2013年01月15日

ニュースイング(その1)

 もう1月も半ばである。月日の経つのは速い。

 関東という世間では爆弾低気圧などという物騒なものがやってきて首都機能を麻痺させたり新成人のお尻に青あざを作ったりしているわけだが、ここ大阪では雨が降るだけでしかも午後からは小降りになり、というわけで私は練習へ。って14日の話ね。


 ニュースイングは前も書いた通り短いクラブならまずまず、でも長くなればなるほど確率が下がる。ドライバーが一番ダメ。っていうかそもそもニュースイングについて書いてなかったですかですね>俺。そりゃイカン。もう間違いなく結果が出てるので書こう。


 Nプロに見てもらって最初に言われたのは、

「アドレス・バックスイング・トップ・切り返し直後まではまったく問題ない。しかし、ハーフウェイダウンで右腰が前へ出てクラブが降りてくるスペースが無くなってるので、無理矢理インパクトを作ったり外からこすったり手首を使って引っ掛けたりとありとあらゆるミスが出る。よって、ダウンスイング開始を左腰を後ろに引くことで始めて下さい」

 そうなのである。腰の動かし方というか回し方が間違っていたのだ。

hipturn01.gif

 これが今までの腰の動きを(だいぶ大げさに)示した模式図。腰が前方へ移動していた(トホホ)ので、クラブが降りてくる場所がなくなって当たり前だしインサイドからクラブを下ろすなんて絶対無理だよね。つまり、今までは腰骨を中心に腰を回転させてたつもりが右腰を前へ押し出してたっていうことだ。で、これをこう替えた。

hipturn02.gif

 新しいイメージとしては左腰を後へ引く感じ(赤矢印)。これ、やってみると、スゴいへっぴり腰でインパクトしてるような感じになるんだよね。野球でバッターがインサイドにスライダーを投げられ、お尻を後へ突き出して避けるようなイメージ。

 でも実際にこの動きをしてみると、いわゆる懐が広くなってクラブヘッドがキレイにボールに向かって降りてくる。しかもマットを擦る音が大きく、そして長くなる。つまり分厚いインパクト&ダウンブローになってるってことだ。

 で、きちんと当たれば今までより1番手飛ぶ。PWで120y、9アイアンで135y。つまりドライバーで270y飛ぶってことだ。まああくまできちんと当たったらだけど。


 ただし、この腰のイメージだけではとんでもなく左へ引っ掛けてしまう事があった(最初のレッスン後のラウンドね)。で、2回めのレッスンでそれを先生に伝えると、私がとんでもない間違いをしている、もう一つ重要なことを教えてくれたのであった(続く)。

(ドリルB:1812/10000)
(アプローチ:7730/10000)
(素振り:890/10000)
posted by hiro at 19:23| Comment(0) | レッスン