2013年12月28日

今年最後の更新


 というわけで、皆様1年間ありがとうございました。

 読者の皆様も、
 一緒にラウンドしてくださった皆様も、
 色々と教えてくださった皆様も、
 ライバルとして切磋琢磨した皆様も、
 コンペにご参加下さった皆様も、
 ホームコースに呼んでくださった皆様も、
 ホームの薄暮で偶然ご一緒した皆様も、
 高槻GCの薄暮でご一緒した皆様も、


 どうか良いお年をお迎えください。そして、

1-IMG_0673.JPG


 来年もトホホな私とごる日々をどうかよろしくお願い致します。



 今年の更新は今日で終わります。新年は6日(月)から再開します。

(ドリルB:2030/10000)
(片手打ち:230/10000)
(SS:160/10000)
posted by hiro at 13:11| Comment(0) | 日記

2013年12月27日

雨の予報だったけどラウンド

 昨日はK藤くんのホーム愛宕原。天気は「曇のち小雨一時止む午後遅く本降り」って感じで最後2ホールぐらいしか本格的には降られなかった。寒さもそれほどではなくまあ良いゴルフ日和だった。

IMG_0733.jpg

 同伴競技者はM岡師匠とTWOさん。二人とも上級者でTWOさんは自己ベストの70台が出そうな調子、M岡師匠はもう天上人になられていた(ティショットは曲がらず、アイアンは全てピンを刺し、アプローチはチップインがデフォルト、パターは毎回入りそう、そして謙虚)。

 で、傲慢な私のスコアは。

seiseki20131226.gif

 ざっと見ればパーオン55.6%、バーディが4つ、ダボが1つ、トリプルボギーが1つで12オーバー(西は35じゃなくて36の間違いでしたみなさんごめんなさい)とこの季節にしてはまあまあなんだけど、実はよく見るとトホホがいっぱい隠れている。

 ハーフの距離が2600yと短いのにこのスコアはトホホ

 3パットが5個もあってトホホ

 バーディ4個のうち1個(2回目の東中の)は完全に結果オーライなのでトホホ

 アプローチの超スカタンが4個もあってトホホ

 アイアンがほとんど引っ掛けててトホホ(最終ホールで理由が判明。体のボールの位置が離れすぎてて、スイングがフラットになってたみたい。ライ角もトゥが上がるし、そりゃ引っ掛けるよね)

 コントロールショットがやっぱりトホホ。最終ホール、7アイアンで樹の下を抜くショットがあったんだけど、フルショットと同じイメージ同じリズムとタイミング・・・と思って振ったのにまた頭叩きトップ。ヘッドアップしてるのか。ヘタだ。

 クラブ選択ミスが2回もあってトホホ。1つ目は130yきつい打ち上げ、1番手上げて8番を持つも全然届かず。もう1番手上げるべきだった。2つ目は打ち下ろしアゲンストのパー3。「打ち下ろしとアゲンストは相殺」と考え、距離表示板に107y、その横の立て札に「打ち下ろしが8y」と書いてたので100y打つつもりで50度を持って思い切りショート。おいおい、相殺してないやん。

 最後の詰めがトホホホホホ。最終ホールまでノーOBで来てたのに、最後の最後で打ってはいけない方へ。距離が短いんだからドライバーで不安を感じたら左に行かないクラブを持てばいいのに。傲慢だ。


 でも、いいショットも増えてきてるし、良いアプローチもできるようになってきたし、パットは練習してないし、まあ次回につながるラウンドだったかなと。

seiseki_vs_mattu.gif

 来年はM岡師匠に勝ち越したい!

(ドリルB:2030/10000)
(片手打ち:230/10000)
(SS:160/10000)
posted by hiro at 18:48| Comment(0) | ラウンド

2013年12月25日

2013年を振り返る(成績編その2)

 メリークリスマスとそっとつぶやいてみる。返事は当然ない。そんな今日このごろ,、成績編の続きを書くわたくしであった。

スコアの内訳
image2013seiseki06.jpg

 9オーバーつまりHDCPより良い数字でラウンドできたのが10回に3回(31.4%)、可もなく不可もなくの80台が55%で約2回に1回、そしてトホホな90台が13.7%つまり7回に1回。ざっと1トホホ2ウホホ4普通ってとこか。なのにトホホばかり思い出に残っているのは何でだろう。


スコアの年間推移
image2013seiseki07.jpg

 70台が春と秋に集中、っていうかその時期しか出てない。ひ弱な温室育ちゴルフだからというのもあるけど、暑いときと寒い時に数字残せないのはやっぱり集中力(の欠如)だろうね。


パット数の年間推移
image2013seiseki08.jpg

 秋のごく一時期だけ(1ヶ月半ぐらい?)子がいい時があったんだけど、全然安定感なし。日替わりで乱高下してるのは実力が全然ないってことだね。

パーセーブ率
image2013seiseki09.jpg

 ほぼ月間成績とシンクロしてる。つまり私の場合はアイアンの調子イコールスコアの良し悪しっていう意味合いが強いのだ。パットやアプローチは年間を通じてずっと安定して悪いからね。

スコアの年間合計
image2013seiseki10.jpg

 パーがボギーを上回っているのはいい。バーディ63個もいい。しかしダボが1ラウンドで2個、トリプルボギー以上も約1個ってお前は大叩好助か。

ショットの年間合計
image2013seiseki11.jpg

 パーオン以上が42.5%。ボギーオンが42.8%。負けた・・・・orz っていうかダボオン以上が14.7%はひどいね。それと、パー3で5回に2回しかパーオンしてないのも恥ずかしい。



 総括:アイアンとアプローチとパットとパー3と夏と冬と集中力を頑張ろう。

(ドリルB:2030/10000)
(片手打ち:230/10000)
(SS:160/10000)
posted by hiro at 11:30| Comment(0) | 日記

2013年12月24日

2013年を振り返る(成績編その1)


 次は成績編。

平均スコア
image2013seiseki01.jpg

 過去3年より3〜4ストローク良くなってる。2007年の83.0には届かなかったけど、成績だけを考えれば飛躍の1年だったといえる(アイアンとアプローチはまだまだトホホだけど)。新しいドライバーが合っていたことと、Nプロのレッスンの成果だろう。


平均パット
image2013seiseki02.jpg

 悪くはない。でもそんなに良くもない。目標パット32の赤い線が虚しい。毎日練習してるわけじゃないから、これぐらいで上出来だろうな。


パーオン率
image2013seiseki03.jpg

 去年が悪すぎた(1ラウンドで6個)けど、今年の7.5個/ラウンドも褒められたものではない。アイアンの下手さを象徴するような数字である。


パーセーブ率
image2013seiseki04.jpg

 パーオン率が42.5%でパーセーブ率が48.6%ということは、1ラウンドに1.1ホールの差だから、(寄せワンでパーが取れたホール)−(パーオン3パットのホール)が1ホールしかないことになる。寄せワンが少ないのか、パーオン3パットが多いのか・・・その両方だろうね。

 この差が2ホールぐらいつまりパーオン率が44.4%(18ホール中8ホール)の時、パーセーブ率が55.6%(18ホール中10ホール)ぐらいになればショートゲームの達人といえるだろうか。


月間成績
image2013seiseki05.jpg

 見たとおり。3月から10月が調子がいい。11月から2月がダメダメ。ちなみに6月が高いのはOBが多かったせい。6月の4ラウンドで1ラウンド平均3.5個もOB出してる(年間平均は1.1個)そりゃ平均スコア5つ悪くなって当然だわな。


 明日に続く。明日で終わります。

(ドリルB:2030/10000)
(片手打ち:230/10000)
(SS:160/10000)
posted by hiro at 12:45| Comment(0) | 日記

2013年12月23日

2013年を振り返る(出来事編)

 何もなかったようで色々あった2013年。1月から振り返ってみよう。

1月

 アイアン(MP-64)を購入

 Nプロに本格的に習い、スイングイメージがだいぶ変わる


2月

 ドライバーを買い替え(ツアーチャンプ・クアトロXG + ランパックスタイプS)

3月

 義母と家族でハワイへ。ワイケレカントリークラブをラウンド

4月

 最高に良い調子が続く

5月

 iPingを買うも、2回ぐらいで飽きて使わないようになる

6月

 アプローチで101回目のスランプ

7月

 「オープンスタンスは左足を下げるだけ」と教わる

 右足ふくらはぎの肉離れを経験し、左一本足打法で開眼する


8月

 ジャパンメモリアルの「経済産業大臣杯 全国ペア対抗戦」に出場→玉砕

 第24回VGA一木会を開催


9月

 ホームの名人にカラーからのアプローチについて「練習してたらやりたくなってくるでしょ?」と言われて目から鱗どばー。

 RBZ(ロケットボールズ)ステージ2の#4を購入

 月ヶ瀬CCであったコンペで部外者なのに優勝してしまう。さらにマッツがホールインワン


10月

 「一人予約ランド」を利用してホームをまわってみる

 パターのグリップをスーパーストローク(ミッドスリムライト)に替えてみた

11月

 K嶋さんに「ミステリーツアー」に連れて行っていただく(ストークヒルGC)

12月

 バンカーショットの打ち方を思い出す

 マッツ師匠にアプローチを診てもらって悪いところがほぼ完全に把握できた!!



 今年最大のイベントは、最後の「マッツ師匠〜」である。長く長くそれこそ永遠に死ぬまで続くと思われたアプローチスカタン&恐怖症に光明が差してきた。今は練習していても楽しくて仕方ない。

 昨日も練習していると、いつもの練習場の支配人(?)の人に「だいぶアプローチが柔らかく振れるようになりましたね〜。昔はリズムが変でしたもんね」と言ってもらった。ううう、嬉しいよう。

 今年もあと10日弱、ラウンドは2回する予定。今年の締めくくりに相応しいような、でも謙虚なラウンドをしよう。

(ドリルB:2030/10000)
(片手打ち:230/10000)
(SS:160/10000)
posted by hiro at 13:11| Comment(0) | 日記