2020年01月28日

V字アプローチ


 話は前後するが、25日の土曜日、自宅近くの練習場(打ちっぱなし)へ。そこで、

ウェッジのコントロールショットの打ち方が分かった。(今までわかってなかった、というか間違ってた)

 きっかけは先日のレッスンで球を上げようとする悪癖を矯正するため

「球からだいぶ離れて立ち、ハンドダウンしてトゥを浮かし、球を右足寄りに置き、ハンドファーストに構え、インパクトで終わり」

 という打ち方を復習していた時の事。この構えでこの打ち方だと球をすくい上げるのは不可能だ。で、このショット(アプローチ)を何球も打っていると、突然ひらめいたのだ。

腕とシャフトの角度をキープしつつV字に振ればうまく打てる

ということに。

shaftangle.jpg

 つまりグリップが縦方向に絶対に緩んではダメなのだ。
 
 そうすると、振り方も変わってくる。今までのイメージは右から左へクラブヘッドを動かすイメージ。でも、それは間違いで、

上(トップ)から下(球)にヘッドを動かし、インパクト以降は地面にあたって跳ね返る感じ。

 あるいは、

クラブのヒール側のソールを地面でバウンドさせるイメージ。


 この打ち方だと、今までできなかった色々なことができる。スピンが掛かる(うまくコンタクトしたら、だけど)。そして、

app_tom.jpg

 いくらやろうとしてもできなかった、この形のフィニッシュが取れてるような(気がする)。あとは練習あるのみ。まあ3年ぐらい掛ければこの打ち方をマスターできるだろう。
posted by hiro at 11:27| Comment(0) | アプローチ

2020年01月27日

1月の月例競技


 1からやり直しの身としては月例などに出てる場合ではないのだが、とりあえず、

 ティショットは当てて終わりのインパクト重視ショットで。基本スプーン(か4W)。ドライバーは数ホールのみ

 フェアウェイからは全球、球を右に置いてパンチショット

 ショートアプローチも左一本足打法で転がし、あるいはV字アプローチ(後述)


 でどれくらいの数字で回れるのか試してみたのだが、なかなか難しかった。まあ最初からうまくは行かないよね。



 インパクト重視のティショットは芯に当たる確率こそ高かったが軌道が低く、雨上がりのフェアウェイでランが全然出ず距離が落ち、スプーンやバフィーだと200y少々しか飛ばないことが幾度かあり、必然的に2打目の距離が残り、寄らず入らずのボギーがデフォに。

 パンチショットのアイアンも確率がまだまだで、やっぱりダフってしまう。うまく打てた時でも基本はラン込みの計算なのでグリーン手前が雨で柔らかかったり受けてたりするとランが全然出ずショート、ミドルアイアンだと球が強すぎてオーバー、特にラフからだとスピンが入らないのでうまく打てても奥へこぼれる、ということが何度も。

 ショートアプローチは25yまでは56度、40yぐらいまでは50度で転がしたんだけどこの日は(この日も?)全然距離が合わず、ショートばっかり。あと、V字アプローチ(明日の日記参照)も何度か試したけど、事故の確率は下がるしすごく上手くいく時もあるけど距離感がまだ全然掴めてないのでスコアに結びつかず。

 極めつけはパット。いつもよりちょっと重いグリーンに対応できなかった。ひどかった。朝30分ぐらい練習したんだけどね。


前半は松コース、3370y。

 1番パー4、ティショットドライバー◯、2打目6アイアン◯もショート、アプローチ寄らず△ボギー。

 2番パー3、ユーティリティのティショットは右手前△、2打目バンカーショット◯、2パットボギー。

 3番パー4、ティショット4Wは右プッシュ△、2打目4アイアンダフり✕、3打目ラフからのウェッジ60y○もオーバー、4打目パターで寄らず2パットダボ。

 4番パー5、ティショットスプーン左ラフ△、2打目レイアップも左ラフ△、3打目6アイアンでパーオン◯、2パットパー。

 5番パー4、ドライバー◯、2打目6アイアントップ✕、3打目ウェッジ50y◯、1パットパー。

 6番パー3、ティショット8アイアン◯もショート、一本足アプローチはオーバー△、入らずボギー。

 7番パー4、ティショットスプーン◯、2打目8アイアン◯今日イチでピン下4m、1パットバーディ。

 8番パー5、ティショットスプーン◯、2打目4W低い球で◯、3打目残り140yを7アイアン✕はダフって25y手前、一本足アプローチはショートさせて△で2パットボギー。

 9番パー4、3Wのティショットは打ち上げのため普通に打とうとしてダフリチョロ✕、2打目4Wは右に30y△、3打目PWで砲台グリーンへワンクッション、最高にうまく打てて◯、1.5mのパーパット、緩んで痛恨の3パット。


後半は竹コース、3325y。

 1番パー4、ティショットドライバー◯、2打目7アイアン◯もグリーン手前の受け傾斜で止まり、ユーティリティのアプローチはパンチが入って✕、グリーンオーバー、奥からもユーティリティで寄らず✕、2パット素ダボ。

 2番パー3、ティショット5アイアンわずかに右でバンカーイン△、バンカーショットは◯も2パットボギー。

 3番パー4、3Wはフェースの先に当たる△もコースなりのフックで結果オーライ、2打目5アイアンは思い切りダフリ✕、3打目45y、ウェッジV字ショットで狙うもショートして乗りさえせず✕、4オン2パットダボ。

 4番パー5、ティショット3Wはへっぽこプッシュ✕で右ラフ、2打目4Wは良い当たり△ながら木に当たって幹の真下へ。3打目は叩き出すだけ、4打目ダフる✕。5打目6アイアンは良い当たり◯も球が低すぎてすぐ前方のマウンドにあたりショート。6打目アプローチ寄せきれず△、2パット。素トリプルボギー。


 このあたりで集中力が切れる。

 5番パー4、ティショットドライバーはへっぽこスイングで右プッシュ✕、2打目ベアグラウンドから6アイアン、ほぼ完璧な当たり◯は完璧すぎてグリーンオーバー。ティフトンのラフから良いアプローチ◯で2mに付けるもそこから3パットしてまたダボ。

 6番パー3、ティショット5アイアン、軽くダフって△右手前ラフ、ティフトン越えの30yをV字アプローチでうまくオン◯、でもパット入らずボギー。

 7番ティショットスプーン◯、やや右プッシュでラフ。2打目ユーティリティは△でグリーン左手前ラフ。3打目一本足アプローチはちょっとショートさせ△、2パットボギー。

 8番パー5、ドライバーのティショットは悪い癖が出てフェースの下✕、2打目つま先上がりのラフから4W、思い切り引っ掛け△、3打目ベアグラウンドから95y、50度でグリーン手前へ◯、アプローチまた5mもショート✕、2パットボギー。

 最終ホールはドライバー、ヒール引っ掛けスライス✕で左ラフ、2打目左足上がりのライからの8アイアンは盛大にダフリ✕、3打目一本足アプローチはキャリーが足りず乗らず✕、4打目で乗せて◯1パットボギー。



 ティショットはドライバー◯が3も✕が3。3Wか4Wの場合◯が3、△が3、✕2。結局どっちでも変わらない。フェアウェイウッドはOBにならないという安心感があるけど、ミスしたときにドライバーより20〜30y飛ばないので2打目の距離がいつもより残り、ボギーの確率が高くなる。距離の長いホールはドライバーで打ったほうがいい(当たり前である)。

 あと、「パー5でドライバーがOBになるのをスプーンで回避してパー5の平均スコアを上げる作戦」は前半の松では成功したけど3打目が6アイアンと7アイアンだったからやっぱりリスクがあるし、後半竹の4番では飛ばない上に右へ行ったので結局そこから無理してトリプルボギーとか打ってるので策士策に溺れるだった。

 アイアンのパンチショットは◯8、△4、✕6という結果に。普通に打ったときよりちょっとだけ◯が多い感じだね。ミスがほぼダフリなので、きちんと対策すればなんとかなるかも。

 ロングレンジ(50〜70y)のアプローチはすごくうまく打てた。2回打って2回とも狙い通り。球を右へ置くダウンブローが必須ってことか。

 しかし15〜50yのショートレンジは最低。まあV字アプローチは前日発見したばっかりだから距離感とかのレベルではないので仕方ないとしても、一本足のほうが全部ショート。っていうかスピンがまちまちっていうか。ま、そんな日もあるか。

seiseki20200126.jpg

 スコアはダメダメだったけど、明日への希望が持てる内容だった、と思いたい。
posted by hiro at 18:02| Comment(0) | 競技

2020年01月25日

今年最初(通算24回目)のレッスン


 驚愕の事実とはなにか。まあほぼ予想はついてるだろうけど、レッスンを受ける前の悪いスイングにほぼ戻ってたというベタなもの。

 右肩が下がる&上半身が突っ込む。だからボールがフェースの先の方に当たる。そして球が捕まらない。

 バックスイング・ダウンスイングとも体重移動ができていない。だからダフる。

 ボールとの距離が近い。だから窮屈になって前傾姿勢が保てない。

 さらにグリップが浮く。腕とシャフトの角度(手首)がキープできてない。

 球をあげようとしてハンドファーストのインパクトができていない。

 そうなのである。1ヶ月サボっただけで、1年間の苦労が水の泡。1年前に逆戻り。◯万円と百時間以上の練習がドブの仲。元の木阿弥。ショックだ。


 で、直してもらった要約がこちら。

・ボールとの距離を取る(今より10cm以上離れる)

・ハンドダウン、ハンドファーストのアドレス(トゥを浮かすぐらい)

・(矯正するため)ボールはやや右へ置く

・バックスイングで右へ100%体重移動

・インパクトで終わり、インパクトに向かって加速

・手首を柔らかく使って、クラブのしなり戻りを使う(でんでん太鼓)

・打った後の左手はしっかり伸ばす

・親指方向(上)へのコックをキープしたまま、横(手のひら方向)のコックを(軽く)入れる


 最後のコックは普通はいけない動きと言われているが、私の場合、手首のコックにおかしな動きが混じっていて、それでクラブが暴れるそうだ。つまりは、

 クラブのしなり戻りが使えるような、自然なコックが必要

だということだろう。一番近いイメージは、

 左手の甲がずっとスイングプレーンに垂直である

というイメージが近いかも。


 また1からやり直しである。やれやれ。
posted by hiro at 09:36| Comment(0) | レッスン

2020年01月24日

別の意味で「ゴルフ漬け」の1日


 昨日。月に一度の仲間内のコンペであるGB月例の予定だったんだけど。御存知の通り朝から雨。冬の雨ということで、ラウンドは中止。私は行く気満々だったんだけど、多くのメンバーが私より一回り以上年上だからね。元老院には逆らえない。私なんて事務方だしね。

 しかし今週末は月例(これも雨の予報だけど)だし、先週の日曜日は用事で薄暮プレーに行けなかったし、ゴルフ油(あぶら)が体からだいぶ切れかけているので、何とか増やしたい。というか満たしたい。というわけで、レッスンと「雨の月例を想定」した薄暮プレーをすることにした。

 こんなアホなことに付き合ってくれるのは、私よりゴルフバカのあの人しかいない。Nから始まる人だ。というわけで前日にN條さんを誘い、10時に起きて薄暮プレーを予約した。




 昼食後、1時前に家を出て、30分ほどパット練習。いつものやつ。

 この日のラインが微妙(2mなのにスネーク気味)だったが、それでも1.5mまでは3球連続カップインは難しくない。しかし、2mになると3球中1球は外れだし、3球連続入れるためには5回ぐらいのトライが必要になってくる。

 さらに2.5mは平均して3球中1球しか入らないようになる。こっからが長い。5回、10回とトライしてもなかなか3球連続入らない。最初の1球で外れたときに限って気楽に打った2球目と3球目が入ったり、1球目・2球目と入ったときに限って3球目で引っ掛けたり。そう、

 パットは狙いすぎたり気負いすぎたらダメ

 ということがこの練習で実感として分かる。まあ性格による部分も大きいんだろうけど。

 30分の制限時間では結局2.5mを成功させるまでで終わってしまった。3mからは(マイルールで)3球中2球で成功だから、この2.5mの3球連続っていうのが1つめのハードルになるんだよなー。まあ継続していけば5mまで成功する日も来るだろう。たぶん。




 で、2時から薄暮プレー。さすがにこの天気では我々以外で薄暮プレーする人は殆どいず。でも、三大競技常連のN屋さんとお会いする。終わってからもパットの練習をしていたN屋さん。流石である。

 上はしっかりレインウェアを着込み、もこもこ状態でスタート。しかし残念ながらというか幸いというか、雨は止んでしまった。ま、それでもそのままレインウェアを着て回ってけど。

 で、その内容はさておき、レインウェアを着るとやっぱり飛ばない。ドライバーで10y+ランが出ないぶん10yで、20y。アイアンも半番手から一番手飛ばない。そのぶん、思い切って突っ込まないといけない。仮に大きすぎても、雨の日は奥からのアプローチやパットも少し楽になるからね。

 で、いつものようにN條さんに快勝し、ホールアウトした時間はまだ4時。迷ったけど久しぶりにゴル◯ィア香◯園校にレッスンを受けに行くことにした。先月丸々一ヶ月サボっちゃったからね。

 しかしそこで、驚愕の事実が判明するのであった。続く。
posted by hiro at 17:33| Comment(0) | パット

2020年01月21日

だからあなたはうまくなれない


 今までいろいろな人とラウンドしてきて、ゴルフがうまくならない人・なれない人には一定の傾向があることに気づいた。今日はそれをご紹介。えーあくまで個人の感想です。あと、だいぶ毒入りです。



 チョー古いクラブをそのまま使っている

 ドライバーなら10年以上前、アイアンなら20年以上前のモデルを使い続けている。中には30年以上前のアイアンを使い続けているツワモノも。割り切ってる、予算がない、気に入っている、今更換えておかしくなるのが嫌だという気持ちはわからなくもないんだけど、20年前に使ってたシャフト、今の自分に合ってるの?という考えもあるわけで。

 ドライバーの進化は凄まじいですよ、5年一昔ですよと。まあ7年同じドライバー使い続けてる私が言うのもアレだけど。


 最新のクラブが1本もない(新製品に興味がない)

 上とほとんど同じだけど、ドライバーだけ最新モデルとか、パターだけよく変わるとか、そういうのは向上心の現れなのでいいんだけど、14本全て5年以上前のモデルっていうのはちょっと。あ、これも俺だ。


 グリップがツルツル

 これはマジで良くない。危ないし、余分な力が入るし、良いことは1つもない。でも無頓着な人、意外と多いんだよねー。


 ボールにこだわりがまったくない

 無頓着といえばボール。値段が高いとか安いではない。とにかく丸かったらいいっていう人(笑)。ディスタンス系とかスピン系なにそれ?ゼクシオって書いてたら良いボールでしょ?スリクソンって松山が使ってる高いやつでしょ?って感じ。

 せめて3ダースぐらい同じのを使い続けたらちょっと違う世界が見えてきますよ、とアドバイスしたい。1球100円でニューボール、しかもよく飛ぶやつが打ってますから。


 短いパットを適当に打つ

 これをする人は意外と多い。かつて私もそうだったんだけど、特に競技をしていない人は一打の重みをあんまり意識したことがないので、1m弱を何も考えずにポコンと打って簡単に外す(無造作に打って簡単に入れる人もまた多いんだけど)。で、返しをまた外す。最後には転がってるうちに「ありゃりゃ」とか言いながらピックアップしちゃう。

 これ、ゴルフで絶対にやっちゃダメなことの1つだと思う。自分で自分のゴルフをバカにしてるんだもん。


 OKを喜ぶ

 短い距離ならともかく、OKをもらう距離が長くなればなるほど喜んではいけない。怒るべきだ。1mにOKを出されたとき、「あなたならその距離は外さないでしょ?」と思われているのではない。「はいはい、もう入ったことにしてあげるから早くグリーン開けて。あなたのスコアがダボでもトリプルでも、私にはどーでもいいから」とディスられているか、「もうそれ以上辛い思いはしないでもいいですよ」と同情されているのだ。

 それに、70cmのパットにはゴルフというゲームのスピリットが詰まっている。それを打たないのはあまりにも、もったいない。


 練習へ(ほとんど)行かない

 いや、全然いいんですよ人それぞれだし、理由もあるだろうし、都合もあるだろうし。人が練習しようがすまいが、他人がどうこういう問題ではない。でも、大叩きして不機嫌になったり、何でヘタなんでしょうかね?と私に聞かないでください。「練習しろよボケが!」って言ってほしいですか?


 レッスンを受けない、継続して受けたことがない

 つまりは自己流の人ね。自己流では、ごく一部の例外を除き、90を切るのがやっとだと思う。いつまでも100を切れない人もこのグループに多い。つまりはまあ、「ヘタを固めちゃった人」ね。

 このグループの人は、自己流でやる時期が長ければ長いほど、取り返しのつかない方向へ自分が突っ走ってるということに気がついてほしい。底なし沼でもがけばもがくほど、深みにハマるのと同じだ。


 ゴルフ以外の趣味が多い

 ゴルフはある程度のめり込まないと、つまり犠牲を払わないと上手くならない。ゴルフ以外の趣味があることはすごくいいことだけど、こと上達という点に対しては相当なディスアドバンテージになる。気持ちも時間も腰掛けではダメなのだ。ゴルフの女神は「ありったけの愛情」を求める。


 ニギらない、ライバルがいない

 ニギリの方はともかく、よく一緒にラウンドする、自分と同じぐらいあるいは自分より少し上手い人(そして気が合えばさらに良し)が存在するかしないかでゴルフ上達のモチベーションは変わってくる。ゴルフは孤独なゲームだけど、自分ひとりでストイックに打ち込むにはあまりにも辛い。

 しかしライバルが居ると、その辛さを競い合うことに昇華させることができる。お互いに上を目指したり、情報交換したり、ラウンド数が増えたり。そもそもゴルフは一人ではできないゲームだしね。




 というわけで結構な毒入りだけど、単なる見立てなので誤解なきよう。私の周りの特定の人物を揶揄するような意図はありません。

 で、結論。これらの逆をやればゴルフがうまくなる、かもしれない。責任は取らない。
posted by hiro at 10:19| Comment(0) | 雑文