2019年05月21日

「正しいことの白」


 プロゴルフにまつわる都市伝説的な噂は色々ある。


 癖の悪いコーチは教え子の女子プロに手を付けてしまうとか。誰とは書かんが。

 ジュニア上がりの女子プロは世間や異性を知らずに大人になるため、好きな男ができると狂っちゃってゴルフどころではなくなり、消えていくとか。誰とは書かんが。

 未だに地方開催のトーナメントではその地方の反社会的勢力が深く関わってるとか。

 プロ支給品のクラブは市販クラブとは別物の、高反発違反クラブであるだとか。一時飛ぶ鳥を落とす勢いだった某女子プロが急に成績が出なくなったのはそのせいらしい。


 噂として流れてくるということは「まあそういうこともあるだろうな」と思えるけれど、いずれも当事者・関係者しか真偽の程はわからず、当然証明することもできない。

 しかし、4番目の「違反クラブ」について、これ以上ないはっきりとした形で証明されてしまった。


 つい先日、総武カントリークラブで開催された、ダイアモンドカップ2019の練習日。R&A主催の用具テストが実施された。そこでドライバーの反発係数が測定されたのだが、驚くような結果が出た。

 計測は任意で行われたのだが、出場144人中129人が計測所を訪れ、195本のドライバーが計測されたが、そのうち34本が不適合、つまり違反クラブと判定されてしまったのだ。

 195本中34本って、2割弱である。約5本に1本弱の割合で違反クラブが使われてたということだ。これってすごくね?



 もちろん、メーカーから支給されたものをそのまま使ってた、つまり知らずに使っていたプロがほとんどだろう。記事(注)に書かれていたように、使っているうちにヘッドがこなれ、結果的に違反クラブになってしまったものもあるだろう。しかしそれにしても2割弱っていうのは異常な数字だ。中には、(いわゆる)確信犯的に使っていたプロやメーカーもいたんじゃないの?と思われても仕方ない数字であるとも言える。

 まあいずれにせよ、今回のテストでは、「プロの使うクラブは市販品とは別物」という都市伝説を証明した結果になった。まあプロゴルファーは腕一つに生活がかかってるし、メーカーも何億も開発費掛けてドライバー作ってるんだから、両者とも一生懸命なのもわからなくもないけど、「バレなきゃルール違反してもいい」というのはちょっと違うよね。キレイ事かもしれないけど。



 ただ、練習日に自主的にこうやって計測してもらうプロやメーカーはまだ良心的なのだ。問題は、計測所を訪れなかった15人。ただ面倒くさかったとか時間がなかったプロもいるだろうけど、計測したら違反クラブであることがバレるからバックレた、ってやつがいるはずだ。いや絶対いる。間接的証拠(2割が違反クラブ)から間違いないところだろう。

 私が思うに、誰が計測所に来たのか(誰が来なかったのか)、違反クラブはどこのメーカーだったのか、そういう事をきっちり公表すべきじゃないかと。隠すということは後ろめたいことがあるってことだよね。それって犯罪者を幇助するのと同じ考えだよね。業界のダークな部分を、JGAが積極的に残そうという意思表明だよね。



 スポンサー様(クラブメーカー)にどうしても逆らえないということなら、前もって「1シーズンに1度、抜き打ちで試合中に全選手のドライバーヘッドを検査します」と言っておけばいいのだ。そこで違反が出たらこれはもう「不注意」や「経年変化」では済まされないだろ。当然そのクラブを使ってたプロは失格だし、場合によっては何試合化出場停止にしてもいい。

 でも、実際には絶対できない。なぜなら、皆が怖がって適合クラブを使いだしたら、ドライバーの平均飛距離が前年度より間違いなく落ちるから。今はツアーの平均飛距離や故人の飛距離などのスタッツがきちんと測られてるから、今まで違反クラブを使っていたことがもろにバレてしまうだろう。

 すると、スイング改造や故障でたまたま飛距離が落ちたプレイヤーやメーカーがとばっちりをくらうことになる。そう、一部のズルをするやつのために業界全体が悪に染まり、そしてそれを正すことすらできなくなってしまっているのだ。



 バレなければ(何をしても)いい、という考え方は、結局は自分だけでなくその世界すべてを腐らせていくことになる。でも、どの世界もどんな時代でも、とばっちり受けるのはそういう悪いやつではなく、真面目に生きている大多数の正直者なんだよね。

 そういう意味でも、R&AやJGTOやJGAには邪悪な「黒」の世界ではなく、「正しいことの白」のなかにいる、と胸を張って言えるような機関になっていただきたい。



注・・・今日の日記はパーゴルフ+プラスの記事を参考にさせてもらいました
posted by hiro at 12:01| Comment(0) | 雑文

2019年05月18日

プライベート練習ラウンド@ホーム


 昨日はいつも月例でご一緒させてもらっているT石さんと2バッグで。T石さんは教科書のようにきれいなスイングと軽く振っているように見えるのにドライバーで250y以上飛ばすという上級者で、もう見ていて本気で嫉妬するゴルファーである。

 「軽く振っているように見えるのに飛ぶ」というのはエネルギー効率が良く、理にかなったスイングをしているということで、これは才能と努力の賜物だと思う。本当に憧れるんだけどなかなかできないよね。私なんて軽く振ったら緩みまくって2番手落ちるかチョロ、思いきり振ったらタコ踊りですわ。


 そんなT石さん、ゴルフを始めてからずっとノートを付けている、という話の流れで、つい「私もホームページしてるんですよ、もう20年になります」と、対抗心丸出しで言ってしまった。ほんとに人間が小さいな俺。

 すると、後にこのウェブをご存知であったことが判明。ブログの方の掲示板にも書き込んでくださった。嬉しいような恥ずかしいような。T石さん、今後とも宜しくお願いします。



 というわけで、昨日のラウンドは明後日から始まる理事長杯の練習ラウンド。私は仕事の都合で出席できないんだけど、一緒にフルバックからラウンドさせてもらった。もちろん、スタートホールにいたキャディさんに一応許可を頂いて。

 普段回る青ティ(レギュラーティ)からは6695y(松竹)、コースレート71.8、スロープレート130。これが黒ティ(バックティ)になると7021y(同)、コースレート73.3、スロープレート135になる。

 関西の有名コースでスロープレートが135前後のコースをピックアップしてみると、奈良カントリークラブ(7146y)、よみうりカントリークラブ(7236y)、奈良国際ゴルフ倶楽部(7077y)、ABCゴルフ倶楽部(7235y)、琵琶湖カントリー倶楽部(7085y)などが挙げられる。まあそこそこの難易度かと。



 そう、難易度高いんだよって言い訳しとかないと恥ずかしいスコアだったりする。 

seiseki20190516.jpg

 パーセーブ50%はいい。パーオン33.3%も総ヤーデージを考えると健闘したほう。でも、ちょっと気を抜くとボギーがダボに、ダボがトリになるんだよね距離が長いと。

 松2番はティショットが50yも右へ(サブグリーンよりさらに右)。バンカーからのショットはうまく打てたけど花道。パターで寄せるも次が入らずダボ。

 3番はフルバックからだから、とティショットをリキんでダフリチョロ。2打目、3打目とユーティリティは右へ飛び、4打目で花道、5オン2パットで7。出だし、特に朝の数ホールは慎重にいかんとあかんね。

 4番パー5、スプーンの低いフック球を打とうとしてプッシュスライスOB。いちびりか。3パットボギー+OBでまたトリプルボギー。

 5番以降は落ち着いて、大きなミスは7番の2打目(7番ダフリショットがナイスオン)、8番の3打目(8アイアン抑え気味が抑え過ぎ)、4打目(ユーティリティのアプローチがパンチ入って大オーバー)の3つ。

 後半竹コースもちょっとマシになったかな、と思ったら3番でまたスプーンの低いフック球を左引掛けOB(まあ仕方ない)、4番パー5でバンカーからホームラン+4パットで9。4パットってあんた。

 まあ貴重なフルバックからのラウンドで色々やってみたので、いくつもスカタンをやらかしたのは仕方ないけど、せめて85〜6で回りたいよね。三大競技の時は82ぐらいを要求されるし。


 T石さんは85を切るスコア。さすが。明日、楽しんでくださいね〜!
posted by hiro at 10:40| Comment(2) | ラウンド

2019年05月15日

アプローチイップス・新たな局面へ


 イップスとは、「きちんとできていたことが精神的な理由でできなくなること」というのが一般的なイメージ。

 私はいまだかつてアプローチショットが「きちんとできていたこと」などないので、自分がアプローチイップスだと公言するのはおこがましいんだけど、それでも「素振りではできるけど実際のショットではできない」「練習場ではまあまあできるけどコースではできない」「気楽なラウンドならたまにできるけど競技などではほぼできない」「打つ前から極度の緊張感で悪いイメージしか出ない」「バックスイングを開始した瞬間意識が銀河系の彼方に飛ぶ」「インパクトの瞬間、異常な力が入り、リズムもテンポもぐちゃぐちゃになる」「それを意思の力でコントロールできない」「一人二人羽織状態」とこれだけ揃えばこれはもう立派なイップスだろう。

 もう10年ぐらいアプローチに苦労してて、それこそありとあらゆる練習(質・量とも)、本、知識、教え、打ち方、考え方をトライした。ここ2年ぐらいちょっとマシになったけど、根本的な恐怖心というか苦手意識はやっぱり変わっていない。



 そんな中、今年の1月から新しくS水プロに習い始め、メンタル面では

「それだけこじらせていたらちょっとやそっとでは治らない」
「一番簡単なクラブを使う」
「普通の人が普通にしているアプローチショットはまずできないので諦める」
「とにかくコースでミスをしないこと」
「寄せるのが難しい状況の場合は寄せようとしない」
「ウェッジを持たざるをえない時は(hiroさんにとって)大ピンチだから乗れば100点」

という事を心に刻みつけることから始めた。さらに技術的な面からは、

「アプローチでも体重移動。右に残るとチャックリ」
「それができないのなら最初から100%左足に乗せたセッティング」
「スイングリズムを守る=体を正しい順序で動かす」
「ヘッドをむやみに加速させず、やさしく打つ」


 という風なことを教わったわけだが、この最後の「やさしく打つ」というのがちょっと良いかもしれないのだ。そう、5月10日に「明日への伏線」と書いたその部分である。


 具体的にはインパクトでパンチを入れない、ヘッドを加速させないって事なんだけど、これを意識するとどうなるか。

 まず切り返しから打ち急がなくなる。ミスの多くは打ち急ぎから出るので、こうかばつぐんだ。

 つぎに加速させないように打とうとすると、腕力で打たなくなる。加速させる時は腕で「えいっ!」とクラブを動かしがちだが、それがなくなり体(肩や背中)などの大きな筋肉で打てるような気がする。

 あと、やさしく打とうと考えると気持ちも優しくなる(笑)。これは半分冗談だけど、緊張感が減るという意味ではなにげに重要だったりして。


 もちろんデメリットもあって、グリップが緩みそうになったり、減速してスイング自体が緩んでしまったり、インパクトに合わせ打ちしてフォローが出なかったりする恐怖感はある。でも、実戦でやってみると、メリットがデメリットを遥かに上回るんだよね。

 というわけで、アプローチイップスとの戦いは新たな局面を迎えるのであった。 
posted by hiro at 11:25| Comment(2) | アプローチ

2019年05月13日

S井さんを偲ぶコンペ



 5月9日、今年のお正月に70歳の若さで急逝された、同業大先輩であるS井さんを偲ぶコンペが伏尾ゴルフ倶楽部で開催された。奇しくもこの日はそのS井さんの誕生日。

 私はオカルティックなことに対しては完全否定派で、死後の世界も幽霊も心底信じてないけれど、おちゃめなS井さんのイタズラでは?と思わせるようなことが私の組全員に起こった。



 うちの組はパットが苦手なK嶋さん、コンペでよくブービーとメーカーを分け合うO本さんとF原さん(女性)という組み合わせだったんだけど、K嶋さんは5mぐらいのパットをいくつも沈めてドヤ顔から驚き顔、最後には呆れ顔。

 O本さんはS井さんの直系のお弟子さんだったせいかもっとすごかった。いつもなら人の二倍ぐらいショットを打ってコスパ抜群のゴルフを披露してくださるんだけど、この日は打つ球打つ球芯を喰い、フェアウェイを捉え、グリーンに噛みつき、ボギーペース+アルファで前半を終了。後半もスコアこそいつもどおりだったけど、ショットの好調さは維持され、ブービーもメーカーも回避。

 お酒とこんにゃくと女性が大好きだったS井さん。女性のF原さんへの贔屓もすごかった。後半西コース3番パー3。レディスティから90y、F原さんのショットは真っすぐピンに飛び、あわやホールインワン。ピン下1mに。ご祝儀バーディでニアピン賞もゲット。


 で、私なんだけど、年に何度もないようなこと、まあもったいぶって書くようなことじゃないんだけど、それはチップインバーディ。なーんだ、と思うなかれ。アプローチの成功率が、ニュートリノが他の原子と衝突するぐらいの確率である私にとっては奇跡に近い出来事なのだ。

 西コース7番パー4。ティショットは右ラフ、200〜250y付近の谷底やや上り傾斜へ。2打目は6アイアン、右が浅いので左へ打ったつもりが右へまっすぐ・・・転がってOB!になるはずが、木に当たって奇跡的に止まってくれた。

 3打目はニアサイドのピンに向かって10yラフ、2yのフェアウェイ、そして8y受けグリーン。状況は難しくないけど、落とし所がずれると大オーバーも大ショートもある。

 ライはちょっと薄い。っていうかベアグラウンド寄りのラフ。途中にラフがあるのでユーティリティの転がしは使えない。50度のウェッジで、前回習った、インパクトが強くならないピッチエンドランで打つと奇跡的にうまくコンタクトして奇跡的に落とし所もよくてさらに奇跡的にラインに乗って、そして。

 これだけ奇跡が続くとね、やっぱりS井さんが取らせてくれたチップインだろうな、と。

seiseki201905091.jpg

 あとで話を聞いてみると、他の組でもいろいろ不思議な事が起こったようで。まあ、偶然と思い込みと願望によるバイアスがそう思わせてるんだろうけど、そんな杓子定規なことをいうよりS井さんのおかげ、と思ってたほうがハッピーな気分になれるもんね。


 というわけで、少しづつレッスンの成果が出てきたのかも(今日の日記全否定かよ)。
posted by hiro at 11:01| Comment(0) | ラウンド

2019年05月10日

10回目のレッスン


 昨日のラウンドでは年に何度もないようなことがあったんだけど、それはさておき。



 6日月曜日。某室内練習場でのS水プロによるレッスンもついに10回目。相変わらず「体重移動」と「フルコック」と「腕を振る」と「シャフトのしなり返しで打つ」ばっかりやってるんだけど、左足一本で立ってのウェッジショットはちょっと形になってきたような気がする。

 S水プロはぐっさんみたいにオラオラ系の顔だけどすごく褒めながら教えてくれる。本当にできてるのか、やる気を削がないために褒めてくれてるのかわかんないけど、まあうまく打てた時はインパクトの感触が今までとぜんぜん違うので少しは進歩してると思いたい。



 で、この日やった1つめは、いつもの左足一本の20yを「インパクトでパンチが入らないように打つ」というもの。実際の現場(コース)では、アプローチ全般で恐怖心からどうしてもインパクトが強くなり、打って終わりになりがちなんだよね。だからありとあらゆるミスが出る。

 そういう事にならないよう、トップから極力「加速させないでヘッドの重さに任せて」打つ。これはこれで緩みそうな恐怖心があるし、力をほとんど使わないので頼りないし気持ち悪い。でも、く重力だけでヘッドがタイミングよく降りてきたら恍惚のインパクトが生まれるんだよね。

 これはこれで別の恐怖感がある(緩みすぎて半分ぐらいしか飛ばないかもとか、チャックリして二度打ちするかもとか)んだけど、アプローチで「やさしく振る」というのは今までまったくした事がなかったので、これをマスターすると新しい世界が開けるかもしれない(明日への伏線)。



 次はショートアイアンのフルショット。コースではどうしてもダフりがち。それを嫌うとトップ。つまりはまあ、全然できてないってことで(笑)。いや、当人的には笑い事じゃない。

 やっぱり基本が大事で、リズム良く振る。恐がらずに体重移動する。それを実現するための準備はすごくシンプル。いいリズムで何度か素振りをし、そのイメージのまま打つという方法。なんだか初心者向けのアドバイスみたいだけど。

 まあゴルフを始めた時から40年以上経つけど、アイアンでの会心のショットは両手で数えるぐらいしかない(これは誇張ではない。繰り返す。これは誇張ではない。本当である)ぐらいアイアンがヘタなので、初心者向けのアドバイスでも十分だということだな。まあ要は、自身を持って落ち着いて打ちなさいと。

 きちんと当たらない、だから飛ばないという恐怖心があるから体重移動を抑えて合わせようとしたり、器用な手先で打とうとしたり、腕力に頼ったスイングをしてしまうのだ。アイアンショットは恐怖との戦いなのだ(それお前だけ)。



 そして最後にティショットのウッド。ドライバーとスプーン。見てもらったところ、ミスする時は縦振りになってるらしい。もう少し横振を意識し、思い切って手を使う。手を使うと左へ引っ掛けそうだから恐いんだけど、体も一緒に回せば引っ掛けないはずだ。



 というわけで、もう少しで本格復帰します。
posted by hiro at 20:30| Comment(0) | レッスン