので応援したい。

 ツアーを休み、会長職に専念してまで改革を断行する倉本新会長に注目だ。
posted by hiro at 11:00| Comment(0) | 雑文

2014年02月24日

もういいかげんにしろ

 福島の原発でとんでもなく高濃度の汚染水漏れ。国際原子力事象評価尺度 (INES)で言えばレベル5の事象に当たるこの事故に、政府もマスコミもお座なりの報道だけでほとんどスルー。どうなってるの?

 しかも東電、オリンピックの時期に「ちょっと前にこんな不祥事ありました、こんなミスもありました」って発表するって、もう完全に(いわゆる)確信犯だよね。悪意の塊。企業失格。トップは人間のクズの集まり。この地球を破壊し、さらに間接的に人殺しをしても良心の呵責もない最低の極悪人。

 なのに、国民は何も言わない。

 東京なんて目と鼻の先で不発弾の爆弾処理してるようなものなのに、都民は関心なし。東京に住めなくなる可能性、何百万人が被曝する可能性、何百万人の人命が脅かされる可能性、そして世界中に迷惑をかける可能性、日本という国が未来永劫「放射能に汚染された国」というレッテルを貼られる可能性を、東電幹部そして政府ははどう思っているのか。

 体質は事故の前と何ら変わっていない。だから、やっぱり、

 原発は必要だが、このクズどもに原発を維持管理させることはできない。だから原発は即時停止すべき

 という結論しか導き出されないのだ。経済的、現実的観点から原発推進してる阿呆共は、何百万人が被曝した時に何百万人分自分の腹を切る用意をしておけ、と思う。


 っていうか、なんで未だに責任取った奴がおらんねん。東電の誰が刑務所に入った?原子力推進してた学者は恥じ入って学者やめたか?東電幹部は宝くじ級の退職金もらって家族全員で汚染された日本を離れて外国で悠々自適やないか。何でそんなことが許されんねん。

 あと、福島の作業員、どうせ未だにヤクザが仕切ってて、下請け孫請けひ孫受けでヤクザがかすり取って実際に命削って日本のために働いてくれてる従業員や作業員は安い賃金で使い捨て。

それをマスコミも政府も東電も全部知ってるのに見て見ぬふり、いやむしろ推奨してるんだろう。


 予言する。もうすぐ福島周囲と北関東は滅びるだろう。同時に東京はパニックになり、東京以東、以北の多くの人間が癌で亡くなり、日本の原子力関連はIAEAが管理するようになる。

 日本の国力は半分程度に下がり、関西に政治経済の中心が移り、日本のコメはほとんど食えなくなり、文化も多くが滅びる。


 それらは全て、東電幹部と原子力ムラの数百人のせいなのだ。やってることはヒトラーによるアウシュビッツの虐殺と同じ。この罪と恨みは、未来永劫忘れられることはないだろう。



 願わくば極小数の聡明な人の手でこの予言が外れますように。
posted by hiro at 09:46| Comment(0) | 毒舌

2014年02月22日

第25回VGA一木会記念大会

 まずはスコアを。

seiseki20130220.gif

 アウト1〜3番のボギーは仕方ない。スタートホールから難しいホールが続くので逆にボギーで良しといえよう(でも1個はパーがほしいところでもある)。

 4番はティショットがクラブ選択ミス+引っ掛けでグリーン左奥の傾斜地へ。そこから乗せるだけで良いと思って7アイアンの転がしを選択するもチャックリ、さらにウェッジに持ち替えてチャックリ。おまけに3パットでダブルパー。

 そこから少し持ち直すも。

 8番の短く狭いパー4やや右ドッグレッグ、ティショットを安全に行き過ぎて右190y地点へ。2打目直接狙えず、20y横へレイアップ。3打目何の変哲もない9アイアンを超ダフリでバンカーイン。出して2パットのダボ。ヘタすぎてヘドが出るぜ。

 9番も砲台グリーンに向かってとはいえ、3打目のアプローチ(たった15y!)を奥へつけてしまい、上からのパットは触るだけで止まらず、返しの2mも沈められず3パットボギー。

 アプローチをミスると3パットがもれなくついてくるという見事な連携プレーでボギーペースすら維持できず。諸悪の根源アプローチ。悪の枢軸アプローチ。地獄の入口アプローチ。アプローチなんか死(ry



 後半。ライがよければアプローチもそこそこ寄る。2連続寄せワン。しかしその分アイアンがとてつもなく、未だかつてない・・事はないな、360回ぐらいあったけどダフる。今考えれば考えすぎてクラブが全然振れてなかったような気もする。

 12番はティショット良かったのに2打目の何の変哲もない6アイアンをまたバンカーにぶち込み、さらにグリコのおまけ3パット。

 15番パー5でも2打目レイアップの9アイアンは完璧に打てるのに3打目のグリーンを狙う8アイアンはどダフリ。これはメンタルの問題も多分にあるな。

 17番は2打目5Wがトップ目ながらグリーンエッジまで届き、そこから2パットでバーディ。アイアンとアプローチを使わなければバーディが取れるんだぜ(笑)。

 18番は谷越えでグリーンの傾斜がきついパー3。ここでボギーならまあ良い上がりだ。

18-IMG_0904.JPG

 145y軽いアゲンスト、ティショットは7アイアンで打つも、当たりが悪く手前中央の深いバンカーへ。実は僕より2番手近く飛ばすK藤君も7アイアンだったからこれはもう完全にクラブ選択ミス。トホホ。上へ付けたくない=パーで上がりたいという欲のせい。

 バンカーまで行ってみると運悪くボールのすぐ後ろに後方のアゴが。ピン方向に打てず、グリーン右奥のエッジに何とか脱出成功。これなら最初からオーバーしときゃ良かった(後悔先に立たず)。

 で、ここからの3パットは砂が撒かれて異様に重くなったグリーンを読めずというスキルの低さによるもの。最終のダボ(しかもパー3で)は痛いです。特にK藤君がここをバーディで上がり、逆転されしかも後半37でホールアウトしたのでクヤシイ。

 まあ、こんな内容で良いスコアが出るはずもないけどね。


 今回の13オーバーの内訳は、ティショットのミスが2ストローク、アイアンのミスが6ストローク、アプローチが3つ、3パットが4つ。合計15で、バーディが2個あるので差し引き13。うーんこうして考えるとショートゲームも確かにひどいけどアイアンも酷いな。

 そうそう、5回あったバンカーショットはすべてまずまず。スイング中左膝を動かさいことだけ考えてしっかり振っただけなんだけどそれが良かった。


 でも淡輪はやっぱり素晴らしいし面白い。

15-IMG_0900.JPG

 今度こそアウトで30台を出したいなって思った(←そういうことよりまずは何の変哲もないフラットなフェアウェイから普通にアイアンを打てるようになりましょう)。
posted by hiro at 13:10| Comment(0) | VGA一木会