2013年09月30日

藍ちゃんの4パット

 先週の女子の試合はミヤギテレビ杯。藍ちゃんがアマチュアで優勝した、彼女にとって特別な試合。そこで最終日14番まで7バーディと怒涛の追い上げを見せ、ついに2位に4打差をつけトップに立った彼女を悲劇が襲う。


 15番、池越えの難しいパー3でピン奥のカラーにこぼす。カップまではマウンドを超えて池へ下り。ファーストパットは大きくショートしてしまう。2.5mぐらい残っただろうか。

 パーパットは逆に強めに狙っていく・・・が、カップをかすめて下り傾斜を転がり、今度は2m近くもオーバー。こうなると次も結果は見えている。登りを打ちきれず、2オン3パットのダボ(エッジからパターで打ったので実質は4パット)。

20130930_ai.jpg
(GDOより拝借)

 この、「下りを打てずショート」→「入れに行って大オーバー」→「気落ちしてショート」という、まるで私のようなスカタンなパットに裏には何があったのか。

 実は藍ちゃん、このホールまでリーダーボードを見ずに来たらしいのだが、15番でラインを読んでいるちょうどその先にリーダーボードがあって、それが目に入ってしまったらしい。それで4打差を知り「ふと気が緩んだ」(本人談)ということらしい。

 つまり、「あと4ホールで4打差」→「楽勝かも」→「じゃあバーディ無理に取らなくていいや」→「っていうか残り全部パーでよくね?」っていう感じ(注:あくまでイメージです)になったんだろうね。はっきりそう思ったんじゃなく、無意識にだろうけど。

 でその結果4ホールで1ボギー1ダボ。らしくないといえばらしくないし、藍ちゃんでもこんなことが起こるゴルフの怖さ、なんて書けば陳腐か。


 男子は男子で、ほぼ優勝を手中に収めていたSJ(・パク)が16番・17番とボギーを叩き自滅。逆にプレッシャーの掛からない最終組の1つ手前でプレーしていて17番・18番と連続バーディだった川村が初優勝。

 やっぱりゴルフはコンペでもマッチプレーでも競技でもプライベートでもニギッてても、マイペースで良いショットをすることだけ考え、自分のHDCP通りのパーおじさんと戦うのが一番ってことだね。

 だから逆に成績だけのことを考えたら「今日は練習だから」「今日はコンペだから」「ここはドラコンホールだから」「今2ダウンしてるから」などと考えないほうがいいってことなんだけど・・・それだと面白くない!!

 コンペだから70台狙おうとか、ドラコンホールだからいつもよりアドレス広めでスイングスピードをあげてとか、今2ダウンしてるから最低でもパーが必要だと自分にプレッシャーをかけるとか、そういうところが面白かったりするからたちが悪いんだよね。

 つまり「喜怒哀楽」を取るか「スコア」を取るか。「レジャー志向」か「競技志向」と言い換えてもいいけど、そう考えるとやっぱりスコアを取るべきだろと。

 日曜日に仕事してるのでクラブ競技に全然出られないという自分の境遇が結構コンプレックスというか我慢の限界というか、もうそろそろクラブ競技に出たい。藍ちゃんの4パットを見て、そんなことを考える今日この頃であった。

(ドリルB:1970/10000)
(片手打ち:120/10000)
(SS:105/10000)
posted by hiro at 19:19| Comment(0) | トーナメント

2013年09月28日

酷すぎるアイアンとアプローチ

 カバンが帰ってきたので成績をアップ。酷すぎてお目汚しですが。

seiseki20130926.gif

 昨日も書いたけど、この1週間ユーティリティを打ちまくったので体がね。腰とかね。キレがね。練習しすぎたらだめって判ってたんだけどね。というわけでアイアンがほとんど思うように打てず。まあ9割ダフってる。何回チョロすんねんと。言い訳だけどね。

 あと、アプローチもね。4回チャックリしてるし。1回出ちゃうと次から怖くて打てなくなるんだよね。病気だね。素振りの時はなんともないのにね。いざ打つときはね。マリオネットみたいな動きになる感じっていうかね。まあ単にヘタなだけだけどね。

 最初の30台もイーグルがあったからで、内容は前半とあんまり変らない。アイアンとアプローチがグズグズだったけど、何とかごまかしながらって感じだったし。

 ダボ3つはアイアンのミス+アプローチミス(15番)、アイアンのミス+バンカーショットのミス(5番)、そしてドライバーのミス(1ペナ)+アイアンのミス。2回ミスしたらダボになるわな。ヘタですな。


 まあ、こういう日もあるってことで。やっぱりおやじになったら練習し過ぎはダメです。っていうか、ウォーキングとか加圧トレーニングとかコアマッスルトレーニングとかが必要?

(ドリルB:1970/10000)
(片手打ち:120/10000)
(SS:105/10000)
posted by hiro at 20:06| Comment(0) | ラウンド

2013年09月27日

月ヶ瀬カントリーで事件続発

 昨日は京都の最南端、三重との県境にも近い月ヶ瀬カントリーである研究会のコンペにゲストとしておじゃまさせていただいた。白ティから6576yと結構な距離があるのにダイナミックなアップダウンがあってしかも狭いという難易度の高いコースである・・・・

IMG_0459.JPG

のだが、この日はもう事件がこれでもか〜というぐらい続発。

・2番めのホールでいきなり、同組のM岡くんが初のホールインワン!!(おめでとう!!)

IMG_0489.JPG

・しかしM岡くん曰く「3日前にホールインワン保険切れてた・・・」

・ボールを拾い上げる瞬間を動画で撮影したつもりが、撮影失敗で写ってない!

IMG_0484.JPG

・16番パー5でドライバー+ユーティリティで2オン、6mのパットを決めて久しぶりのイーグル!

・そんなこんなで前半は39だったものの、後半はアイアンが1発も当たらず(ユーティリティを買って練習し過ぎて体のキレが皆無って言い訳をしておく)ほぼボギーペースの大叩き。

IMG_0473.JPG

・ところがダブルペリアに見事ハマってしまい、研究会のメンバーでないにも関わらず優勝してしまうという顰蹙

IMG_0492.JPG

・それだけでなく、同時進行で行われていたコース主催のハーフコンペでも準優勝し、伊賀牛ももすき焼きセットをゲット

IMG_0491.JPG

・さらに追い打ちをかけるように、コースに財布デジカメ成績表スコアカード等全て入ったバッグを忘れて帰ってしまう(ので今日は成績書けません)。


IMG_0476.JPG


 ラウンド後、弔事があって草津へ。車1台分の幅しかない山道(京都府道62号・783号)を2時間近く掛けて超え、弔事の後は2時間ほど呑み会に顔を出し(車なのでノンアルコールビール)、家が近い3人を家まで送り届け、家へ辿り着いたのが12時前。

 疲れた。

(ドリルB:1970/10000)
(片手打ち:120/10000)
(SS:105/10000)
posted by hiro at 19:00| Comment(0) | ラウンド

2013年09月25日

小田孔明のアプローチ

 ANAオープン3日めを見ていての一コマ。あるホールで小田孔明がグリーン奥の左足上がりのラフからアプローチする状況があったのだが、それを見ていてん?って思った。

oda_approach.gif

 このあとフォローをほとんど取らず、柔らかくふわっと上がる球を打ってたんだけど、日頃から、

「短い距離のアプローチショットで、インパクトまで加速させてるにも関わらずなんでインパクト直後に壁に当たったみたいにクラブが止まるんだろう」

 つまりヘッドの勢いが何によって止められるんだろうと。それをずっと左手のコックとアンコックだと思っていたんだけど、上の小田のアプローチを見ていると、

右手(肘)が曲がる→伸び切ることでブレーキが掛かる?

 のも関係してるような気がするんだよね。

 もちろんプロのスイングの一部を見てわかったような気になるのは危険だけど、フルショットならともかくアプローチの場合は体の動きと意識のシンクロ率も高いだろうし。


 で、実際に練習場でやってみた。具体的には

(小田孔明っぽく)コック早めで右肘曲げて伸ばす

 するといい感じじゃないですか。打って終わりなのでボールを上げようとする悪い癖が出にくいし、クラブが上から入るし、加速もするし。うん、このイメージ、

itadakimasita.jpg

 ゴルフのセンスもある種のspecだね。持ってないけど。

(ドリルB:1970/10000)
(片手打ち:120/10000)
(SS:105/10000)
posted by hiro at 10:16| Comment(0) | アプローチ

2013年09月24日

RBZ(ロケットボールズ)・stage2(ステージ2)・#4

 思い立ったが吉日というか、ちょっと大きめの中古ショップへ行って見つけたのでつい。

IMG_rbzstage2.jpg

 買ってしまいました。テーラーメイド・ロケットボールズ・ステージ2・#4。22度。シャフトはKBS。#5の25度はフェースがだいぶ左向いてる感じだったのでまあ大は小を兼ねるっつー感覚で。

 で、実際に打ってみると、ティアップした時はキャリー190yで合計200yって感じで少し飛びすぎる。でもマットの上からだったらキャリー175yラン15yぐらい(注:あくまでイメージです)なので、ちょうどいいかなと。

 つまりティショットでは左へ行きがちな7Wの代わりに、フェアウェイからは打てない3アイアンと抜けてる4アイアンの代わりになると。これはいい買い物をしたぜ(注:あくまで希望的観測です)。

 あともう一つ。ティショットで低い球を打ちたいとき(注:あくまで願望です)、今までは5Wを短く持ってちょっと特殊な打ち方で対応してたんだけど、このユーティリティでも同じ打ち方で190yのライナーが打てる(注:うまくいった時の話です)。っていうか5Wより打ちやすい。これは嬉しい誤算だ。


 これで当分クラブを買う必要はないな。ちょっと残念だけど。

(ドリルB:1970/10000)
(片手打ち:140/10000)
(SS:105/10000)
posted by hiro at 18:10| Comment(0) | 道具