2012年07月31日

不思議

 両足を固めて打っても、2球に1球はダフるかトップする。

 両ひざを遣うように打っても、2球に1球はダフるかトップする。


 手首をやわらかく使っても、2球に1球はダフるかトップする。

 手首をガチガチに固めても、やっぱり2球に1球はダフるかトップする。


 グリップを強めにして打っても、2球に1球はダフるかトップする。

 ゆるゆるグリップで打っても、2球に1球はダフるかトップする。


 ボールを凝視しても、2球に1球はダフるかトップする。

 肩の力を抜いて適当に打っても、2球に1球はダフるかトップする。


 右脇を閉めて打っても、2球に1球はダフるかトップする。

 両脇を閉めて打っても、2球に1球はダフるかトップする。


 近くに立って打っても、2球に1球はダフるかトップするかシャンクする。

 ちょっと遠くに離れて打っても、2球に1球はダフるかトップする。


 左肩支点で打っても、2球に1球はダフるかトップする。

 右肩支点で打っても、やっぱり2球に1球はダフるかトップする。


 インに引いても打っても、2球に1球はダフるかトップする。

 アウトにあげて打っても、2球に1球はダフるかトップする。


 フェースローテーションを気にして打つと、3球に1球はダフるかトップする。

 しかしフェース面ばかりに気を取られると、手打ちになって2球に1球はダフるかトップする。


 上げて下ろすだけの感覚で打っても、2球に1球はダフるかトップする。

 かといって、トップから腰で加速させて打っても、2球に1球はダフるかトップする。


 右手首の角度を変えないように打つと、3球に1球はダフるかトップする。

 でも、そこに気をつけ過ぎると、空振りに近いトップをする。



 左手一本で打つと、5球に4球はダフルかトップする。

 右手一本で打つと、4球に1球しかダフるかトップしない。



 トイウワケデ、コレカラ、ワタシハ、ミギテイッポンデアプローチシマス。


(ドリルB:1470/10000)
(アプローチ:6200/10000)
(素振り:550/10000)
posted by hiro at 19:29| Comment(0) | 練習

2012年07月30日

温故知新


ショットもアプローチも、バックスイングで

しっかり左手伸ばす(ショートスイングテイスト)
しっかり肩回す(同上)
きちんとフェース開く(30yドリルテイスト)


 まだまだ。

(ドリルB:1470/10000)
(アプローチ:6050/10000)
(素振り:550/10000)
posted by hiro at 09:50| Comment(0) | 練習

2012年07月28日

2日連続ラウンドの結果を一応アップするけど、

image2311.jpg

image2411.jpg

 数字の裏にとんでもなく酷い状態が隠れているわけで。まだまだ心の疲れが取れるまで時間がかかりそう。

 しばらく休みます。

(ドリルB:1450/10000)
(アプローチ:5850/10000)
(素振り:540/10000)
posted by hiro at 18:27| Comment(2) | ラウンド

2012年07月27日

がっかり。

dq_taste.jpg

ちょっとアプローチを練習して、今度こそ!という発見をして、分かった気になってた。けど、

dq2.jpg

それどころか、

dq4.jpg

僕はもう心底疲れたよ、パトラッシュ。
posted by hiro at 19:08| Comment(0) | 日記

2012年07月24日

ジ・オープン帰趨

 いまさら全英オープンのことを書いても夜明けの繁華街みたいでいと寂しって雰囲気が否めないんだけど、一応。ちょろっと。

 多くの人が書いてるけど、アダム・スコットは16番の3パットで歯車が微妙に狂ったんだろうね。その時点ではまだ2打差あったけど、3打差と2打差は全然違うし。

 パットという彼の一番弱い部分から崩れて、そこから波及して17番ではセカンドショットが、そして最終ホールではあれだけ完璧だったティショットもミス。まさに絵に描いたような自滅。バンデベルデ程じゃないけど。4連続ボギーって・・・遼の2日目5連続ボギーを思い出す。

 修羅場をくぐっていないひ弱さ?って言ってもアダム・スコットは世界で14勝もしてるしね。WGCも勝ってるし。メジャーの重さなのかなあ。

 でもまだまだこれからの選手だもんね。32歳だったらこれからが全盛期でしょ。超一流プレイヤーってのはこういう事(悔しいこと)が何度もあるから逆に強くなるんだしね。スーパーサイヤ人みたいに(笑)。


 優勝したエルスの素晴らしさはもう書き尽くされてるけど、勝ってまず第一声が「アダムに会いに行ってあげなくちゃ」だったのはもうなんというか彼の人間的素晴らしさがにじみ出すぎて恐いぐらい。世の中に、メジャーに勝つという人生の目標の1つを達成した直後、最初に敗者のことを気遣う人間がいったい何人いるだろう?

 あ、なでしこジャパンの宮間あやが居た!(笑)



 それはともかく、こういう思いやりはの心はやっぱり、彼の息子ベンくんが逆にエルスを支えてるからだろうな(息子さんが自閉症でエルスは自閉症を支援する活動をずっと続けている)。





 スポーツの素晴らしさ。「良き敗者たれ」という言葉はあるが、「良き勝者」になることもまた難しい。あ、今、俺、なんかスゴく良い事言ったな(←こんなヤツは絶対良き勝者になれない)。


 とにかく、いい全英だった。残念なことはアダム優勝を信じて途中で寝ちゃったことぐらいかな。次の日公式ウェブ見て「ええええ〜〜〜!!」って思ったもん(いい意味で)。でも、中年オヤジが頑張る姿はいいもんだ。ところで日本男子ツアーってどうなってるの?夏休み?


(などと憎まれ口を叩いている私自身が明日の日記をお休みします。ホントにヒドい奴だ)

(ドリルB:1450/10000)
(アプローチ:5550/10000)
(素振り:540/10000)
posted by hiro at 11:47| Comment(0) | トーナメント