2013年01月22日

一番大事なこと(毒舌あり)

 今日はゴルフの話題はなし。

 大阪では今、ある市立高校をめぐって世論が二分している。連日大きなニュースとして報道されているのでご存知だと思うが、かいつまんで事件の内容を書いておくと、

 桜宮高校の体育科(スポーツの特化した学科でクラブ活動が必須)で、バスケットボール部のキャプテンが顧問から執拗な体罰(数十回殴られる)を受け、精神的にも追い詰められて(殴られるのが嫌ならクラブをやめろ=退学しろ)自殺。

 この事件を受け、市長の橋下徹氏が事件の究明と「校長・教頭・体育科の全教員・クラブ顧問の総取っ替え」を教育委員会に提案、しかし教育委員会は具体的な改革案を出さず。

 当事者意識のない教育委員会に対し、市長は今度は「体育科の入試中止」を示唆(権限はないが、予算執行を停止するという手段に出ると言明)。

 入試中止について直前なので混乱が激しいと教育委員会が反発するも、結局「普通科」として受け入れる(受験科目などは以前のまま)と決定。

 この一連の騒動に対し、マスコミはNHKはじめほとんどの民放も雁首を並べて橋下市長を攻撃。さらに体育科の受験生、その親、果ては在校生まで橋下市長を攻撃。
←今ここ


 まだクソのような体罰教師が生き残っていたということにも驚きだが、それを許してきた保護者や学校に対しても開いた口が塞がらない。

 今回の騒動も、根底ではマスコミによる「橋下叩き」が存在するため、ニュースを見たり新聞を読んだりしているとほぼ全局が「橋下が悪い」と叫んでる。「ここって北朝鮮?」と思うぐらいの偏向報道にもう寒気がするぜ。特に大阪のニュースは酷いでっせー。読売テレビのten、お前のことだよ。


 ほとんどのマスコミ、そして教育委員会のバカども、中学の校長会会長などは「入試中止」は影響が大きすぎる、受験生の気持ちを考えてない、在校生も傷つくなどと的はずれなことばかりぬかしている。もうね、阿呆かと。一番大事なことは何か。

高校生が一人、教師によって殺されているのである。

 その原因究明、対策、改革もなさずに生徒を受け入れるって、お前ら頭に虫でも湧いてるのか?マスコミは橋下を叩くのが社是だろうからまだしも、教育委員会は自分の腹切らなあかんぐらいの話じゃないのか?なのに、まったくの他人事で反省のはの字もないようだ。

 特に教育委員長は自分の保身しか考えてないとしか思えない言動。「俺の任期の時に死にやがって迷惑な」ぐらいにしか考えていないんだろう。でないと記者会見でヘラヘラ笑えるはずがない。

 中学の校長会会長も「受験取りやめ」に反対。自分の教え子を「人殺しのいる学校」に行かせたくて仕方ないらしい。すごいねー。快楽殺人者と同じ思想である。

 受験生はまだ子どもだから正常な判断ができなくても仕方ない。確かにある意味被害者だろう。半年前や1年前から部活の強い桜の宮を目指していて、それがいきなり中止と言われるのは残念だろう。でも、人殺しのいる学校にそんなに行きたいのかお前ら?自分だけは大丈夫なんて思ってるのか?そういうやつに限ってひどい目にあうのが世の中ってものなんだぜ。

 あと、一番良くわからないのが受験生の親。たぶん受験中止に反対しているのはごく一部だと思う、思いたいのだが、人殺し教師に我が子を預けたいという気持ちがどう考えても理解できない。お前はレミングか?淘汰されたいのか?

 我が子が受験できないと悲しんでたら、そこで命についてきっちりと話をしてあげるのが正しい親のあり方じゃないのか?「入る前にわかってよかった」「ひどい学校に行かなくなってよかった」と言ってあげるべきじゃないのか?それがわからないこういう親は、きっと他人を殴っても何の痛みも感じない欠陥人間なんだろうな。


 「いや、今までのシステムで桜宮高校は上手くいってたじゃん。たまたま傷つきやすい子が一人自殺したことで全ての教育方針が間違ってるとは言い切れないのでは?」というバカがいると思うので論破しよう。

 桜宮高校で行われてきた事は「スポーツはどんな手段を使っても勝つことが絶対正しい」「勝負に手段は選ばない」「叩かれても勝ったほうが勝ち」「ついてこれないクズはやめてもらって結構」ってことだよね。これは教育などではない。戦争(軍隊)の考え方である。

 こうやって育てられた勘違い馬鹿はどうするか。他人を蹴落としたり、勝つためにスコアを改ざんしたり、審判が見ていない所でズルをしたり、そしてもし教師になったら人を叩いて教育するようになるのだ。つまり、教育でもなんでもないし、逆に人間のクズを育てるだけの作業だし、今根本的な改善をしておかないと10年後、15年後にまた犠牲者が出ること間違いなし。


 育てられている高校生には罪はないと思う。さっきも、「桜宮高校の運動部の元キャプテン7人」が出てきて(顔を隠して)マスコミの前でインタビューしてた(こんなことは高校生単独でできるはずがないので、きっと影でセッティングした黒幕がいるに違いないのだが)のだが、まるで洗脳されているかの如く「学校の擁護」「先生の擁護」「橋下市長への攻撃」「自分たちが被害者」と繰り返す。

 発言を全部聞いたわけじゃないからあれだけど、友が一人死んでるのに先生をかばう子どもたちを見て、完全にマインドコントロールされてるなと思ってまさに背筋が寒くなった。


 たかが部活と、命と、どっちが大事なのかも教えられない高校(国)って一体何なの?


(ドリルB:1812/10000)
(アプローチ:7850/10000)
(素振り:900/10000)
posted by hiro at 19:11| Comment(0) | 毒舌

2013年01月21日

「分かった」は・・・

 Nプロに習ってから、自分のスイングの改造に取り掛かっている。そしてやるべきことはおぼろげながらも分かった。しかし私は知っている。

「分かった!は分からんの始まりである」

ということを。この「分かった」という状態は、近い将来間違いなく霧のように消えてしまう。その「分かった」は消えてしまう序章というかきっかけというか、つまり分かったから分からんようになるのである。って言いたいこと、判る?

 「分かった」が「分からん」にならないようにするためには、「分かったこと」が「普通の状態」になるまでつまり無意識でできるまで練習をしないといけない。これがまた口で言うのは簡単だけど大変なんだよね。


 昨日またNプロに見てもらい、「腕を振る」というのと「左腰を引く」という2点以外の注意点を教えてもらった。それはフォローで腕が出て行く方向(と左腕の使い方)の間違いだったんだけど、いくら教えてもらった場所に振ろうと思っても全然うまく振れないんだよね。体が思うように動かない。

 まあ考えてみれば当たり前で、間違った形で40年間振り続けてたんだから、それを5分や10分で直せるはずがない。例えるなら自転車にずっと乗ってた人間がいきなり一輪車に乗るようなもので、一輪車にしか無い乗り方のコツというのをこれから構築していかないといけないのである。

 そして、こういう運動能力には純然たる個体差があり、30分で一輪車に乗れるものもいれば半年練習しても乗れない者もいて、私はどちらかと言わないでもはっきり後者であると断言できる。


 しかし、半年かかろうが10年かかろうがそれをやり抜かないと私に未来はない。っていうか、90を切るか切れないかで終わってしまうのはあまりにも悔しい。もう時間はあまりない。でも、間違ったスイングでゴルフを楽しめるような気持ちを、私は残念ながら持ち合わせていない。


 まずは2週間。とにかく30yのアプローチと左肘の矯正だ。


(ドリルB:1812/10000)
(アプローチ:7850/10000)
(素振り:900/10000)
posted by hiro at 18:35| Comment(0) | 練習

2013年01月19日

ダボの構造

 昨日の写真でお分かりの通り、今回は大阪ゴルフクラブ淡輪でのラウンド。去年5月(と11月)は不本意なラウンドだったのでそのリベンジをしましょうというK見師匠の発案で知り合いに声をかけたら、4組15名も集まった。みんなよっぽどここで痛い目に遭っているようである(笑)。

 ところでK見師匠とM岡くんとN谷くんに業務連絡。ラウンドした日の昼食時、「ここで70台で回ったことがある」などと言っていましたがそれは大嘘でしたごめんなさい。ホントは「インで30台を出したことがある」が正しい内容でした。訂正してお詫びします。



 さて今回のラウンドを振り返ろう。ドライバーショットは半分がプー。体の動きばかり気になって気持よく振れないし芯に当たらない。まあ改造中だし仕方ないけど。アイアンは70%が許容範囲って感じ。でも縦の距離がいまいち。思ったより飛ばないのは合わせてるのか季節のせいか微妙。

 アプローチはチャックリが2発。でもだいぶイメージが出るようになってきた。今までとまったく違う打ち方だから不安なんだよね。しかしそのかわりバンカーショットのフィーリングが悪くて7回中3回もミスした。

 パットは論外。39パットじゃあ何を言っても言い訳になっちゃうけど、芯に当てることだけ考えて打ったらショートしたり、まっすぐ強めに打ったら引っ掛けたり。でも高速高麗グリーンはほんとに面白い。順目の下りとか11フィート以上出てるんじゃあない?というのは数々の高速グリーンをラウンドしてきた師匠の弁。



 あと、大叩きホールの反省点を。と言ってもいつもと変わらないんだけどね。

13番のダボはティショットをプッシュスライスOB。13番は馬の背になったフェアウェイに斜めにティショットを打っていくホール(下写真)。左端なら190yで突き抜けて谷底だし、逆に右バンカーの上は220yキャリーでないと超えない。ここは200yで刻むのが正解だね。
IMGP0076.JPG

 16番パー3は精神的なミス。左から風がきていて、私より前に打った2人が2人とも思った以上に右へ持っていかれたので、グリーン左端を向いて立つ。ここまでは良かった。しかしスイングを開始した時、半ば無意識で左へ引っ張っちゃった。左向いて左へ引っ張ったらそりゃあいくら風が吹いててもダメだわな。

 2番。フェアウェイに木が生えてて、左は崖(セーフ)、右はOBと難易度の高いパー4。ここではレギュラーティからの平均スコアが6といつも大叩きしてるので、本気でボギーを取りに行った。即ちティショット5アイアン、2打目7アイアン。ここまでは完璧。で3打目バンカー越えのピンまで残り100y、50度でピッタリのはずだったんだけど10yショートしてバンカーしかも超目玉。またダボ。なんで1割も飛ばないかねえ。振り抜きが悪いんだろうなきっと。

 3番もランドマーク的なパー4。これはフェアウェイの2.5打目地点からの眺め。 
IMGP0103.JPG

 ティショット左ひっかけラフ。2打目無理せず残り70y地点まで。そこから今日2発めのチャックリ(ダフリ)、4オン2パットダボ。

 さらに4番。ティショットはまたしても左バンカー。バンカーからホームランして右サイドのカート道へ。法面にドロップして一番反対側にオン。そこからの3パットはまあ仕方ない(マウンドの頂点にカップが切ってて超速いグリーンだからね)。ここのミスはティショットをバンカーに入れたことだね。
IMGP0105.JPG

 とまあそんな感じですわ。


(ドリルB:1812/10000)
(アプローチ:7750/10000)
(素振り:890/10000)
posted by hiro at 13:41| Comment(0) | ラウンド

2013年01月18日

「コースででき」なきゃ意味がない

 まあ、毎回書いてるけど、「判った」と「できる」の間には深い深い溝があるわけで。しかも「コースでできる」となるとまた話が変わってくるわけで。

特にこういうところへのティショットとか、
IMGP0073.JPG

こういうところへとか。
IMGP0076.JPG

これで海風が吹いているとか。
IMGP0082-002.JPG

こうやって見るとゴルフ場って広いんだけどね。
IMGP0100-001.JPG

遠くから見てるとほんとに打つべき的が小さい(右端になにか写っていますが気にしないでください)。
IMGP0102.JPG

ここなんてもう打つ前から悪いイメージしかわかない。
IMGP0110-001.JPG

上のホール、岡を超えるとこんなに美しい景色が広がってるんだけどね。
IMGP0112.JPG

某アマチュアゴルフ選手権決勝に出場のM岡くんでさえがっくりと肩を落とすプレッシャー。
IMGP0116.JPG

で、結局ボギーペースですら回れなかった自分がいるわけですよ。いやでも、だからゴルフは面白い。
seiseki20130117.jpg



(ドリルB:1812/10000)
(アプローチ:7750/10000)
(素振り:890/10000)
posted by hiro at 19:18| Comment(0) | ラウンド

2013年01月16日

ニュースイング(その2)

 左腰を引くだけでは左へ派手に引っ掛ける。Nプロにこう訴えた2回めのレッスンで、私はさらに衝撃の事実を知ることになる。Nプロは私のその問いに対しこう答えた。

「それは腕が振れていないからです。もっと腕を振りましょう」

 何だかデジャブが。そう、12月24日に書いたことは正解だったのだ。



 「腕を振る」とはどういう事か。初心者を除き多くのアマチュアは「ボディーターン」「腰を切る」「体で打つ」「手打ちはダメ」という言葉を鵜呑みにしスイング時に過度に体を使う。その結果どうなるか。腕がついていかず、よってクラブも降りてこず、結局振り遅れてスライスになるのである(私のことだ)。

 「いや俺はスライスなんて出ないし。フッカーだし」という人もいると思うが、そういう人の場合は手首で無理矢理左へ持って行ってるらしい。だからタイミングが合わないととんでもないひっかけ球が出るし、球筋がいつまでたっても安定しない(私のことだ)。

 腕が振れてないと、フェースが開いてスライスする、肩が開く、上半身と下半身の捻転差ができないので飛ばない。そう考えると、私が今まで星の数ほど打ってきたミスショットはそれが原因だったのだろうきっとたぶん。

CIMG00304.jpg

 これなんてもう典型的だよね。グリップが体を追い越してるのに、まだクラブヘッドはインパクトを迎えてない。肩は思い切り開いてるし。これでは真っ直ぐ飛ぶほうがおかしい。あ、

だから球を相当左へ置かないと打てなかったんだ俺。


 腕を振るということは逆に考えると「上半身を(ねじれを解かないよう)粘る」と言うことにもなるわけだが、体に注意が向くと腕を振るのが疎かになると思うので、やっぱり腕を振る(トップの位置から下ろしてくる)ことを考えようと思った。

 あと、「腕を振る」と考えると何だか手打ちみたいで良くないイメージがあるけれど、「腕打ち」と「手打ち」は似て非なるものだそうだ。これは多くのアマチュアが誤解している店とのこと。そう、今年は、


へっぴり腰で腕を振る


これで上達間違いなし。たぶん。


(ドリルB:1812/10000)
(アプローチ:7730/10000)
(素振り:890/10000)
posted by hiro at 18:21| Comment(0) | レッスン