2018年11月14日

「パットは強気で打て」問題


 先日、某有名人のブログを読んでいた。その有名人は私も何度かここで取り上げたことがある人で、その意見は真実を突いていることが多く、考え方には賛同することが多い。

 でも、やっぱり基本的にゴルフが「デキる人」、つまり上級者目線による意見なんだよね・・・。

 私のような場末へっぽこゴルファーからすると、「そりゃデキる人からしたら簡単でしょうよ。『そうしよう』と思ったらそうできるんだから。でも、こちとらフックを打とうとするとスライスになるような運動神経の持ち主で、つまり頭で解ってもそれを体で実現させるのに相当な苦労が必要なんです」って言いたくなることもある。え、それはヘタな人間のひがみだろうって?そうですが何か?



 で、そのブログに、「パットは1mオーバー(ぐらいの強気で)で打つほうがメリットが大きい」と書いてあった。その根拠として、芝目や傾斜に負けない球が打てる事と、ショートのミスがなくなり1パットの確率が上がる。

 ただ、そのデメリットについても触れていて、返しのパットが難しくなる、返しを外す確率が上がり3パットの数が増えるとキチンと書いている。

 しかし結論はやっぱり1mオーバーで打とうと。なぜなら、

 「優勝争いしているプロゴルファーはほとんどが1mオーバーの距離感で打っているからです!!」



 うーん・・・理論的には完璧に正しいとは思うんだけど・・・・。

 いやそれ、1mをほぼ100%まっすぐ打てるプロゆえだから。

 しかも優勝争いしてるということはその日調子いいってことだから。

 さらに勝負が掛かってるので入れに行って当たり前だから。

 ・・・と天の邪鬼な私は思ってしまったのであります。それは理想やん。「デキる人」の理論やんと。



 仮に私が「全部のパットを」1mオーバーの距離感で打つとどうなるか。そもそもまっすぐ打てないんだから短いパットは2回に1回カップの横をすり抜けたりカップに蹴られたりして3パット量産。5mぐらいのミドルレンジのパットは3mぐらいオーバーして3パット量産。もっと長いパットは元々距離感が無いうえに強めに打ったらもっとノーカンになって4パット量産。1ラウンド40〜45パットという結果が目に見えておるのであります。

 つまり何が言いたいかというと、デキる人が正しい理屈を書いててもそれはデキない人には絵に描いた餅で、現実はそんなもんじゃないんですよと。へっぽこ場末ゴルファーのへっぽこさをなめんなよと。




 もちろん某氏が本気で一般アマチュアをなめてるとわけではないだろう。聡明な氏のことだからそんな事は百も承知だとも思う。そもそも、そんな文句言うヒマあったらパットの練習せえよ!という世間の声は圧倒的に正しい。上級者に対するひがみであることも認める。

 そのうえで、私ならどうするかを考えてみた。

 1m以下の、外したらダメージ大きいパット・・・1mオーバーで打つ。

 1〜5mの、入ったら嬉しいけど外しても当然と思えるパット・・・ジャストタッチで打つ

 5m以上のロングパット・・・上や横に残さないよう距離を合わせ(るつもりで)打つ。上りはオーバーさせない。下りはショートさせない。

 超ロングパット・・・3パットを覚悟して打つ。最初はとにかくオーバーさせる。


 つまり入れるパットと超ロングパットのみ強気で、それ以外はケースバイケースいやむしろ弱めに打ったほうが総パット数は少なくなると思うんだよね。3mオーバーさせて3パットって多いんだよね(いやそれただお前がノーカンなだけでは?)。


 ヘタレでヘタクソな私の場合、それが現実的なパッティングスタイルかなあと思った。
posted by hiro at 17:55| Comment(0) | パット

2018年11月13日

年寄りは言う事を聞かない


 今日の話題はゴルフにあんまり関係ないです。



 歳をとってくると、どんどん頑固になり子供や世間の言うことを聞かなくなってくる人は多い。よくある例では、酷暑にエアコンを使わない、携帯電話を意地でも持たない、明らかに間違っていることも訂正しない、自分の考えを押し通すなど。

 人生とは選択の連続であり、長生きできた(途中で死んでいない)ということは少なくともその人が選んできた選択肢に大きな間違いがなかったという事を意味するわけで、だから長生きの人は「これまでの自分の考え方は正しかった、そしてこれからもずっと正しい」という信念というか狂信があるんだよね。

 逆の言い方をすれば、それ以外の考え方やルートは経験したことがない、だから恐ろしくてできない、取れないと思っているのである。保守的になるのもまあ当たり前といえば当たり前。



 しかし、長生きした老人でも、柔軟な思考ができる人、新しいことをどんどん取り入れたりできる人もいる。個人差、性格の差といってしまえばそれまでだけど、実はそういう人と頑固な人とでは決定的な違いがあるのではないか?と気づいた。

 その違いとは、自分の考え方に自信があるかどうか。自信がある人は頑固になりやすい、のではない。逆である。自分に自信がない人がむしろ頑固になるのではないかなあと。

 なぜか。自分に自信がないと、正論をぶつけられたり深い議論をすると言い負かされてしまう恐れがある。あるいは自分が異端であったり間違っていることを認めざるを得なくなる。しかし自分の過ちを認めることは、第一線から退いた自分にとっては全人格を否定されるのと同じと考えてしまうのだ。

 だから人の意見に耳を貸さず、他人の言葉をシャットアウトし、ちっぽけな自分の人生経験やプライドを守ろうとするのである。うるさい!誰がなんと言おうと、ワシはワシの意見を変えん!うるさい!黙れ!



 もちろん、皆に尊敬されるような十分な実績と仕事を成し遂げた人が頑固になるというケースもある。それは、元々の性格的なものだとか、(他人の評価は良くても)自分では人生や仕事に自信がなかったのか、あるいは突き抜けすぎて誰も意見を言えなくなり頑固な性格になってしまったか、その全てかであろう。

 まあいずれにしてもその割合は大きくないと思われる。せいぜい全体の99.8%ぐらいだろう。若造が何をほざく。私に意見を言うなんて100年早いわ。もし私と対等に話がしたいなら、私ぐらい有名になるか私ぐらい稼いでから来い。



 というわけで、老人で人の意見を聞かない人とは、自分の自信がない臆病者か、逆にありすぎてウザい人たちである。これから老人になっていく予定の私としては、そういう風にならないよう、これから日々気をつけながら生きていこうと思う。

 え?お前はウザいくせに臆病者だから絶対に頑固ジジイになるだろうって?うるさい!そんな事は絶っ対にない!!ならないと言ったら絶対にならないのだ!!俺に意見を言うなんて100年早いわ!!
posted by hiro at 11:47| Comment(0) | 雑文

2018年11月12日

ショット数とパット数


 今日も得意のたわごと、というより妄言を。



 1ラウンドのパーは普通72。全てパーオンして2パットでホールアウトしたらスコアは当然72で、その場合のショット数は36、パット数も36になる。

 アンダーが当たり前のプロは置いといて、一般アマチュアの場合、ショットとパットはどれぐらいが普通でどれぐらいを目指すべきか。

 アベレージが100のゴルファーの場合、パットは38、ショットは62ぐらいが平均というところだと思う。

 アベレージ90なら、パット数35、ショットが55ぐらい。

 ではアベレージ85、つまり私の場合だったらどうか、パット数は33、ショット数は52ぐらいだろうか。

 ちなみにアベレージ80の場合、パット数は31、ショット数は49ぐらいと推測できる。ただ、このクラスのアマチュアの場合はもう少し幅があると思う。ベテランで小技が上手いプレイヤーなら30・50どころか28・52もありうるだろうし、中学生や高校生のよく飛ばしてパーオン率はプロ並みなら32・48ぐらいも考えられるかと。



 話を戻そう。アベレージ85の場合、パット数が33,ショット数が52が平均だろうと書いたが、実際、私の今年のラウンドでは平均スコア84.8、平均パット32.7、つまりショット数は52.1。きっちり平均的な数字になっている。

 自分ではショットもアプローチもヘタで、そのぶんパットで少しだけ挽回していると思ってたんだけど・・・すごく平凡ってことだね。

 さて、というわけで、つまり私はハーフで15パットなら上出来、16パットで普通、17パット以上ならトホホということになる。ハーフで1つぐらい3パットするのは仕方ないと思ってる(たまに4パットもするけど)から、つまり、言い換えると、

 ハーフで1パットが4つなら上出来、3つで普通、2つなら少ない

 という計算になるよね。1パットでホールアウトする状況というのはプロならバーディだけど、私の場合バーディが4%しか無いので、ほとんどは寄せワン。でも、

 9ホール中4ホールで寄せワンってけっこうハードル高くね?

 っていうか、パーオン率が34%(低い・・・)だから18ホールで12ホール、ハーフで6ホールは寄せワンの機会がある計算になる(実際はOB打ったりしてるのでもっと数字は下る)けど、6ホール中4ホールで寄せワンはなかなかムズい。せいぜいうまくいって半分ぐらいか。となると、残りの(ハーフ)1つは1パットバーディを取れってか?1ラウンド2個のバーディ?んなアホな。





 いやいや、そんなことを書きたかったわけではない。パットはハーフ15個、ラウンド30〜31を目指そうという話だ。ではショットはどうか。

 ショット数52個ということはハーフで26打。OBとかチョロとか、そういうイレギュラーなこと(実際にはそこそこあるけど)を除外すると、1ホール平均2.9打打てるという計算になる。意外と多い?

 もう少し詳しく考えよう。ハーフで、パー3とパー5で1回づつパーオン(残りはボギーオン)できると考えると、残り5ホールのパー4に残されたストローク数は26-(1+2)-(3+4)=16。つまり、

 パー4すべてでボギーオンしても1打余る!

 つまり平均スコア85、平均パット33の俺はそういうゴルフをしてるのと同じだってことね・・・・・orz


 
 だが逆に考えると、1打余る分はOBやチャックリにとっておくとして(あと、大たたきのホールはこの際考えないとして)、ハーフで、パー4の5ホール中1ホールだけパーオンすれば83、2ホールパーオンすれば81、3ホールパーオンすれば79になるということだ。つまり、

 70台を出すためにはパー4の60%(6/10ホール)でパーオンが必要

 っていうことだね。


 ということを踏まえ、直近で30台を出したハーフ10回を解析してみた。

 ショット24・パット15・パー4のパーオン率20%・バーディ数1
 
 ショット19・パット20・パー4のパーオン率60%・バーディ数1

 ショット23・パット15・パー4のパーオン率40%・バーディ数1

 ショット19・パット20・パー4のパーオン率80%・バーディ数ゼロ

 ショット23・パット16・パー4のパーオン率60%・バーディ数3

 ショット22・パット17・パー4のパーオン率60%・バーディ数ゼロ

 ショット24・パット14・パー4のパーオン率40%・バーディ数1

 ショット24・パット14・パー4のパーオン率40%・バーディ数2

 ショット24・パット13・パー4のパーオン率40%・バーディ数1

 ショット22・パット17・パー4のパーオン率60%・バーディ数ゼロ

 平均は

 ショット22.4・パット16.1・パー4のパーオン率50%・バーディ数1


 つまり私が30台を出すハーフは、

・ショット(特にアイアン)の調子がすごく良い

・パーオンが半分ぐらい

・バーディが1個

・パットは場合によって変動あり(すごく良いとは限らない)


 ということだね。


 パットが鍵になると思ってたのに、すごく意外。いや、そもそもアイアンがヘタすぎるから、ショットの調子が一番の課題ってことなんだろうね。
posted by hiro at 20:22| Comment(0) | 雑文

2018年11月09日

卒寿のエージシューター

 昨日は80歳のプレイヤー(とその友人)と3人で回らせてもらった。名前はO本さん。ホームコースでは知らない人がいない、有名な上級者で何度かエージシュートもされている。実は去年の9月にもご一緒させてもらったが、同じティから回って負けてるんだよね。体は小柄であるがドライバーショットは200y。全ショットソツなし。そして何より小技が抜群にうまい。

 っていうか、80歳でバックティから回って(今回調子が悪かったにもかかわらず)90を切ってくるんだから、ある意味バケモノである(褒めてますん念のため)。

 そんなO本さんのゴルフが素晴らしすぎて、もう55歳のへっぽこヘタレスカタンゴルファーの内容なんて恥ずかしくて紹介しづらいんだけど、いちおう私のウェブなのでダイジェスト風に触れさせてもらおう。

seiseki20181108.jpg

 ティショットは芯になかなか当たらないけどフェアウェイキープ率は8割弱なので結果オーライ。3Wで1発チーピンOBを出してしまった(梅8番)。

 フェアウェイウッドは7割ぐらいの力で振るとまあまあ。今まで万振りしすぎてたのかなあ。

 アイアンはいい感じで打てた時に限って縦の距離が合わない。何なの?でもパーオン率50%はホント久しぶり。

 アプローチ・・・芝が薄くなってきてだんだんシビアになってきたせいか、あの病気(アプローチ恐怖症)が再発する兆候が。チャックリを恐れて腕が縮こまってトップばっかり。特にエッジ付近の20y以下が酷い。

 失敗体験を重ねないよう、この時のために練習してきたユーティリティの転がしに徹する(後ろ向きの解決方法)べきか、それとも怖がらずに挑戦し続ける(前向きの解決方法)べきか。そんなもの、前向きに決まってるじゃんと檄を飛ばすあなた、私のアプローチ恐怖症をなめてはいけない。そりゃあもう「アプローチフォビア」が2012年の流行語大賞にノミネートされたぐらい酷いんだから。

 まあ、練習ラウンドではウェッジを使い、競技のときはユーティリティを使うっていうのが現実的な落とし所だな、うん。

 パット・・・初心者並みに酷かった。3パットが5つは今年ワーストか。3パットは全部同じパターンで、ファーストパットを打ち過ぎ、それも1mとかじゃなく3mも5mもオーバー!その返しが入らずって感じ。

 原因ははっきりしてる。今までスティンプ5〜6ぐらいだったグリーンが異様に速くなってるせいだ。といっても9ぐらいまでだと思うんだけど、1.5倍転がるグリーンにまったく適応できてない。

 いやそれ1ヶ月ぐらい前から言ってるじゃん。そうなのである。1ヶ月も経つのにまだ昔の速さのイメージが抜けないのだ。どんだけ頑固者なんだ。っていうかどんだけ不器用なんだ。


 スイング改造が実を結ぶまであと5ヶ月と1週間(適当)。頑張ろう。 
posted by hiro at 19:32| Comment(0) | 雑文

2018年11月07日

半年間の辛抱

 前回の日記で私はこう書いた。

 そうなんだよねえこんなバカみたいな文章書いてる暇があったら1球でも多く球打ちするのが近道だよねうん。

 自分で「バカみたいな文章」と本心を吐露してしまったせいか、あるいは諦めの境地に達したせいか、日記を更新するテンションが思い切り下がってしまった編者である(アホだ)。

 しかしこのままではいけないと思い、忙しい合間をぬって練習へ。といっても50球だけ(ショボい)。



 いつものルーチンでウェッジの片手打ち(左手のみ)20球、そしてショートアイアン10球、ユーティリティ〜ドライバーを20球。うーん、スイング改造のせいか、酷い当りしか出ない。まあ仕方ないよね。プロでさえスイング改造にはリスクが伴うんだから。

 しかしマーク金井氏が「スイング改造してる時に出るナイスショットは、スイング改造前のスイングに戻ってる時に出る」って書いてたから、ナイスショットが出てるということは改造できてない、逆に考えると、ミスショットばっかり出るということは変化しているということだから、改造はうまくいっているとも言えるわけで(無理やりだな)。

 まあ元々コースでは20回に1回ぐらいしかナイスショットが出ないんだから、改造しようがしまいが変わらないんだけどね。半年ぐらい辛抱して、来年の春頃には今度こそ上級者のスイングに近づくのだ(たぶん)。
posted by hiro at 20:09| Comment(0) | 雑文