2020年05月30日

アプローチの変法


 ツイッターでこんな言葉を見つけた。

成功は人の表面を飾り、失敗は内面を豊かにする。

 ゴルフだとさながら、「コースでの成功はスコアを飾り、失敗は明日への糧となる」といったところか。失敗を繰り返すことで人は謙虚になり、練習し、そして本物の技を身につけるのだ(のだじゃねーよ単なるヘタなくせに)。




 さて、昨日の日記で私はこう書いた。

・梅6番、砲台打ち上げグリーンのきつい左足上がりから30y、ある打ち方を試して2連続チャックリ。

 その、ある打ち方について。木曜日、きさいちCCのレジェンドO嶋さんとご一緒した。O嶋さんはきさいちCCの第一次黄金時代の中心人物だった人で、毎日何百球何年も続けてアプローチ練習に通い続けたとか、近畿地方の府県オープンでベストアマに輝いたりという伝説を持っている、本物の上級者である。

 それなのに威張ったところもなく、聞けば色々教えてくれるけど聞かないと自分からは何も言わない、そんな「ゴルファーとしての手本」みたいな人なのである。

 しかしこの日、あまりにも私のアプローチのスカタンを見かねてか、色々教えてくれた。

・インパクト以降、左へヘッドを抜いていくとカットに入ってスピンが掛かる。
・もう少し手首を柔らかく使えるようになれば、アプローチのバリエーションが広がってすぐ上に行けるようになる


 そう、私が球を右へ置いて上から潰して終わりで低く出る球ばっかり打ってるから、高い球とかスピンがかかる球とか柔らかいアプローチが打てる方法を教えてくださったのだ。

 レジェンドが仰っしゃりたいことは本当によく分かる。私も、高い球やスピンが効く球が打てると平均スコアが3つぐらいは縮まると思う。



 でも、レジェンドはたぶん知らないのだ。私がアプローチに不治の病を抱えていて(っていうか予想の100億倍ぐらいヘタで)、今は完治したわけではなく小康状態であるだけだ、ということを。

 そして、このブサイクな「転がし固め打ちアプローチ」が今私にできる、最良にして唯一のアプローチであることを。



 せっかく教えていただいたのでやってみたんだけど、やはりというか当然というか、ボール3個分ぐらい手前をダフった。このままだとまたあの恐怖のイップス時代に逆戻りしそうだったのでやめた。

 レジェンドO嶋さん、その説はありがとうございます。教えていただいたアプローチ、練習して身につけたいと思います。でも、コースでお披露目できるのはたぶん3年後か5年後ぐらいになると思います。それまでどうか温かい目で見守ってやってください。
posted by hiro at 19:57| Comment(0) | アプローチ

2020年05月29日

Mの会、サブグリーン、竹梅


 気候は最高、メンバーも気心知れてる。コースは短い竹梅、しかもサブグリーン(5896y).叩く要素が皆無、なのに叩いちゃうんだよねー。きっと、心がだらけてたんだろう。

 月例と違って遊びのラウンドだから、普段ならユーティリティやFW持つホールでドライバー持ったり、いつもより飛ばそうと強く振ったり、セカンドも安全な位置(花道とかバンカーの反対側とか)ではなくオンやピンを狙ったりはした。それにしてもね。


 アプローチが特にひどく、何回失敗したか。数えてみようか。

・竹6番パー3、軽いラフから砲台グリーンへ25y、高さが出ず5mオーバー。
・竹8番パー5、3打目45y、56度のウェッジでハーフトップして奥へこぼす。
・梅1番、バンカー超えの35y、ダフってバンカーへ。
・梅4番、3打目45y、56度のウェッジで低く出て止まらず奥へこぼす。
・梅5番、2打目60y、56度のウェッジでうまく打てたけど8yショートしてエッジ。
・梅6番、砲台打ち上げグリーンのきつい左足上がりから30y、ある打ち方を試して2連続チャックリ。
・梅9番、20yから5mオーバー
 
 7回、8ショットもミスしてる。まあ最近ずっと練習してないので当たり前か。

seiseki20200528.jpg

 (月例ではなく)こっちのほうが実力なんでしょうね、たぶん。
posted by hiro at 20:34| Comment(0) | ラウンド

2020年05月27日

5月月例


 3日前の第4日曜日はホームコースの月例競技の日。

 いつもご一緒するT石さんが理事長杯決勝のためご一緒できず、偶然にも昔よく回っていたU村さん(とお仲間のH田さん)とすごく久しぶりに3バッグで。U村さんは面白くて明るくていい人で、楽しく、しかし(いつもの慣れたメンバーではなかったので)軽い緊張感を持ってスタート。

 新緑のいい季節になりました(松8番パー5)。
2020-05-24 09.08.37.jpg

 2番で3パットしたりして、スタートホールから3連続ボギー。けどまあ、元々スロースターターなので別に気にしない。松コースは出だし3ホールは2オーバーでいいからね。

 4番パー5、上からの難しいラインからなんとか2パットで初めてのパー。5番もピンハイからのけっこう曲がるラインをなんとか寄せて2パットパー。こういう難しいパットをしのぐことで流れが良くなってくる。

 6番パー3、ちょっと当たりが薄いけどギリギリ乗って、8mぐらいから2パットでパー。7番、2打目を少しダフってフライヤー気味に飛びグリーンオーバー、バンカーへ。奥からのバンカーショットはとにかく脱出優先、ピン下5mにオン、でもこれがポコンと入ってパー。

 この日は3〜5mのパットがほんとによく入った。たまたまなんだけど。

 7番、ティショットは今日イチで280y(打ち下ろしです)。2打目4Wも狙い通りフェアウェイ左サイド。そして3打目80y、ウェッジのちょい軽ショットはショット・オブ・ザ・デイで1mに。距離感・方向・スピンと三拍子揃うというヘレン・ケラーのような(奇跡の)ショットでバーディ。

 最終ホールは2打目乗らず、3打目寄らずでボギーになったものの、バーディが効いて39(4ボギー)。上出来である。でもまあ、後半またいつものように崩れるんだろうなあと期待せず。

 昼休憩は2時間近くあったので、外へ出てガストで朝定食(+パンケーキ)を軽く。軽く済ませたので午後体が重くなることもなく、スタート。

skylark.jpg

 と言いつつ、竹1番はいきなりチーピン気味で隣のホールへ(セーフ)。グリーンまで155y、直接狙えないこともなかったけど、グリーン奥(左)がすぐOBなので安全に右サイド花道ヘレイアップ。3打目40y、苦手な距離。56度でとりあえず乗せる作戦がたまたまうまく打て、ピン下3mに。これがまた入ってくれてナイスパー。これは大きかった。

 2番もボギーの可能性が高いパー3。安全に短めのクラブでグリーンエッジまでの距離しか打たない、つもりが引っ掛けて行ってはいけないグリーン左サイドのボギー谷へ。ワンクッションで乗せて2パットボギー。まあ想定内。

 3番パー4、ティショット4Wは完璧、フェアウェイセンター。2打目7アイアンはハーフトップでグリーンエッジへ(ナイスミス)、そこから2パットでパー。

 4番パー5、ここでいつも左へOBを打ってズルズル後退するパターンなんだけど、この日も!体が止まって!打った瞬間絶対にアウトの球筋!左へ出て左へ曲がるチーピン!あーやっちまった。

 と思ったら、木にまともに当たってセーフ。木に感謝。150yしか飛んでないのでボギー狙いに切り替え。2打目は4W、これが思いのほかうまくあたって、3打目は残り200y打ち上げ。でも無理せずユーティリティで花道狙い。うまく打てて花道の良いところ。4打目ピンアイSWで下2mに、これがまた決まってくれてまたパーセーブ。ダボがパーになった。

 5番はまっすぐのパー4、ティショットフェアウェイ右サイド、2打目150yフォロー、7アイアンをちょっと短く持って打つもキャリーでグリーンオーバー。フォロー風で飛びすぎた?気温が上がって半番手飛んでる?それとも飛距離が伸びてる?

 奥からの難しいアプローチは50度のランニングで、なんとか1.5mに寄ってくれてこれも入ってパー。良いラインが残ったのがラッキーだった。

 6番、235y超絶打ち下ろしのパー3。いつもは左からのアゲンストなのにこの日は右からのフォロー。1番手落として狙うも、それでも左奥へこぼす。手前のピンに対し30y近いアプローチ、50度で転がして2mに、これも奇跡的に入ってパー。



 4番から6番まで、普通なら4つ落としてるところが全部寄せワンのパー。つまりここまで(後半)1オーバー、トータル4オーバー。ちょっと意識しだす。いやいや、ゴルフは上がり3ホールだ。ここからが本当の勝負だ。OBさえ出さなければ大丈夫だと思うけど・・・とちょっと気持ちが後ろ向きになった時。

「hiroさん、たかが月例、思いきって行きましょう。こっから3連続バーディ取るぐらいのつもりでいきましょうよー!」とU村さんが声を掛けてくださった。そうだ。玉砕するにしても前のめりで行こう。ミスするなら緩むのではなくリキんでミスしよう!

 7番は左ドッグレッグの苦手なパー4。ティショットはいつもの、そして今日当たっている4Wで。最高の感触でフェアウェイセンター。2打目155y、ピンは右サイド、7アイアンでグリーンセンターを狙うもちょっと右へ。そっちにはバンカーがある!がなんとかバンカーを越え、結果オーライのピン横2m。これが入ってこのホールバーディ!竹7番のバーディは数えるほどしかない。ラッキーが重なったとはいえ、これは嬉しい。

 残り2ホールで3オーバー。あとはOBさえなければ。いや違う、前向きに行こう。

 8番打ち下ろしパー5。ここも2回に1回左へ引っ掛けてOBが出るホールだ。いくら意識しても左へ引っ掛ける。でも、4番で学習済みだ。リズムよく、腰をしっかり切る。右のラフ。OK。2打目はちょっとラフに沈んでるので、4Wではなくユーティリティで。球をあげようとしないことだけ考えて安全な左サイドに。OK。3打目左奥のピン、残り80y打ち下ろしフォロー。奥へこぼすとOB、セーフでもダボ以上確定。

 手前エッジでもいいから、ハーフショット気味に。当たりは悪くなかったけど、狙いより15yも右へ飛んで右端にオン、15mのパットが残る。飛び過ぎを怖がって手を振れてないのか。上りのファーストパット、打ったつもりが腕が動いてないってやつですかぁ?2mショート。情けない。入らず3パットボギー。

 まだ4オーバー。最終もバーディ狙う!




・・・・エッジからのパットを2mショートしてそれも入らずボギー・・・・orz

 まあ、緊張すると本当に(手が動かなくなって)パットってショートするんだな、とわかったのは収穫だけど。っていうか、パンチが入って大オーバーという、ノーカンパットが出そうなのが怖くなる、っていうのが手が動かなくなる正体だと思うんだけどね。

 で、結果は、5オーバー。ネット68、1打か2打足らずだろうなあ・・・・と思ってたら。

202005geturei.jpg

 優勝してました。競技に出だして苦節5年、やっと月例で勝てた。長かった。わーい。

seiseki20200524.jpg

 完全なOBがセーフになった、そこそこの長さのパーパットが入りまくった(特に後半)、大きなミスがなかったというのがいいスコアが出た要因だと思う(まったく実力とは違う)。

 ショット・スイングはすごく良かったわけではないけど、すごく悪くもなかった。案外そういう時がいいのかもね(無理もしないし、いい気にもならない)。

 いやあ、でも、嬉しー。久しぶりに風船なんか飛ばしちゃおー。

balloon.gif
balloon.gif
posted by hiro at 11:56| Comment(1) | 競技

2020年05月26日

芦屋カンツリー倶楽部(3)


 ではインコースさっそく。

 10番は短め154yのパー3。右ピンに対し、8アイアンで左にオン。アイアンが全部引っ掛かる。2パットパー。
33-2020-05-21 11.24.22.jpg

 11番は距離の短い(442y)パー5。ここもティグラウンドからの景色が綺麗だった。正面のバンカーは230yキャリーで越える。
34-2020-05-21 11.44.33.jpg

手前か右サイドにレイアップが定石だけど、同伴競技者のK藤くんに焚き付けられバンカー越えを狙う。・・・もちょっと高さが足りず向こう側のあごに当たって返ってきた。バンカーからPW、あごに当たって(下手くそ)30y先のラフへ。3打目は打ち上げ+砲台グリーンなのでPWでレイアップし、ウェッジで乗せて(うまく打ったと思ったのに奥まで転がってた)なんとか2パットでボギー。しかし、お遊びでバンカー超えなんて狙うと集中力が切れて。


 12番パー4。大阪湾を一望できる絶景です。しかしフェアウェイはここが一番狭く見えた。景色は天国、ホールは地獄って感じである。4アイアンで右サイドラフ、2打目6アイアンはイマイチの当たりでグリーン手前ラフ、50度の寄せはショート、さらに3パットしてしまい素ダボ。緊張感が薄れてきてる。
35-2020-05-21 12.00.24.jpg

ズームするとこんな感じ。霞んでないときだったらもっとキレイだろうな。
36-2020-05-21 12.00.30.jpg

 13番パー3。景色にやられてしまう。7アイアンでまた左端(エッジ)にオン、2パットパー。
38-2020-05-21 12.15.40.jpg

 14番、右ドッグレッグパー4。イン最難関コース(HDCP2)。右は230yで谷になっててOB。
39-2020-05-21 12.25.04.jpg

(ビビリの私は)当然左サイドを狙ったんだけど、引掛けフックで万事休す!と思ったら木に当たってセーフ。2打目ラフから170yやや打ち上げ+砲台グリーン。右は崖でOBになってるので、左サイドを狙ったんだけどラフに負けて右へ弱々しく飛んでいき・・・はい、OB。ティショットをミスした時点でボギー狙いでいかないといけなかったのだ。打ち直しは左手前、5オン2パットでトリプルボギー。痛恨。


 受難、いやへたくその証明は続く。15番パー4。打ち下ろしで狭い。左は見るからにアウト。愛宕原GCかよ
41-2020-05-21 12.41.08.jpg

4Wで右へ逃げすぎ、右法面の最上段付近へ。セーフだったけど、構えたらボールはおへその位置。フルショットしたら100%引っ掛けてOBだ。レイアップして3打目は残り80y、ウェッジフルショット、下をくぐってショート。4オン2パットのダボ。景色でやられた。


 16番パー5。ティショットはトゥヒットながら240y。2打目は打ち上げブラインド200y。せっかくなのでクリーク越えの2オンを狙う。4Wのショットは狙い通り軽いドローで完璧(ショット・オブ・ザ・デイ)、しかし惜しくもグリーン左のバンカー。出して2パットでパー。
42-2020-05-21 12.58.33.jpg


 17番短いパー4。ドライバーはまたチーピン!隣のホールへ。2打目ウェッジで戻すも飛びすぎて右サイドの法面へ。3打目7アイアンを持つも全然飛ばず。しかし4打目ウェッジショットが1mに付き、スーパーナイスボギー。
43-2020-05-21 13.17.59.jpg

 そして最終パー4。最後なのでここもドライバーで(密かにワンオン狙い)。振り遅れて右プッシュ、右バンカーのさらに右。ベアグラウンドからの2打目、50度のウェッジショットはダフって手前のバンカー。バンカーショットはダフリ目もランが出て結果オーライでのOKパー。
44-2020-05-21 13.35.56.jpg

 というわけで。

seiseki20200521.jpg

 後半がひどかったので評価はイマイチ。叩かなくて良いダボやトリを自分から叩きにいってる。特に14番のセカンドOBが悔やまれる。でも、上がり3ホールは1オーバーだったのは良かった。



 しかし面白い&美しい&チャレンジングなコースでした。4番、6番、9番、11番、12番、14番、18番と印象に残るホールが多く、財布が許せばまた行きたいなー。簡単には許されないけど。
posted by hiro at 11:19| Comment(0) | ラウンド

2020年05月25日

GB月例@芦屋カンツリー倶楽部(2)


 というわけで芦屋カンツリー倶楽部初ラウンド。

 今回、GB月例の仲間であるT橋さんがホールインワンを達成したため、その記念コンペということで料金はすべてT橋さんが出してくださったのであった。平日25000円。諸経費食事入れてたぶん1人3万円ぐらい。おいそれと来れるところではない。T橋さん、ありがとうございました。


 しかしさすが芦屋である。今回驚いたことが2つあり、その1つがコースへ向かう道での事。国道2号線からコース(と芦屋の邸宅街)へ向かう道を入った瞬間、対向車がいきなりフェラーリ。その後ろがベンツ、またベンツ、そしてBMW、ポルシェ。日本車は10台に1台ぐらい。その後もベンツベンツBMベンツベンツアウディベンツベンツベンツ・・・・誇張ではなくほんとにそんな感じ。こんなにブルジョア感を醸し出すコース(しかもエントランスロードから)は初めてである。

 場違い感を覚えながらコースへ。幸い、名門コースにありがちな「お前らビジターは特別に回らしたるんやからな。いい気になるなよ。空気壊すなよ。隅の方でおとなしくしとけよ」という高圧的な感じ(どことは書かないけど小野GCとか)がまったくなく、大変気持ちよくラウンドさせて頂いた。

 驚いたこと2つめ。我々の前の組とその前の組が、高齢者1人+キャディさん1人でのラウンドだった。2バッグは今どき珍しくないけど、1人プレー(しかもキャディさん付き)が当たり前のように見られるというのも奥座敷的名門プライベートコースの特徴なんだろうか。

 しかし、キャディフィを3人分払って、いったいいくらになるんだろう・・・(そんな事を気にする人たちではないんだろうけど)。



 で、コースの特徴なんだけど、レギュラーティから6042yなので短い。けど、とにかく狭い!ほぼすべてのパー4、パー5でフェアウェイの幅が20yぐらいしかない(注:感覚的なものです)。

 そして、一方はOBか林か隣のホール、もう一方は受けてはいるけど急傾斜。実際、ティショットを2回ほど右傾斜に打ってしまったんだけど、構えた時に腰より上に球が来るようなライでとてもまともに打てる状態ではない。まっすぐ立つのがやっと。120yしかなくてもレイアップを余儀なくされる。

 14ホール中ドライバーを使ったのが6回(打率0.667)、4Wが5回(打率0.400)、アイアンが2回(打率1.000)、ユーティリティが1回(打率0)。4Wがもうちょっときちんと打てたら良かったんだけど、メッキが剥げたとはこのことだね。

 ではホールバイホールなど。気軽に行けないコースなので、記録と記憶のためできるだけ写真を交えて。




 アウト1番。真っすぐで距離の短いパー4。左が受けてるので左サイドから。いきなり写真撮れてない。ティショット4アイアンはカス当たり、セカンド7アイアン大ダフリ、3打目50度のランニングが1mに寄って1パットパー。

 2番やや打ち上げ、やや左ドッグレッグのパー4。ティショット左バンカーの右、2打目PWでオン、2パットパー。
20-2020-05-21 08.55.07.jpg

 3番打ち下ろしの狭いパー4、ティショット4Wでフェアウェイセンター、2打目6アイアンはダフって左バンカー、出して2パットボギー。
22-2020-05-21 09.06.48.jpg

 4番谷越え、木越えのパー5。2打目地点からブラインド。ティショットフェアウェイ。
24-2020-05-21 09.25.34.jpg

2打目木の右サイドを狙って4アイアンで右ラフ、3打目50度のウェッジでオン、2パットパー。
26-2020-05-21 09.29.17.jpg

 5番163y(この日は155yぐらい)パー3。7アイアンは引っ掛けて左サイドにオン、2パットパー。
27-2020-05-21 09.45.35.jpg

 6番パー5。写真なし。ここも左右が狭く見えて打ちにくい。ティショットは4Wで左サイドの傾斜地、2打目つま先下がり左足下がりのライからユーティリティで150yがやっと、3打目は打ち上げ+砲台グリーンに向かって5アイアンは狙いの花道よりちょっと右へ出てバンカーイン。出して2パットでボギー。

 7番パー4。距離はない(336y)けど狭い。ティショット4Wは右の木をかすめて右ラフ、2打目6アイアンはグリーン右へ、ユーティリティで転がして寄せ、1パットパー。
29-2020-05-21 10.15.06.jpg

 8番パー3。左が絶対イヤなシチュエーション。8アイアンでピン左上にオン、2パットパー。

31-2020-05-21 10.28.17.jpg

 9番はとんでもない打ち下ろしのパー4。右のクリークを避けるため左へ曲がりやすいユーティリティで。ダフって180yしか飛ばず。トホホ。2打目8アイアンでセンターにオン、2パットパー。
32-2020-05-21 10.38.02.jpg

 前半は2ボギーの38。パー4の距離がだいぶ短い(5ホールの平均が349y)ので、ティショットをミスってもショートアイアンを持てる。だからいい成績になった。パー5の2ホールと最終(9番)が面白い。

 「アラスカ」の冷やし担々麺を食べ、アウトより難しいと言われるインへ(続く)。
posted by hiro at 19:02| Comment(0) | ラウンド